« えちぜん鉄道勝山駅前の「テキ6」は動態保存! | トップページ | 京王井の頭線から3000系電車が引退 »

2011年12月 2日

阪堺電車が開業100年を迎えた

 阪堺電軌、開業100年 創業当時の制服でお祝い(2011年12月1日 朝日新聞)

 大阪市と堺市を結ぶ路面電車の阪堺(はんかい)電気軌道阪堺線(14.1キロ)が1日、開業100周年を迎え、記念行事があった。当時の制服を再現した詰め襟姿の乗務員や、洋装をまとった住民ら25人が、大阪市浪速区の通天閣から始発駅の恵美須(えびす)町までパレードした。

 同線は1911(明治44)年12月1日、恵美須町―大小路(おおしょうじ)(堺市堺区)間で運転を始め、翌年、浜寺駅前(同市西区)へ延伸された。51(昭和26)年度に6200万人だった乗客(住吉で接続する上町線を含む)は2009年度に722万人に激減。阪堺電軌は堺市内の7.9キロの廃止を検討したが、市が昨年、総額50億円の支援を決めたことから存続が決まった。

阪堺電車

 開業100周年,大阪市南部と堺市を結ぶ路面電車をよくぞ現代まで維持してくれたと,関係者の方々の努力に敬意を表したい。

 浪速区の通天閣から恵美須町駅前までパレード? 住民25人? いや,場所や数はどうでもいい。阪堺電車がますます大阪市民・堺市民の足として,使い続けられることで,開業200周年にもお祝いが行われることを期待したい。

070502-121509
[通天閣(2007年5月)]

阪堺電車
[恵美須町駅(2007年5月)]

阪堺電車
[阪堺電車は大阪の“下町”を走る(2007年5月)]

|

« えちぜん鉄道勝山駅前の「テキ6」は動態保存! | トップページ | 京王井の頭線から3000系電車が引退 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電車が開業100年を迎えた:

« えちぜん鉄道勝山駅前の「テキ6」は動態保存! | トップページ | 京王井の頭線から3000系電車が引退 »