« FinePix X100を買ったが雨ばかり | トップページ | JR石勝線トンネル内事故の疑問点… »

2011年5月30日

第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故

 窓は焼け落ち・車体ゆがみ…炎上特急を搬出(2011年5月29日 読売新聞)

 北海道占冠村のJR石勝線・第1ニニウトンネルで27日夜に脱線炎上した特急「スーパーおおぞら14号」が29日午後、トンネルから搬出された。

 窓ガラスが焼け落ち、熱で大きくゆがんだ車体を、事故原因究明のため、JR北海道の作業員らが調べた。

(リンク切れ)
JR石勝線のトンネルから運び出された、緊急停車して炎上した特急「スーパーおおぞら14号」(29日午後2時40分、北海道占冠村で)=栗原怜里撮影

 NHKの朝の「おはよう日本」でこのニュースが報道され,ちょっとビックリした。昨夜27日の22:00頃に,石勝線の占冠〜新夕張を走行していた特急「スーパーおおぞら14号」の車体から白煙が上がり,しかも第1ニニウトンネル内で停車したという。乗客は,どうやら各自の判断で列車を出て,トンネル内を歩いて外に避難した模様で,乗客約250名のうち,30名が病院に搬送されたとのこと。大変な煙の中を逃げてきた乗客の方のススで真っ黒な顔と表情が,その事故の恐ろしさを物語っていた。

 真っ先に,なぜトンネル内で火災が発生した列車を止めたのかに疑問を感じた。北陸トンネルの急行「きたぐに」の火災事故では,当時の規則に従ってトンネル内で列車を停車させたことで大変な規模の被害になってしまったことから,火災発生時はトンネル内に列車を止めずに,まずトンネルを脱出することがマニュアル化されたはずだ。

 乗務員が車両の駆動部分の脱落のみを気にして,火災の認識がなかったのか,あるいは駆動部分が脱落したことで,列車の走行自体に問題が生じ,本来は火災の起きている車両をトンネル内で停止するのはやってはいけないことだったが,どうしてもトンネルを抜け出ることができなくなってしまったのか……,今後明らかになっていくのだろう。

 事故のあった第1ニニウトンネルは,長大トンネルが連続する石勝線では,約700mと比較的短いトンネルで,それを抜けるとまたすぐに長大トンネルに入ることになる区間である。とのトンネルとトンネルの間に列車を止めるのが理想だったのか,あるいはそこでは乗客の逃げ場がなくなってしまい,被害を大きくする可能性があったのか。その場合には,短い第1ニニウトンネルで止めたことが,最善の策だった可能性もある。
 車掌が避難を呼びかけるアナウンスをしなかったことも問題になるだろうが,想定外にトンネル内で停止してしまったことで,トンネルから外に出す/列車が動かないという状況で,煙の充満しているトンネル内に避難するというマニュアルの想定外の指示ができなかった可能性も考えられる。

 いずれにせよ,あわや大惨事の事故である。十分な原因究明を行ってほしいものである。

北海道函館本線「スーパーカムイ」の踏切衝突事故
 今回の事故を起こした車両と同じ283系気動車の「スーパーおおぞら」[2004年8月1日:新札幌駅]

|

« FinePix X100を買ったが雨ばかり | トップページ | JR石勝線トンネル内事故の疑問点… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

私も現場に行って来ましたよ

投稿: 永江聡 | 2011年5月30日 09時12分

同じ内容の記事なので差し支えなければトラックバックお願いします。

投稿: 俊樹 | 2011年6月 1日 10時44分

 先ほどトラックバックの承認という設定をしたので,表示されるようになると思います。
 でも,ブログのトラックバックって,(当初トラックバックが想定していたものが)ほとんど機能しなくなってしまっている感じがしますね。リクエストの9割ぐらいが無関係なリンクですし……。

投稿: 三日画師 | 2011年6月 1日 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故:

» トンネル内から直ちに脱出せよ。 [プールサイドの人魚姫]
 移動手段として最も安全とされている乗り物の代表が飛行機、次いで鉄道、船などであるが、それがひとたび事故を起こすと取り返しの付かない大惨事に発展する可能性がある。天災、人災、機器の故障などその原因は様々であるが、死者さえ出なければ長きに亘... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 10時54分

« FinePix X100を買ったが雨ばかり | トップページ | JR石勝線トンネル内事故の疑問点… »