« スーパーバルブのその後と注意点 | トップページ | 週刊東洋経済がまた鉄道特集号 »

2011年2月25日

明知鉄道に急行「大正ロマン号」

 「大正ロマン号」3月に発車 明知鉄道、初の急行列車(2011年2月20日 朝日新聞)

 第三セクター明知鉄道(恵那―明智間25.1キロ)はJR東海のダイヤ改定に合わせ、3月12日から初の急行列車を火〜日曜日の昼に上下1便ずつ運行する。明智駅がある「日本大正村」で今年行われる「大正百年」記念事業を盛り上げるため、列車名を「大正ロマン号」(愛称・大正ロマンエキスプレス)と命名。大正村のキャラクター「ロマンちゃん」をあしらったヘッドマークを取り付けて走らせる。

 急行は下りは恵那駅午後0時45分発。現在、季節ごとに料理を替えて運行している「グルメ列車」(1〜2両)を「食堂車」扱いにして、一般客用の車両1両を連結して走らせる。上りは明智駅午前11時45分発で食堂車のない急行になる。どちらも途中の停車駅は阿木と岩村だけ。

明知鉄道
 のどかな農村風景の中を走る明知鉄道のディーゼルカー(2003年2月)

 ちょっとわからないところもあるが,2両編成のうちの1両を「食堂車」扱いにして,乗客に美味いものを食ってもらおうというものらしい。明知鉄道には不定期列車として「じねんじょ列車」などを走らせているので,その列車を定期運転することにしたものだろうか。

 専用の食堂車ではなく,ロングシートの車両の通路部分にテーブルを設置しただけなので,まあ,準備は簡単。急行列車とは言うものの,急行料金は不要だそうで,お手軽だ。
 あとは,客が集まるかどうかは食べ物次第……かな。

 終点明智駅にある明智町(日本大正村)には明治・大正時代の建築物が多く残っている。

 私が見て感動したのは,中馬街道のうかれ横町。
うかれ横町
 不思議な渡り廊下は一見の価値ありかも。

|

« スーパーバルブのその後と注意点 | トップページ | 週刊東洋経済がまた鉄道特集号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

食堂車とはいってもロングシートの車内の通路にテーブルを設置しただけの簡易食堂車なのですか。
車内に厨房施設があるわけでもなく、要は外部から調理済みの食品を持ち込んで食べるだけということなのでしょうかね。

車両の造りや軌道の規格・整備状態によっても走行時の揺れ方に影響があるのでしょうが、レールの方向に沿ったロングシートに座って食事をって・・・・・私は遠慮したいです。

幅広のテーブルを挟んで両側のシートに着席したら、その間は車両の両端間は通り抜けができないということでしょうか。
それとも幅の狭いテーブルをそれぞれ双方のシートの前に設置(いわゆるカウンター式)し、真ん中の空きスペースを通路として利用するのかな。

きっと保安上の理由からも後者であると想像します。

それにしても主題の大正村って・・・・・7~8年前に行きましたが・・・・やはり自動車で訪れるところでは。

投稿: Eisenbahn | 2011年2月25日 11時17分

 全保有車両数6両,従業員数28人の鉄道会社ですから,厨房設備付き食堂専用の車両など望んでみても無理だと思いますよ。

 明知鉄道のWebサイトには,まだこの急行「大正ロマン号」の情報が載っていませんが,イベント列車紹介ページを見れば,このイベント列車を定期運転するものだと推測できます。観光とか団体旅行に縁のない私には,縁のない列車だと思いますけど……。

花白ごほうび列車(明知鉄道のページより)
http://www.aketetsu.co.jp/uploads/photos/123.jpg

 明智町の観光ですけど,町中にいくつも観光客用の駐車場があるわけではなく,明智駅に近い指定の大正村駐車場に駐めて,町の中は歩いて回ることになるわけですから,列車で行くところだとか,車で行くところだとかいう区別はないんじゃないかと思います。

投稿: 三日画師 | 2011年2月25日 19時34分

>町中にいくつも観光客用の駐車場があるわけではなく,明智駅に近い指定の大正村駐車場に駐めて,

えぇ?
自動車で訪れる人がなにも駅に近い駐車場に停める必要もないと思いますし、事実私も無料の駐車場を利用したように記憶していますが。

街の中は確かに歩いて回るところですが、当地・大正村に行く手段の殆どが観光バスや自家用車を選択していると言いたかったのですが。
ちなみに明智駅前も覗いてみましたが、列車の発着時間ではないこともあってか乗客らしき人はいませんでしたよ。

