« JR可部線廃止区間の可部〜旧河戸間電化復活か! | トップページ | 東京の銀座〜晴海にLRT計画 »

2011年2月 4日

長野電鉄屋代線廃止へ

 長野電鉄屋代線廃止へ 利用者減歯止めかからず(msn産経)

 千曲市の屋代駅と須坂市の須坂駅を結ぶ長野電鉄屋代線(24・4キロ)の存続について協議してきた長野電鉄活性化協議会は、委員による投票で同線を廃止し、バス運行で地域交通手段の確保を図る方針を決めた。過疎化や自動車交通の発達で地域交通を支えてきた私鉄ローカル線は各地で厳しい経営状態に置かれているが、同線は道路網整備などで利用者減少が進んだ典型的な例。今後はバスを軸とした沿線住民の移動手段確保に向けた協議が始まる。

長野電鉄屋代線実証実験の結果は

 長野電鉄活性化協議会は,長野電鉄・住民・観光団体などで構成。投票結果は,利用者増に向け実証実験の継続が11票,廃止してバスに移行が14票だったそうだ。

 長野市の東側に張り巡らされていた感じのあった長野電鉄の路線網も,木島線が廃止になり,こんど屋代線が廃止されるとなると,長野から湯田中までの長野線一本だけになってしまうわけだ。勝手なイメージだけど,美人だった同級生を同窓会で見たときの感じ……かな(むっちゃ意味不明)。
 元々の路線名称からすると,廃止になる(なった)のは河東線の両端だけで,長野線・河東線・山の内線はいずれも残ることになるというのも,不思議な感じがする。

 屋代から木島まで,長野市の存在を無視するかのように千曲川の東側を南北に結んでいた河東線。開業時にはその経路にそれなりの理由があったのだと思われるが(大きな千曲川への架橋が難しかったということはもちろんあるだろうし),対岸の長野市への道路橋がたくさん作られ,長野市との往来が多くなると,まったく人の流れを無視した路線になってしまったようだ。

 屋代線(河東線の屋代〜須坂間)は沿線人口も意外に多く,途中には松代という大きな市街地もある。しかし,松代から長野に向かうために,対岸に長野市を見ながら須坂まで一旦長野から遠ざかり,そこから長野に向かうのでは,利用者が少なくなるのもわかる気がする。松代の隣の金井山駅から長野駅に向かう路線になっていれば……なんとか……ならないか。
 幸か不幸か,一帯は長野オリンピック時に関連道路が非常に立派になっているので,代替バスを沿線住民の動線に沿ったかたちで走らせれば,問題は少ないだろう。

【参考】
2008年8月12日 (火曜日):長野電鉄屋代線の電車に乗る
2010年7月22日:長野電鉄屋代線で実証実験
2010年11月19日:長野電鉄屋代線の実証実験は代替バス優勢
2011年2月1日:長野市議会特別委が屋代線の実証実験継続要望

|

« JR可部線廃止区間の可部〜旧河戸間電化復活か! | トップページ | 東京の銀座〜晴海にLRT計画 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

県都・長野へは遠回りを余儀なくされるだけでなく、直通列車もないということがマイナス要因だったのでしょうね。
もちろん沿線人口が少ないということもあったのでしょうが。

>美人だった同級生を同窓会で見たときの感じ

おっしゃりたいことはよ~くわかりますよ。
美人"だった"と過去形ですものね。(笑

投稿: Eisenbahn | 2011年2月 5日 01時07分

 そうですね。乗り換えの必要がない直通電車があれば,時間が掛かっても許せるという人はいるかもしれませんね。私はそっち系です。

投稿: 三日画師 | 2011年2月 5日 21時49分

こんばんは!
私は長野電鉄長野線沿線住民ですが、屋代線存続を応援しています。
http://yasirosenn.naganoblog.jp/
こちらに動向が掲載されますのでぜひお寄り下さい。

投稿: 4clover | 2011年2月15日 01時12分

 長野電鉄活性化協議会の投票は僅差だったようですから,まだまだ残してほしいという意見も多いのでしょうね。

 屋代線は旅客平均通過量459人/日キロと,全国的に見ても乗客が少ない路線になってしまっているので,非常に厳しい活動になると思いますが,納得できる結果になることを願ってます。

投稿: 三日画師 | 2011年2月15日 02時48分

河東鉄道の屋代-木島間と長野電気鉄道の長野-須坂(後に)が合併して長野電鉄となったので、いざとなったら屋代-木島間はお荷物にしか感じないのでしょうか。現に木島-信州中野は早々手放してしまいましたが、もし長野電鉄が河東線を企業としての生命線と感じているのなら、レールバス、通学時間帯しか運行しない、沿線の学校や企業やホテル近くの仮設ホーム設置、等の自己努力をする内容はまだまだあるのではないでしょうか。屋代にある車両整備工場からの長野線への入線は河東線を使用していますが廃止となれば多額の別費用も掛かるでしょう。軽井沢-小諸-上田-戸倉-屋代-松代-須坂-小布施-中野-渋温泉のしなの鉄道と河東線への相互乗り入れ観光路線構想を打ち出しても鉄道保安設備の互換性が無いとかホーム幅限界の違いがあるとかやらない為の議論になっていて残念です。乗って活性化しましょうと言っても限界ありますし、乗りたくなる路線構想と乗るときだけ運行する柔軟運行構想の実行を期待しています。

