« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の記事

2011年7月 3日

小田急多摩線唐木田〜相模原〜上溝延伸計画

 町田市内に1新駅 小田急多摩線、延伸計画(2011年06月28日 朝日新聞)

 新百合ケ丘(川崎市麻生区)―唐木田(多摩市)間を結ぶ小田急多摩線の延伸を希望している町田市と相模原市は、実現に向けた検討結果をまとめた。現在の終点駅・唐木田からJR上溝駅(相模原市)まで線路を約8.8キロにわたって敷設するという考えのもと、町田市内に新駅を一つ設けるとしている。

i
 小田急多摩線黒川駅西側のトンネル[2003年9月]

小田急5000形引退
 小田急多摩線現はるひ野駅付近[2000年8月]

 以前は相模原市が検討した延伸計画はあったが,今回のような町田市も検討に加わった延伸計画の提案は重要だと思う。

 開業予定は2020年。これは中央リニア新幹線の橋本駅(相模原駅)の開業時期も一致するので,当然のことながら両者の連携も考慮した計画になるだろう。

 小田急多摩線の起点である新百合ヶ丘には,横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野〜新百合ヶ丘延伸計画もあり,10年後には注目を集める場所になるかもしれない。

 また,多摩線の延伸計画の終点にあるJR相模線上溝駅は,最も大きく変化する地域になるだろう。上溝といえば,現在の相模原市域で最も早くから農産物の集散地として賑わい,相模原町(市制施行前)の中心市街地だったところである。
 その後の相模原の発展から取り残されることになってしまった上溝の人たちにとっても,念願の鉄道延伸と言えるだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神戸電鉄が粟生線の上下分離方式を提案

 粟生線購入を沿線3市に要請へ 神戸電鉄(2011/06/24 神戸新聞)

 乗客の減少が続く神戸電鉄の粟生線について、同社の原田兼治社長が、小野市に対し、沿線3市に計68億円で押部谷駅(神戸市西区)‐粟生駅(小野市)区間の18キロの土地と鉄道施設を買い取ってもらい、上下分離方式にする案を示したことが分かった。神鉄側は近く、神戸市、三木市にも要請する。

 神鉄が小野市に提出した資料では、同区間の土地約13億円、鉄道施設約55億円で、市別では三木市40億円、小野市26億円、神戸市2億円という。3市には神鉄への無償貸与を求め、施設修繕などの負担も求めるという。

 一方、神鉄案通りに上下分離方式をとっても、2012年度は約7億5千万円の赤字で、21年度には9億3千万円の赤字になるという厳しい試算も提示した。

三木上の丸〜三木
 三木駅〜三木上の丸駅間で美嚢川を渡る神戸電鉄粟生線の電車[2011年5月4日]

 巨額の赤字が続き,路線廃止の話まで出ている神戸電鉄粟生線。神戸電鉄が示した存続案は,予想通りという感じの上下分離案。とはいえ,上下分離が実現しても,10億円近い赤字になるという(どういう試算なのか不明だが,赤字の原因が鉄道そのものにないことを示唆している気がする)お先真っ暗な展開である。

 今年のゴールデンウィークを利用して,神戸電鉄の新開地〜三木上の丸・三木〜粟生の電車に乗ってみた。詳細は別ブログ『写真撮っけど,さすけねがい?』の「新開地〜三木上の丸:神戸電鉄粟生線」「三木市ナメラ商店街《三木上の丸〜三木》」に書いたが,正直なところ,簡単に思いつく赤字削減の手立て(電車はワンマン運転,駅はほとんどが無人駅。利用客の少ない志染駅〜粟生駅を,電車を切り離して2両編成にすると,作業員や構内運転士の分の人件費が増えると推測される)は既に講じられていて,にっちもさっちも行かないという印象だった。

 運転本数も利用客も少ない路線なら廃止・バス転換で済みそうなところだが,利用客数はそこまでは減少していないので,問題はややこしい。沿線自治体に危機感が感じられず(あくまで個人的な印象),いまだに神戸電鉄に解決案の検討を丸投げしっぱなしという雰囲気なのが最大の問題だったりして……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 2日

静岡空港がらみは気持ち悪いことが多いね

 静岡知事、お茶の「伊藤園」空港広告撤去要求(2011年6月28日 読売新聞)

 川勝平太・静岡県知事は27日、静岡空港にある大手飲料メーカー「伊藤園」(東京)の広告看板を撤去するよう、空港ターミナルビルを運営する「富士山静岡空港株式会社」(静岡県牧之原市)に要請した。
(中略)
 看板撤去の理由について、川勝知事は「空港は県の玄関口として最も公的な空間で、県のPRの場所になっている」とし、「廃棄処分にあたるものを景品にし、静岡県の顔を汚した」「お茶のペットボトルの中に、安全とは言えないものが入っているという疑惑を招いた」などと伊藤園を痛烈に批判。さらに、「伊藤園の茶には県産が3割ほどしか入っておらず、県を代表するものとは言えない。空港の看板は本県を代表するかのごとく受け止められかねない」と続けた。イベントは国や県などの共催だが、「伊藤園の責任が一番重い」と言い切った。

110702-164641

 いやはや,実質的には静岡県が出資している第三セクターみたいなものだとはいえ,形式上は100%民間出資の富士山静岡空港(株)の契約に対して県知事が公然と口出しするとは,開いた口がふさがらない。県知事曰く,「県が27億円余りを貸している会社で、要請する資格はある」とのことで,オーナー気分なのかもしれない。
 たしかこの知事は,就任して間もない頃にも伊藤園の広告を批難してた記憶がある。なにやら,のっぴきならない事情でもあるのだろうか。

 伊藤園の茶には静岡県産が3割しか入っていないことまで問題視しているようだが,静岡茶に何か問題が生じたときのリスク分散を考慮すれば,原料の産地を集中しすぎないのは企業として当然のこと。
 伊藤園が支払っている広告費がどのぐらいなのかは知らないが,放射性物質を気にする人が多い現状では,静岡県の茶葉の使用をやめ「当社の緑茶には静岡県の茶葉は使用しておりません」と謳ったほうが売上げが伸びることだってあり得ると思う(半分冗談)。

 どうでもいいことだが,富士山静岡空港と羽田空港から富士山山頂までの直線距離は,それほど大きな差はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »