« 福島県の半分が積雪深観測の空白地帯に | トップページ | 豊川稲荷門前町と名鉄が乗り放題切符 »

2010年12月29日

とうきょうすかいつりい

 「とうきょうスカイツリー駅」に改称へ 東武業平橋駅(2010年12月27日 朝日新聞)

 東武鉄道は27日、東京都墨田区に建設中の東京スカイツリー(634メートル)が開業する2012年春に、玄関口となる東武伊勢崎線業平橋(なりひらばし)駅の駅名を、「とうきょうスカイツリー駅」に改称すると発表した。

 東武鉄道のニュースリリース(2010年12月27日:TOBU NEWS)
 『伊勢崎線業平橋駅の駅名を 「とうきょうスカイツリー」に改称します!』

東京スカイツリーととうきょうスカイツリー駅

 呆れかえってしまい,開いた口がふさがらなかった。「業平橋」という駅名が消えるのは,まあ仕方がないとして,「東京」をあえてひらがなにするってのがわからない。ライトフライを捕ったイチローが,ハンドの反則を取られたような気分だ(よけい意味がわからないか)。

 東武鉄道のリリース文を見ると,東京スカイツリーの部分には必ず「東京スカイツリー(R)」と商標のマークが入っていて,商標権を強く主張していることがわかる。東京スカイツリーは東武鉄道系列なので,そのまま「東京スカイツリー駅」にする障害は小さかったはず。
 要は,駅の近くの店に多く生じると思われる関連商法……,たとえば駅名を使った「○○○東京スカイツリー店」というようなかたちで,「東京スカイツリー(R)」が使われることすら認めない,使うならば使用料を払え……という,なんともみみっちい商標権の主張なのではないだろうか。

 たぶん,各地から集まってくるツアーバスの行き先表示も,「東京スカイツリー(R)」は許されなかったりするんだろう。
 一体誰が得するんだろう。もう「東京スカイツリーは」,E電と同じような存在にして,みんなで「墨田区タワー」とか「押上タワー」と呼ぼうではないか。自由に使えるなら「新東京タワー」でも十分魅了的な名前だ。

 少なくとも,「とうきょうスカイツリー駅」というひらがな駅名の,間の抜けた感じは,駅ができる前からむなしい感じがする。

 そういえば,札幌駅の地下鉄の駅で,似たような感覚になったことを思い出した。

「札幌駅」ではなく「さっぽろ駅」
 JR札幌駅の地下に降りると札幌市営地下鉄の駅はさっぽろ駅なのだ。「さっぽろ」というふりがなが振ってあるわけではなく,駅名が「さっぽろ」なのだ。意味不明の「さっぽろ駅」。こういうことに文句を言いたくなるオヤジが,どんどん少なくなっているということだろうか。

|

« 福島県の半分が積雪深観測の空白地帯に | トップページ | 豊川稲荷門前町と名鉄が乗り放題切符 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、クリス_NKです。
確かに「とうきょうスカイツリー」という名前はちょっとダサいといいますかマヌケといいますか…なんでもひらがなにしてしまえ的な風潮は改めた方がいいと私は思っています。まあ、確かに日本語の漢字が読めない外国人にはわかりやすいかもしれませんが、やはり東京としっかり書いて欲しいな、と思いますね。
個人的には地名の業平橋というのをなくすのももったいないのではと思います。せっかく長年、江戸時代からずっと続いてきた歴史ある地名なのに、それを台無しにしてしまうような改称ではやはりうまくないです。これが「業平橋・スカイツリー」駅ならまだ許せるんですけれども…。下町の地名を残すことは東京独自の文化を残すことにつながりますし、そういう意味ではどうかなと思いますね。

そういえば、札幌市営地下鉄、新札幌駅もご丁寧に「新さっぽろ」でしたね……なんだかなぁ、という感じです。

投稿: クリス_NK | 2010年12月29日 10時14分

 具体的な地名を出すと,そこに住んでいらっしゃる方が不快な思いをするかもしれませんが,あえて言えばさくら市とかみどり市のような,ひらがな名称は,漢字かな交じり文の中で読みづらいし,幼稚園の学級名のようだし,無粋だと思います(わざと地名に「 」を付けずに書いてみました)。

 業平橋の駅名をなくすのは,もったいない感じがしますね。
 浅草通りにあった業平橋は,大横川を埋め立てて公園にしたときに橋自体がなくなってしまって(橋があったことはわかるようになってる感じかな),そういう意味では,あまり橋自体に愛着が持たれていなかったのかな,という印象があります。
 地名としての「業平」は,もちろん健在です。

 Wikipediaの「業平橋」の項を読むと,吾妻橋の別称が業平橋だという説も「要出典」付きで書かれており,それも含めて,これが業平橋の駅名の元だというはっきりしたものがあるわけではなさそうであり,もったいない感じはするものの,それほど歴史的に重要な駅名ではないのかなと言う印象です。

投稿: 三日画師 | 2010年12月29日 12時22分

業平橋駅の駅名が消えてしまうのは、少々残念です。

スカイツリー建設以前から、浅草駅周辺の喧騒や隅田川沿いの再開発ビル群(例の某ビール会社の「う〇こビル」他ね…)から隔絶された、ゆるい空気の流れている運河沿いの風景が好きだったんですけどね。

地元の方々にしてみれば、新名所が出来て、(たぶん特急「スぺーシア」や「りょうもう」も停まるんでしょうから)駅が栄えるのはよい事なのでしょうから、それで良しとしましょう。

ただ、「とうきょう~」は、いただけないな。おおよその理由は三日画師さんの推察の通りと思います。タワー事業自体は本来、国策の公共事業だという事を考えれば、ここまでネーミング利権を振りかざす東武鉄道の姿勢は、「やり過ぎだ!」と思われても仕方ないのでは?

…まあ、東武鉄道の方で、本業の収益状況も鑑みて「なりふり構っていられない」という論拠があるのならば、いち鉄道好きとしては、致し方ない、と諦める以外に無いかもしれません。

でも、いざスカイツリー開業ともなれば、なんだかんだと京成線押上駅の駅名表辺りに「押上(スカイツリー前)」とか、ちゃっかり書き加えられていそうな気はします(笑)。

投稿: もりあき | 2010年12月29日 18時04分

 東武鉄道の「東京スカイツリー®(機種依存文字かな?)」に関する知的財産権対策の必死さを見ると,ほんとうに「なりふり構っていられない」のかもしれませんね。
 いっそのこと「東京スカイツリー®駅」というふうに,商標のRマークも一緒に入れてしまえば,話題作りにもなったのでは……と思ってみたり(笑)

投稿: 三日画師 | 2010年12月29日 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうきょうすかいつりい:

« 福島県の半分が積雪深観測の空白地帯に | トップページ | 豊川稲荷門前町と名鉄が乗り放題切符 »