« 阪和色113系が阪和線から引退 | トップページ | 岳南鉄道の貨物列車が来年3月で廃止か »

2011年12月 6日

日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車

 日本海側駆け抜け40年(2011年10月23日 読売新聞)

 JR北陸線、羽越線など日本海側の幹線を総称して「日本海縦貫線」と呼ぶ。旧国鉄型の電気機関車「EF81形」は約40年間、同縦貫線の“花形”として、寝台特急や貨物列車を牽引(けんいん)してきた。

 1968年に登場し、全長18・6メートル、最高時速110キロ。直流、交流どちらの電化区間にも対応でき、この1両で大阪から青森まで一気に走り通す。強い潮風や雪に立ち向かうため、大半の機器類は車内に収めて保護している。

日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車
 日本海縦貫線(北陸線,羽越線など)の花型列車「トワイライトエクスプレス」を牽くEF81形電気機関車(2003年4月)

日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車
 短い貨物列車を牽くという地味な仕事もこなす(2003年4月)

日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車
 日本海縦貫線が貨物の大動脈であることを示す長大貨物列車の先頭にもEF81電気機関車が立つ(2005年8月)

|

« 阪和色113系が阪和線から引退 | トップページ | 岳南鉄道の貨物列車が来年3月で廃止か »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車:

» EF81形 電気機関車は三電源方式 [ぱふぅ家のホームページ]
EF81形 電気機関車は三電源方式【更新】写真追加 [続きを読む]

受信: 2016年4月 9日 08時41分

« 阪和色113系が阪和線から引退 | トップページ | 岳南鉄道の貨物列車が来年3月で廃止か »