投稿: わかほさん | 2011年2月16日 00時06分

 乗って残そう屋代線運動というやりかたでは,おっしゃる通り限界があります。しなの鉄道への乗り入れにによって,千曲川東岸を強く結びつけて,屋代線を近代化したいという案はあるでしょうね。

 屋代駅をはじめ,各駅の駅舎や施設が古い時代のまま放置されている印象があって,長野電鉄からは屋代線に新規投資をしたくないという意識がびしばしと伝わってきます。

投稿: 三日画師 | 2011年2月16日 01時15分

河東線の駅舎やホームはそのまま残しておきたいですね。60年代の映画に使えるように品の無いバックミラーは別のものに取り替えるとか古風と風流ある路線へ変われたらよいかなと思います。
話は変わって何故乗らないかですが、利便性を感じないからにつきると思います。時間が有る程度かかっても安いか、少々高くても格段に早く目的地に着くかという鉄道の基本的考えから離れてしまったのかとおもいます。東京-長野-須坂-中野-渋温泉は、3時間程度で9,000円ですが、東京-上田-屋代-松代-須坂-中野-渋温泉が、3時間半で7,500ならまだ可能性があるのではないでしょうか。
長野電鉄の河東線の位置づけがやはり納得しないです。なぜバスなのでしょうか。その昔、貨物輸送でそれなりに収益があったはずですが、また、市からの補助金を河東線名義でもらって河東線へ使ったのでしょうか??誰か教えて下さると嬉しいのですが。

投稿: わかほさん | 2011年2月18日 01時08分

 当初の河東線の位置づけは,千曲川に橋を架けずに,野沢温泉・湯田中温泉への旅行客を輸送することだったんだと思います。

 さらに,当時は須坂や松代に独自の商圏もあったとことでしょう。買い物客を須坂や松代に運ぶ目的も大きかったものと思われます。

 しかし,その後長野市内とを結ぶ道路が整備されると,それらの商圏は完全に長野に取り込まれ,長野市街地に向かわない河東線は役に立たないものになってしまいました。自家用車はもとより,長野に直通するバスにもまったくかなわない状況だと思います。

 結局,河東線の代替バスも,利用者が希望する動線とは異なっていますから,早晩減便→廃止の運命をたどり,各拠点からの長野市内への直通バスが増えることになるのだと思われます。

投稿: 三日画師 | 2011年2月18日 02時50分

長野電鉄2100系スノーモンキー(旧成田エクスプレス車両)が登場しました。是非、スノーモンキーを 植田-屋代-松代-須坂-信州中野-渋温泉 間で運行を期待します。名鉄の様にミューチケット者、一般車のような運行も良いのでは。先日御殿場線の松田駅には須坂のさくらまつりのポスターが借りましたし、名古屋駅には松代真田まつりのポスーがありましたし、河東線は観光路線に生まれ変わる事を期待します。
もっと言えば、長野電鉄が河東線を廃止するのなら全路線撤退と腹を決めるべきと思います。それよりも観光路線を目指すべきでしょう。上田真田祭りと松代真田祭りを結ぶ唯一の鉄路をスノーモンキーで結ぶことを実現しましょう。

投稿: | 2011年2月20日 11時19分

長野電鉄2100系スノーモンキー(旧成田エクスプレス車両)が登場しました。是非、スノーモンキーを 植田-屋代-松代-須坂-信州中野-渋温泉 間で運行を期待します。名鉄の様にミューチケット者、一般車のような運行も良いのでは。先日御殿場線の松田駅には須坂のさくらまつりのポスターが借りましたし、名古屋駅には松代真田まつりのポスーがありましたし、河東線は観光路線に生まれ変わる事を期待します。
もっと言えば、長野電鉄が河東線を廃止するのなら全路線撤退と腹を決めるべきと思います。それよりも観光路線を目指すべきでしょう。上田真田祭りと松代真田祭りを結ぶ唯一の鉄路をスノーモンキーで結ぶことを実現しましょう。

投稿: わかほさん | 2011年2月20日 11時20分

誤字がありました。植田は、上田です。

投稿: わかほさん | 2011年2月20日 11時26分

 しなの鉄道乗り入れはアリだと思いますけど,実際のところ上田からの需要がそれほど多いとは思えないんですよねぇ。良くも悪くも長野市一極集中なので(松本は置いといて),長野に向かわない路線は厳しいと思います。

投稿: 三日画師 | 2011年2月20日 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄屋代線廃止へ:

» 長野電鉄 屋代線廃止へ [Straight Blog [ストレイト ブログ]]
長野電鉄屋代線:廃止へ 90年の歴史に幕 沿線3市活性化協議会、多数決で /長野 http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110203ddlk20020089000c.html 長野電鉄・屋代線廃止決める 代替バス運用へ 活性化協 http://www.asahi.com/travel/rail/news/TKY20110202039... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 20時22分

» 長野電鉄屋代線、多数決で廃止へ [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 長野電鉄には2本の路線があります。長野と湯田中を結ぶ本線格の長野線と、途中の須 [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 05時39分

« JR可部線廃止区間の可部〜旧河戸間電化復活か! | トップページ | 東京の銀座〜晴海にLRT計画 »