« 財政支援が必要な十鉄を廃止すると補助金返還が必要 | トップページ | 松本電鉄でアオガエルよみがえる……走らないけど »

2011年9月28日

豪雨災害から1年2ヶ月 JR美祢線が運行再開

 JR美祢線が運行再開 豪雨災害から1年2カ月ぶり復旧(2011年9月26日 朝日新聞)

 昨夏の豪雨災害で全線が不通となっていた山口県のJR美祢線(山陽小野田市の厚狭駅―長門市の長門市駅)が26日、約1年2カ月ぶりに全線で運転を再開した。沿線では、幼稚園児や住民らが列車に向かってスティックバルーンを振って復旧を祝った。

Seb201109260039

 昨年7月の豪雨で第3厚狭川橋梁の橋脚や橋桁が流出するなどして,その想像以上の被害の大きさに,全線の復旧は難しいのではないかとさえ噂されていた美祢線だが,みごとに豪雨災害から1年2ヶ月で復旧した。復旧費用の約13億円という金額も,10億〜15億円という事前の見積もり内に収まっている。
 利用者の願いと関係者の努力が,早期復旧をもたらしたのだと思う。

【参考】
2010年7月29日:大雨被害の美祢線がやばいかも
2010年9月9日:JR美祢線廃線を否定! 早ければ11月から復旧工事を開始

|

« 財政支援が必要な十鉄を廃止すると補助金返還が必要 | トップページ | 松本電鉄でアオガエルよみがえる……走らないけど »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨災害から1年2ヶ月 JR美祢線が運行再開:

« 財政支援が必要な十鉄を廃止すると補助金返還が必要 | トップページ | 松本電鉄でアオガエルよみがえる……走らないけど »