« 京王井の頭線から3000系電車が引退 | トップページ | 日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車 »

2011年12月 4日

阪和色113系が阪和線から引退

 「阪和色」で描いた旅路 終点(2011年12月4日 読売新聞)

 白の車体に水色のラインが鮮やかなJR阪和線の旧国鉄型電車「113系」が、11日に同線から引退する。独特の色遣いは路線名から「阪和色」と呼ばれ、鉄道ファンに親しまれてきたが、新型車両への置き換えが進み、この色で残っているのは3編成(計12両)だけになった。

阪和色113系が阪和線から引退
[和歌山駅に停車する御坊行き113系電車(2003年1月)]

 阪和線の113系電車は,1972年に阪和線新快速として登場し,その色づかいから「ブルーライナー」とも呼ばれたそうだ。国鉄時代から走る113系電車はJRの代名詞的な存在で,私が通勤に利用する東海道線・横須賀線でも近年まで中心的な電車だった。それが無くなったときと同じような感慨を,阪和線・紀勢線沿線の方は感じているに違いない。

阪和色113系が阪和線から引退
[御坊駅に停車する和歌山行き113系電車(2003年1月)]

|

« 京王井の頭線から3000系電車が引退 | トップページ | 日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪和色113系が阪和線から引退:

« 京王井の頭線から3000系電車が引退 | トップページ | 日本海縦貫線の“花型”EF81電気機関車 »