« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の7件の記事

2011年5月30日

第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故

 窓は焼け落ち・車体ゆがみ…炎上特急を搬出(2011年5月29日 読売新聞)

 北海道占冠村のJR石勝線・第1ニニウトンネルで27日夜に脱線炎上した特急「スーパーおおぞら14号」が29日午後、トンネルから搬出された。

 窓ガラスが焼け落ち、熱で大きくゆがんだ車体を、事故原因究明のため、JR北海道の作業員らが調べた。

(リンク切れ)
JR石勝線のトンネルから運び出された、緊急停車して炎上した特急「スーパーおおぞら14号」(29日午後2時40分、北海道占冠村で)=栗原怜里撮影

 NHKの朝の「おはよう日本」でこのニュースが報道され,ちょっとビックリした。昨夜27日の22:00頃に,石勝線の占冠〜新夕張を走行していた特急「スーパーおおぞら14号」の車体から白煙が上がり,しかも第1ニニウトンネル内で停車したという。乗客は,どうやら各自の判断で列車を出て,トンネル内を歩いて外に避難した模様で,乗客約250名のうち,30名が病院に搬送されたとのこと。大変な煙の中を逃げてきた乗客の方のススで真っ黒な顔と表情が,その事故の恐ろしさを物語っていた。

 真っ先に,なぜトンネル内で火災が発生した列車を止めたのかに疑問を感じた。北陸トンネルの急行「きたぐに」の火災事故では,当時の規則に従ってトンネル内で列車を停車させたことで大変な規模の被害になってしまったことから,火災発生時はトンネル内に列車を止めずに,まずトンネルを脱出することがマニュアル化されたはずだ。

 乗務員が車両の駆動部分の脱落のみを気にして,火災の認識がなかったのか,あるいは駆動部分が脱落したことで,列車の走行自体に問題が生じ,本来は火災の起きている車両をトンネル内で停止するのはやってはいけないことだったが,どうしてもトンネルを抜け出ることができなくなってしまったのか……,今後明らかになっていくのだろう。

 事故のあった第1ニニウトンネルは,長大トンネルが連続する石勝線では,約700mと比較的短いトンネルで,それを抜けるとまたすぐに長大トンネルに入ることになる区間である。とのトンネルとトンネルの間に列車を止めるのが理想だったのか,あるいはそこでは乗客の逃げ場がなくなってしまい,被害を大きくする可能性があったのか。その場合には,短い第1ニニウトンネルで止めたことが,最善の策だった可能性もある。
 車掌が避難を呼びかけるアナウンスをしなかったことも問題になるだろうが,想定外にトンネル内で停止してしまったことで,トンネルから外に出す/列車が動かないという状況で,煙の充満しているトンネル内に避難するというマニュアルの想定外の指示ができなかった可能性も考えられる。

 いずれにせよ,あわや大惨事の事故である。十分な原因究明を行ってほしいものである。

北海道函館本線「スーパーカムイ」の踏切衝突事故
 今回の事故を起こした車両と同じ283系気動車の「スーパーおおぞら」[2004年8月1日:新札幌駅]

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年5月29日

FinePix X100を買ったが雨ばかり

 衝動買い……と言うのかどうか微妙なところだが,またカメラを買ってしまった。
 一度本格的に使ってからブログに書こうと思っていたのだが,その機会もなく,今週末も梅雨前線&台風2号のダブルパンチ。新しいカメラを買ったことに対する神様の嫌がらせか,嫉妬か,天罰か。

FinePix X100買った

 買ったのは富士フイルムのFinePix X100。酔狂なコンパクトデジカメだ。値段? 野暮野暮……

 3月の東日本大震災とほぼ同時に販売開始されたときに衝動的に予約。宮城県の富士フイルムの工場が被災していて,製品の出荷は当分先になりそうだということと,カメラ屋の店頭展示品をいじくり回すと,いろいろ気に入らないところも多くて,一度はキャンセル。そう,一度は奇跡的に衝動買いを我慢したのだ……(俺,エラくね?)

 でも,先日,通院帰りにカメラ屋に寄ったら,以前は店頭展示品の横の価格表が「在庫切れ・製品入荷未定」となっていたはずなのに,「このカードをレジにお持ちください(在庫切れの場合は取り寄せとなります)」というようなカードが入っているではないか。まさかとは思って,店員さんに在庫を訊ねたのが運の尽き……,というわけだ。1台だけ在庫があることがわかってから,悩むこと約10分。結局,財布はスッカラカンになっていた。

 メニューの構成やダイヤルやボタンの操作など,店頭展示品と同様に不満は多いが,最大の不安だった光学ファインダーとEVFの傾きは我慢できる範囲だった。あれこれメニュー画面をいじって,そこそこ満足できるセッティングにすることができた。あとは雨の降らない日が来るのを待つだけだ。

FinePix X100買った

 レンズキャップは板金プレス加工品。PENTAXのリミテッドレンズに付いてくる削り出し品と比べちゃうと,あまりに安っぽくてがっかり。純正のレンズフードをつけると,このキャップが付かなくなるというのは,がっかりを通り越して悲しくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいになるトイレ

 有人駅すべてにトイレットペーパー JR、6月中旬(2011年5月12日 朝日新聞)

