« パースが変な廃墟 | トップページ | 特急「有明」大幅削減の影響 »

2011年5月28日

福知山線で見た国鉄色の特急「こうのとり」

 新緑に映える国鉄色 JR福知山線「こうのとり」(朝日新聞)

 3月12日のダイヤ改正で、福知山線の新大阪—福知山・城崎温泉間などを結ぶ特急は、列車名を「北近畿」から「こうのとり」に改称。新型車両の287系が投入されたほか、従来の183系特急電車も引き続き充当されている。また287系増備までのつなぎとして、阪和線などで活躍していた381系振り子式特急電車も投入された。

加古川〜谷川〜福知山
 福知山線の柏原駅ですれ違った特急「こうのとり」(2011年5月5日)

 連休中に福知山線で見かけた特急「こうのとり」が国鉄色の381系だったので,ちょっとびっくりしたのだが,なるほど,新型車両287系が間に合わなかったのか……。

|

« パースが変な廃墟 | トップページ | 特急「有明」大幅削減の影響 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福知山線で見た国鉄色の特急「こうのとり」:

« パースが変な廃墟 | トップページ | 特急「有明」大幅削減の影響 »