« 老朽化した原発が6機も並んでいた理由 | トップページ | 合唱王国福島県 »

2011年4月 1日

JR東日本の津波被害状況がひどい

 JR東日本が3月31日付で発表した「津波を受けた7線区の点検状況(PDF資料)」を見た。
 http://www.jreast.co.jp/pdf/check.pdf

 予想はされていたことだが,かなりひどい状況だ。
 駅舎の流出が23駅。震災後約3週間経過して,線路の点検率が全体でも約50%にとどまっているということが,被害状況のひどさを物語っている。

 山田線,大船渡線,気仙沼線……と,もともと経営的に厳しい路線が多いだけに,存廃が取り沙汰されるところが出てくるかもしれない。

気仙沼線
[気仙沼線南気仙沼駅 2007年8月3日]

|

« 老朽化した原発が6機も並んでいた理由 | トップページ | 合唱王国福島県 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本の津波被害状況がひどい:

« 老朽化した原発が6機も並んでいた理由 | トップページ | 合唱王国福島県 »