« きれいになるトイレ | トップページ | 第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故 »

2011年5月29日

FinePix X100を買ったが雨ばかり

 衝動買い……と言うのかどうか微妙なところだが,またカメラを買ってしまった。
 一度本格的に使ってからブログに書こうと思っていたのだが,その機会もなく,今週末も梅雨前線&台風2号のダブルパンチ。新しいカメラを買ったことに対する神様の嫌がらせか,嫉妬か,天罰か。

FinePix X100買った

 買ったのは富士フイルムのFinePix X100。酔狂なコンパクトデジカメだ。値段? 野暮野暮……

 3月の東日本大震災とほぼ同時に販売開始されたときに衝動的に予約。宮城県の富士フイルムの工場が被災していて,製品の出荷は当分先になりそうだということと,カメラ屋の店頭展示品をいじくり回すと,いろいろ気に入らないところも多くて,一度はキャンセル。そう,一度は奇跡的に衝動買いを我慢したのだ……(俺,エラくね?)

 でも,先日,通院帰りにカメラ屋に寄ったら,以前は店頭展示品の横の価格表が「在庫切れ・製品入荷未定」となっていたはずなのに,「このカードをレジにお持ちください(在庫切れの場合は取り寄せとなります)」というようなカードが入っているではないか。まさかとは思って,店員さんに在庫を訊ねたのが運の尽き……,というわけだ。1台だけ在庫があることがわかってから,悩むこと約10分。結局,財布はスッカラカンになっていた。

 メニューの構成やダイヤルやボタンの操作など,店頭展示品と同様に不満は多いが,最大の不安だった光学ファインダーとEVFの傾きは我慢できる範囲だった。あれこれメニュー画面をいじって,そこそこ満足できるセッティングにすることができた。あとは雨の降らない日が来るのを待つだけだ。

FinePix X100買った

 レンズキャップは板金プレス加工品。PENTAXのリミテッドレンズに付いてくる削り出し品と比べちゃうと,あまりに安っぽくてがっかり。純正のレンズフードをつけると,このキャップが付かなくなるというのは,がっかりを通り越して悲しくなってしまった。

|

« きれいになるトイレ | トップページ | 第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FinePix X100を買ったが雨ばかり:

« きれいになるトイレ | トップページ | 第二の北陸トンネル事故になりかねなかった石勝線事故 »