« 紀勢線波田須駅は秘境駅か? | トップページ | 横浜市営地下鉄「しんりん号」運行期間延長 »

2011年12月11日

八戸線の全線再開は予定を前倒しして来年3月中

 八戸線3月に全線再開 種市―久慈間の復旧工事順調(2011/12/07 岩手日報)

 JR東日本の清野智社長は6日の記者会見で、津波被害で一部不通となっている八戸線の全線再開は、予定していた来年4月より前倒しして3月中になるとの見通しを示した。

 同社によると、橋桁や線路が流された種市(洋野町)―久慈(久慈市)間の復旧工事が順調に進んでいるためという。

 予定を前倒しして復旧だなんて,JR東日本の本気度が見えた気がする。素晴らしい。

 八戸線は海岸線に線路があっても比較的高いところを走っているので,三陸鉄道や大船渡線,気仙沼線よりも被害が比較的小さかったようだ。八戸駅〜階上駅間が3月中に運転を再開し,さらに階上駅〜種市駅間も8月に復旧した。種市駅〜久慈駅間の大半は山間部を走るので,津波の被害を直接受けた区間は多くないと思われるが,運転本数や利用者数の関係などからこの区間全体が不通になっているのだろう。

八戸線が2012年3月に全線復旧へ
 不通区間にある有家(うげ)駅(2009年5月)

八戸線が2012年3月に全線復旧へ
 有家駅〜陸中八木駅間は海岸線を走る(2009年5月)
 比較的高いところを走っているが,路盤ごと流されてしまっているかもしれない。

八戸線が2012年3月に全線復旧へ
 有家駅のホームに入ってくる八戸行きの列車(2009年5月)
 有家駅横の踏切付近が低くなっているので,被害は免れなかったと思われる。

八戸線が2012年3月に全線復旧へ
 有家駅の隣の陸中八木駅で列車交換(2009年5月)
 陸中八木駅は八木港(八木南港)のすぐ横に位置していた。

|

« 紀勢線波田須駅は秘境駅か? | トップページ | 横浜市営地下鉄「しんりん号」運行期間延長 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸線の全線再開は予定を前倒しして来年3月中:

« 紀勢線波田須駅は秘境駅か? | トップページ | 横浜市営地下鉄「しんりん号」運行期間延長 »