« 飯田市無念……リニア駅、飯田駅併設不採用 | トップページ | 十和田観光電鉄線が絶体絶命のピンチ »

2011年8月19日

えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設が……

 安住の地を得たテキ6。(2011年8月17日 編集長敬白)

"えち鉄"ことえちぜん鉄道の終点・勝山駅では懐かしいテキ6(えちぜん鉄道となってからはML6)と再会することができました。現在、勝山駅周辺は社会資本整備総合交付金による都市再生整備計画事業として、駅前ロータリーの新設を含めた大規模な整備が進行中で、テキ6とト68を動態展示するスペースもこの事業の一環として建設されています。

 今年のゴールデンウィークには,偶然見た懐かしいテキ6(えちぜん鉄道ではML6と改称)に再会できて嬉しかったのだが,哀れになるほどの雨ざらし状態と,勝山駅の横で行われていた不思議な工事の理由が,この「編集長敬白」の記事でひとつに繋がった。

 勝山市では,現在雨ざらしで放置されているテキ6と貨車ト68を,譲り受けるかたちで「鉄道ミュージアム」として保存展示する予定らしい。5月に私が見たものは,ちょうど駅本屋横でテキ6とト68を展示する屋根のある施設を作っているところだったのだ。

えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設
 えちぜん鉄道勝山駅に放置されているテキ6[2011年5月7日]

えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設
 勝山駅の工事状況。何の工事か不明なまま,とりあえず撮影していた[2011年5月7日]

えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設
 テキ6と一緒に保存されるト68[2011年5月7日]

えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設
 1998年,京福電気鉄道時代にテキ6とテキ521が記念運転したときの勇姿[1998年9月26日]

|

« 飯田市無念……リニア駅、飯田駅併設不採用 | トップページ | 十和田観光電鉄線が絶体絶命のピンチ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えちぜん鉄道勝山駅にテキ6の展示施設が……:

« 飯田市無念……リニア駅、飯田駅併設不採用 | トップページ | 十和田観光電鉄線が絶体絶命のピンチ »