« 上田電鉄 旧丸窓電車譲渡先決定 | トップページ | 百恵とりんごとエポケー »

2011年3月 8日

DMVは地域活性化の起爆剤となるか

 DMV どこ走る?(2011年03月07日 朝日新聞)

 線路と道路を走行できるJR北海道の「デュアル・モード・ビークル(DMV)」が、本格的に営業運転する日が近づいている。同社は2011年度末以降を目途にしている。早ければ6、7月にも走行区間の候補を選定し、地元との協議に入りたいとしている。道外からのラブコールが多かったDMVだが、地域活性化に役立てたいと、夕張市が官民挙げて誘致を表明している。世界初の「夢の乗り物」はどこを走るのか。

(リンク切れ)
写真は「雑学万歳!! 鉄道ローカル線の切り札?DMVを徹底紹介(裏辺金好氏)」より

 鉄道用の線路と道路の両方を走ることができる乗り物DMVは,JR北海道などがローカル線の切り札として開発している車両である。北海道以外からもラブコールがあって,富士市の岳南鉄道,岐阜県の明知鉄道などでも試験走行が行われた。2012年3月からの実用化を目指しているようだが,まだどこを走るかも決まっていないらしい。

 DMVの試験走行のニュースを見ただけの印象なのだが,実用化までの課題がまだまだ多いように感じだ。

 まず,車両のコストだ。最新のDMVは29人乗りで鉄道車両の4分の1程度の3500万円と格段に安いということだが,同じ程度の大きさのバスに比べて,どの程度の値段におさまるのかがわかりにくい。同じぐらいの大きさのコースターRやポンチョという小型路線バスの価格は1500万円程度とすると,その2倍以上の値段がすることになる。

 DMVをどこからどこまで走らせるようにするのかにもよるのだが,たとえば郊外の住宅地の客を拾って,最寄りの駅から鉄道に乗り入れ,その地方の中心市街地の駅で道路に戻り,病院・学校・役所をまわるというルートでDMVを使用した場合と,最寄り駅までのフィーダーバスに小型路線バスを使用し,一般的な鉄道車両を使用した鉄道に乗り換え,中心市街地の駅で病院・学校・役所をまわるフィーダーバスに乗り換えるのに比べて,どのぐらい安くおさまるのかがはっきりしない。
 道路事情は昔に比べて格段に良くなっている時代である。町の大きさにもよるが,鉄道に乗り入れずに,全部小型路線バスで走りきったほうが低コストになりはしないだろうか。

 また,バスとして道路を走るときは大型第二種運転免許が必要,線路上を走るときには動力車操縦者免許が必要ということで,試運転のときの映像ではDMVには二人の運転手が乗り,交互に運転を交代していた。両方の運転免許を持つ人材の確保は,ちょっとハードルが高いように思う。

 そう,DMVが鉄道を走ることのメリットが見えにくいように感じるのだ。

 鉄道の線路上を走るときには,後輪のゴムタイヤを推進用に使用するということで,その摩擦抵抗ゆえに,列車に比べるとエネルギー効率はかなり悪いと思わざるを得ない。

 鉄道の駅の乗降口は,従来の鉄道用の背の高いホームは利用できず,途中駅を利用する場合は,DMV用のホーム(乗り場)を新たに設けなければならない。また,ローカル線ではホームが片側にしかないことがよくあるが,DMVは車体の左側にしか乗降口がないので,DMV用のホーム設置が難しくなる駅もでてきそうだ。

 と言うわけで,個人的にはあまりメリットを感じないDMVだが,JR北海道では,経費削減・赤字圧縮の切り札と考えているようだ。運行実験がうまくいって,道内が活性化すると,日本全国の見本になるようだと面白い。

 朝日新聞の記事は,このように締めくくられている。

 DMVはどこを走るのか――。これまで天竜浜名湖鉄道(静岡県)、岳南鉄道(同)、南阿蘇鉄道(熊本県)、明知鉄道(岐阜県)で実証試験が実施され、「何とか導入して走らせたい」(岐阜県恵那市)などと好意的な声も聞かれた。ただ昨夏に、JR幹部が「道内で走らせたい」と発言したこともあり、道内で実用化される模様だ。
 「世界で最初となる『DMVが走るマチ』として、地域活性化の起爆剤にしたい」
 夕張市内の経済団体や農協などでつくる夕張経済振興会議が同市に提言したのを受け、藤倉肇市長と同振興会議議長の澤田宏一・夕張商工会議所会頭らが1月25日、JR北海道の本社を訪問。市内でDMVを展示し、夕張―新夕張駅間でのデモ走行や乗車試験運行を始めること、同区間でDMVを早期に走らせるよう求めた。
 JR北海道によると、正式な誘致の要望は夕張が初めてだという。JR側は、本格的な営業運転については言及しなかったが、現在同区間で走行試験をしていることもあり、デモ走行や展示などには前向きな考えを示している。
 同市はJR側に対し、「当面は鉄道での運行を想定している」と伝えたうえで、「DMVが走れば路線の注目度も上がる。観光客の誘致にもつながるはずだ」と熱視線を送っている。

 ということで,JR北海道のDMVはまず夕張で走ることになりそうな感じだが,いきなり「DMVで観光客の誘致」を考えているのであれば,それは違うんじゃないの,市民の足の確保が目的でしょ,と言いたい。

|

« 上田電鉄 旧丸窓電車譲渡先決定 | トップページ | 百恵とりんごとエポケー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DMVは地域活性化の起爆剤となるか:

« 上田電鉄 旧丸窓電車譲渡先決定 | トップページ | 百恵とりんごとエポケー »