 JR北海道の有人駅のすべてのトイレに6月中旬までに、トイレットペーパーが備え付けられることになった。12日の桑園駅を皮切りに未整備の74駅を工事する。これまで、いたずらを警戒してトイレットペーパーを設置してこなかったが、利用客からの要望を受けて方針を転換した。

 JR北海道に限らず,汚いところの象徴だった駅のトイレがどんどんきれいになっている。
 10年前,20年前,各地を旅したときに利用したトイレを思い起こすと,トイレの進化を確実に感じる。昔はトイレットペーパーどころか,汚くて汚くて,逃げ出したくなるようなトイレが多かった。落下式(ボットン便所!)のくみ取り式トイレが普通で,風が強い日に,投げ捨てた紙が下からの風で便器から吹き上げられてきた経験もある。

公衆トイレ

 このトイレの写真は,今年のゴールデンウィークに旅をしたときに,とある川の河川敷にあった公衆トイレである。驚いたのは,トイレットペーパーがあるかどうかのレベルを遙かに超え,温水洗浄機付きだったこと。河川敷のトイレと言えば,駅のトイレと同様に恐ろしいところが多かったはず。
 「きれいなトイレの国」日本の進化は止まらない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特急「有明」大幅削減の影響

 九州新幹線開通でも好調…西鉄、福岡—熊本のバス増便(朝日新聞)

 バス全国最大手の西日本鉄道(福岡市)は、福岡、熊本の両市の中心部を結ぶ高速バスを増便する方針を固めた。夏までに現在の1日約80往復を1割程度増やす方向だ。

 福岡—熊本の高速バスの正規料金は片道2千円で、3月に全線開通した九州新幹線博多—熊本(4990円)の半額以下。新幹線の開通で、新幹線より安い在来線特急が大幅に減ったため、速さより安さを重視してバスに流れる人が増えたとみられる。

特急「有明」存続へ
 熊本駅に停車する特急「有明」(2003年8月)

 何となくみんなが予想していた通りになってしまった感じだ。『九州新幹線開通後も特急「有明」存続か(2010年11月17日)』でも書いたように,九州新幹線開通後も在来線の特急「有明」を廃止してしまうとライバルの高速バスに客を奪われてしまうし,在来線が便利だと九州新幹線に乗客が流れてくれない。これはJR九州にとって深刻な問題だ。

 結局,在来線の特急「有明」を大幅削減するという手に出たわけだが,ちょっと減らしすぎだったんじゃねえべか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日

福知山線で見た国鉄色の特急「こうのとり」

 新緑に映える国鉄色 JR福知山線「こうのとり」(朝日新聞)

 3月12日のダイヤ改正で、福知山線の新大阪—福知山・城崎温泉間などを結ぶ特急は、列車名を「北近畿」から「こうのとり」に改称。新型車両の287系が投入されたほか、従来の183系特急電車も引き続き充当されている。また287系増備までのつなぎとして、阪和線などで活躍していた381系振り子式特急電車も投入された。

加古川〜谷川〜福知山
 福知山線の柏原駅ですれ違った特急「こうのとり」(2011年5月5日)

 連休中に福知山線で見かけた特急「こうのとり」が国鉄色の381系だったので,ちょっとびっくりしたのだが,なるほど,新型車両287系が間に合わなかったのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日

パースが変な廃墟

関から神戸へ[関西本線の旅]
 関西本線の笠置駅近くで見かけた廃墟。何の廃墟だろうか。
 見れば見るほど,変なパースペクティブがついている。Photoshopでの写真合成に失敗したような感じだ。
 パースが変なので,実際の形が想像できない……。どういう形のビルなのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月15日

切符の区間変更(ワンマンカー&途中下車)

 駅の自動券売機で目的地までに切符が買えなかった場合,とりあえず券売機で買えるところまでの切符を買って,列車内で目的地までの切符に区間変更することがある。

 今年のゴールデンウィーク中にも同じことをしようとしたのだが,なにやら困ったことになってしまった。
 詳しくは,私のメインのブログ「写真撮っけど,さすけねがい?:伊勢鈴鹿の関 関町関宿[亀山市]」に書いた。

 名古屋から乗った関西本線の列車。乗った列車はワンマンカーで,その後も加茂駅(京都府木津川市)までずっとワンマンカーが続くために車内での区間変更ができない。途中の有人駅では区間変更ができない(と途中の亀山駅で言われた)。切符はみどりの窓口の無い名古屋駅太閤通北口の券売機で買った近郊区間の切符(有効期間1日で「下車前途無効」)だ。
 ゆっくりした旅なので,途中の駅では途中下車したい。さてどうする?

伊勢鈴鹿の関 関町関宿

 実は,途中駅ではしっかりした判断をしてもらえず,亀山駅始発の加茂行きディーゼルカーの運転士に相談したら「業務連絡書」というものを書いてくれたために,安心して途中下車することができた。

 さて,列車がワンマンカーの場合,切符の区間変更はどのように行うのが正しいのだろうか。途中の有人駅で区間変更ができないというのは,仕方ないのだろうか。途中駅の亀山駅では駅員さんの配慮で途中下車させていただいたが,厳密には「下車前途無効」の切符なので回収されるべきかもしれない。しかし,それは正しいのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »