« 八戸のせんべい汁が駅弁になった(〜おまけ駅弁画像) | トップページ | 中国「国産」新幹線時速486kmの世界最高を記録 »

2010年12月 1日

いすみ鉄道への小湊鐵道乗り入れ構想?

 関東運輸局長がいらっしゃいました(2010.11.16 「いすみ鉄道 社長ブログ」)

直通運転こそありませんが、上総中野の駅構内でいすみ鉄道と小湊鉄道の線路がつながっていることもご確認いただきましたが、私の社長としての構想(野望)として、いすみ鉄道に導入するキハ52に上総中野で小湊鉄道の車両を連結し、そのまま2両編成で大原まで小湊の車両を連れてきてしまえば、横断鉄道直通列車ができあがりますので、再来年の2012年に国鉄木原線の前身である夷隅人車軌道の開業から数えて100周年を迎えるまでには直通運転を実現させたいというお話をさせていただきました。

 いすみ鉄道の鳥塚社長のブログ「いすみ鉄道 社長ブログ」を読んでいたら,11月16日付のに記事に,上記引用の文章を見つけた。
 国鉄木原線の前身である夷隅人車軌道の開業から100周年を迎える再来年の2012年までに,小湊鐵道との直通運転を実現させたいと,関東運輸局長に話をしたという。

いすみ鉄道の存続が決定
 上総中野駅での小湊鐵道からいすみ鉄道への乗り換え(1998年5月)

 いすみ鉄道は,現在「いすみ200型」という第三セクター向けのLE-CarIIで運転されている。

 上総中野まで走ってきた小湊鐵道の車両キハ200(国鉄のキハ20系をベースに作られた車両)に,JR西日本からいすみ鉄道が購入した古い気動車キハ52(これも国鉄のキハ20系をベースに,勾配向けにエンジンを2台積んだ車両)を連結し,2両編成でいすみ鉄道の大原まで走らせるという構想だという。幸いなことに,どちらも国鉄キハ20系ベースの車両なので,連結しての運転は問題なさそうだ。

大糸線のキハ52とレンガ倉庫の撮影会がうらやましい
 いすみ鉄道がJR西日本から購入したキハ52(2005年8月)

 鳥塚社長が小湊鐵道とどの程度話を詰めているのかはまったく不明ではあるが,非常に興味深いアイデアだと思う。この際だから,小湊鐵道のJR千葉までの乗り入れも,ついでに実現して(昭和30年代に数年間だけ乗り入れてたんだよね),千葉−五井−上総中野−大多喜−大原などという,のんびりした列車が走ったりすると面白そうなんだけどね。

|

« 八戸のせんべい汁が駅弁になった(〜おまけ駅弁画像) | トップページ | 中国「国産」新幹線時速486kmの世界最高を記録 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

「歌声列車IN小湊鉄道」を主催している者です。「歌声列車IN房総横断鉄道」実現の夢を抱いています。
地域の活性化のお手伝いをしたいと思っています。
どうぞ応援をお願いします。

投稿: 演歌アコーディオンのテツ | 2011年1月31日 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ鉄道への小湊鐵道乗り入れ構想?:

« 八戸のせんべい汁が駅弁になった(〜おまけ駅弁画像) | トップページ | 中国「国産」新幹線時速486kmの世界最高を記録 »