« 新しいクレジットカードが届いた | トップページ | 台風で不通の名松線 復旧目標は2016年度 »

2010年12月 9日

常磐線特急が新型に。上野−仙台直通運転は廃止!

 JR東、上野―仙台間の直通廃止 12年春(2010年12月8日 朝日新聞)

 JR東日本は7日、常磐線特急に新型車両「E657系」を2012年春に導入し、現在1日上下合わせて7本ある上野―仙台間の直通便は廃止すると発表した。これに伴い、上野―仙台間は上野―いわき間と、いわき―仙台間の2便に分かれ、相双地区と上野方面を行き来する際は、いわき駅での乗り換えが必要となる。

常磐線特急「ひたち」
 泉駅付近を走る651系特急「ひたち」。右横にチラリと写るのが福島臨海鉄道の短い貨物列車(2006年8月)
 電線にピントが合って,ほぼピンぼけ写真なのが残念。

常磐線特急「ひたち」
 常磐線と磐越東線の分岐点付近を走る651系特急「ひたち」(2004年10月)

 常磐線の上野−いわき間の特急「ひたち」(スーパーひたち,フレッシュひたち)に,2012年春から新型車両 (E657系) が導入されるようだ。
 さらに,いわき以北,仙台までの特急列車は名称を変えて,E653系によって運転されるらしい。上野−仙台の直通運転が無くなるのは寂しいが,やはり直通であることを求める乗客は少なかったのかもしれない。

 となると,在来線で最高速度130km/h運転を最初に行った651系の特急「ひたち」は引退してしまうのだろうか? それともどこかに転線するのかな。

|

« 新しいクレジットカードが届いた | トップページ | 台風で不通の名松線 復旧目標は2016年度 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線特急が新型に。上野−仙台直通運転は廃止!:

« 新しいクレジットカードが届いた | トップページ | 台風で不通の名松線 復旧目標は2016年度 »