明智町までは、一番近い大都市・名古屋からでさえJR中央線と明智鉄道を乗り継いで行くよりも一般道路を自動車で走っていく方が遥かに移動距離も短く廉価であるのは間違いないでしょう。
地元の観光課や観光協会の関係者でさえ鉄道を利用してこの地を訪れる観光客などあまり期待していないのではないでしょうか。 観光客をもたらしてくれるのは自動車だということです。

投稿: Eisenbahn | 2011年2月26日 02時46分

 ええっ,明智に車で観光に行って,大正村指定の駐車場を使わなかったのですか?
 基本的にはほとんどの観光バスも利用する指定の駐車場なのですが……。
 ほかに無料駐車場はありましたか? 失礼ながら路上駐車だったのではありませんか?

 町の人もマイカーでたくさん来てくれることを願って,しっかりした専用の駐車場を設定しているわけです。町の中の道路は狭く,観光客の路上駐車では町の人も不便な思いをするわけですから。そのような観光客の路上駐車をなくすために,町の各所に大正村指定駐車場への案内がでていたはずですが……。

 日本大正村のサイトのイラストマップです。町の中には駐車スペースがないため,専用の駐車場がちゃんと用意されています。
 http://www.nihon-taishomura.or.jp/contents/04midokoro/index.html

投稿: 三日画師 | 2011年2月26日 03時18分

無料駐車場 = 路上駐車 を想像するとは。。。。。
でもね三日画師さん、道路は駐車場とは呼ばないのですよ。

大正村を実際に訪れた人ならばわかると思いますが、あの町並みは狭隘路がほとんどで路上駐車をしようものなら他の車両の通行ができなくなりたちまち大変なことになりますよ。

それ故に私が自動車を停めたのもちゃんとした駐車場でした。 バスのような大型車両は停まっていなかったように記憶していますが。

投稿: Eisenbahn | 2011年2月26日 12時10分

 明智町に観光客用の無料駐車場が他にもあるんですね。それは失礼しました。

 私は観光施設にはあまり興味が無くて,町並みや,その残し方のほうに興味があったので,駐車場不足にどう対応してるのか等は注意深く見たつもりでしたが,ちょっと勘違いしてるかもしれません。

 商店街や古い町並みの駐車場をどう処理をするのかって,結構難しい問題で,空き家(空き商店)を歯抜けにしたり,著名な建築物以外を駐車場にすると,あっという間に町並みが壊れますし,商店街の賑わいが無くなってしまいますので,どこの町も苦労してるんですよね。

 で,明智町の場合は,観光客用の駐車場をあちこちに分散させずに,駅の近くに公設の大きなものを用意して(ひょっとしたら個人営業の観光客向け有料駐車場も作らせないようにしているかも……と感じました),観光客を積極的にその駐車場に誘導して,そこから町を歩いてもらうように上手くやってるように感じたものですから……。
 古い家並みの部分は狭い道路ですが,駅前通りや駅前を通る国道はかなり広い道路で,他の町だと路上駐車でいっぱいになりそうな感じの余裕具合でしたが,明智町では路上駐車も意外に少なくて,すばらしいと感じたのを覚えています。

 勘違いして申し訳ありませんでした。

投稿: 三日画師 | 2011年2月26日 22時40分

>駅前通りや駅前を通る国道はかなり広い道路で,

とはいえ所詮は三桁国道ですので片側一車線の道路(当時のことですが)、とてもではないが路上駐車などできる環境ではないと記憶しています。
確かに路上駐車などは見かけませんでしたね。

さてさてこの急行列車、どのくらいの需要があるのでしょうね。
テーブル付きのロングシート車両で豪華駅弁を食べるのと同じ感覚なのでしょうか。

投稿: Eisenbahn | 2011年2月27日 22時27分

 どのぐらい需要があるのか,私にはわかりませんね。

 ぶっちゃけて言えば,観光列車には個人的にはまったく興味がありませんし,公共交通として本筋ではないと考えますし,これで観光客がたくさん集まってくるとは思えないわけですが,ローカル線がこんなことをやらなければどうしようもない状況にあることはひしひしと伝わってきます。

投稿: 三日画師 | 2011年2月27日 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明知鉄道に急行「大正ロマン号」:

« スーパーバルブのその後と注意点 | トップページ | 週刊東洋経済がまた鉄道特集号 »