« 覚えておきたい裁判長の名前 | トップページ | いすみ鉄道への小湊鐵道乗り入れ構想? »

2010年11月28日

八戸のせんべい汁が駅弁になった(〜おまけ駅弁画像)

 せんべい汁が駅弁になった 八戸の駅弁会社が新発売(2010年11月26日 朝日新聞)

 12月4日の東北新幹線の全線開業に向け、八戸市の駅弁製造販売「ニュー八(はち)」(八田峰宗社長)が、南部地方の伝統料理せんべい汁を採り入れた駅弁を新発売した。せんべい汁といえば熱いのが基本だが、「冷たくてもおいしく食べられるよう工夫しました」と話している。

 せんべい汁弁当は、煮込んだニンジンやゴボウ、ネギと南部せんべいの上から津軽鶏でつくったしょうゆ味のスープをかけて食べる。冷たいスープでも、もちもちしたせんべいの食感を生かすよう工夫したという。

 昨年5月に八戸に行ったときには,残念ながら食べずに帰ってきてしまった「せんべい汁」。もう少し寒い時期だったら,迷わずにせんべい汁だったかもしれないが,八戸には他にも有名な「いちご煮」のようなものもあるし,海産物に目が吸い寄せられてしまうと,なかなかいちどに全部は食べられないのだ。

 その「せんべい汁」の駅弁が東北新幹線の全線開業に向けて発売されるとのニュース。
 なにより,汁ものを弁当にしてしまった手法を知りたいところである。本当に「汁」といえる形態なんだろうか……。

 という記事に貼り付ける駅弁の画像を探したところ,オチがつくようなそれらしい駅弁の写真は見つからず。
 でも,全国各地で食べた駅弁の写真の一部が出てきたので,ブログに貼り付けて有効活用しようと思う。本来なら,もっと美味そうに撮ったりすべきなのだろうが,弁当を開けた瞬間から人格が変わってしまい,食べ終わってから写真を撮ってないことに気づくことがほとんどなので,写真の出来具合はイマイチである。とりあえず,「写真撮っけど,さすけねがい?」の手法で,臆面もなく,大量の駅弁の写真を貼り付けようと思う。
 10年近く前の写真もあるので,現存していない弁当があるかもしれない。ご勘弁を。

駅弁
 浜のかにめし(常磐線原ノ町駅/福島県)

駅弁
 そうすけ漬弁当(東北本線郡山駅/福島県)

駅弁
 百万石弁当(北陸本線金沢駅/石川県)

駅弁
 百万石弁当。箸を付ける前の貴重な写真(北陸本線金沢駅/石川県)

駅弁
 但馬の里 牛肉弁当(山陰本線・播但線和田山駅/兵庫県)
 横に写っているのは,2004年当時のメインデジカメ,富士フイルムのFinePix S2Pro。

駅弁
 ほっきめし(日高本線他苫小牧駅/北海道)
 大狩部の海を見ながらほっきめしをほおばった。

駅弁
 ほたて弁当(日高本線他苫小牧駅/北海道)
 浦河〜東町間の昆布干しをしている海岸で,ほたて弁当をほおばった。

駅弁
 ぶりのすし(北陸本線富山駅/富山県)

駅弁
 二折鶏そぼろ弁当(東京駅/東京都)
 都会らしいパッケージと二段重ねというがっつり感の融合。

駅弁
 新潟の長鳥駅近くの岩之入地区の田んぼで長時間列車の写真を撮っていたら,帰りに近くの方がくださったおこわ飯。これは最高に美味かった。岩之入のみなさん,ありがとうございます。むちゃくちゃ美味かったっす。

駅弁
 牛串弁当(奥羽本線・米坂線米沢駅/山形県)

駅弁
 これも奇跡的に中身の写真が残っていた牛串弁当(米坂線走行中/山形県)

駅弁
 元気甲斐(小海線・中央本線小淵沢駅/山梨県)

駅弁
 箱根味めぐり駅伝弁当(東海道本線小田原駅/神奈川県)
 駅弁ならぬ駅伝である。

駅弁
 ウナギ弁当(天竜浜名湖鉄道・東海道線新所原駅/静岡県)
 新所原駅のうなぎ屋「やまよし」のウナギ弁当。列車の発車まで15分程度のときに注文したのだが,店の方は「間に合うかなぁ」と心配げ。なんと,注文後にウナギを焼き始めたのだった。駅弁と言えるかどうかは置いといて,今までに列車の中で食った弁当では一番美味かったと思う。

駅弁
 元祖牛肉弁当(紀勢本線松阪駅/三重県)
 「松阪牛」という文字の使用条件が厳しくなり,元々松阪牛弁当だったものが牛肉弁当になってしまったという。

駅弁
 黒毛和牛うまーいどん丼(紀勢本線松阪駅/三重県)

駅弁
 黒毛和牛うまーいどん丼(紀勢本線松阪駅/三重県)
 珍しく,中身が写っている。ヒモを引くと,ほかほかになるタイプの駅弁だった。

駅弁
 めんたい子付き弁当(鹿児島本線博多駅/福岡県)
 既に多少箸を付けてしまった後……。

駅弁
 牛肉弁当(東京駅/東京)

駅弁
 読むのも難しい,纜(ともづな)弁当(気仙沼線・大船渡線気仙沼駅/宮城県)

駅弁
 纜(ともづな)弁当(気仙沼線・大船渡線気仙沼駅/宮城県)

駅弁
 飛騨牛しぐれ寿司(高山本線高山駅/岐阜県)

駅弁
 飛騨牛しぐれ寿司(高山本線高山駅/岐阜県)
 肉にわさびをのせて,醤油を付けて食えって書いてあると,ワクワクするね

駅弁
 かきめし(根室本線厚岸駅/北海道)
 定番中の定番。

駅弁
 かきめし(根室本線厚岸駅/北海道)
 シンプルなのが良い。どれかひとつと言われたら,この「かきめし」一押しかな。

駅弁
 富山ますのすし(北陸本線富山駅/富山県)
 これまた定番中の定番。

駅弁
 富山ますのすし(北陸本線富山駅/富山県)
 笹の葉を開いた,至福の瞬間。切り方の大小に文句を言わないのが人生。

駅弁
 いかめし(千歳線新千歳空港/北海道)
 森駅のいかめしではない。

駅弁
 ひっぱりだこ飯(山陽本線西明石駅/兵庫県)
 最近人気の弁当。

駅弁
 ひっぱりだこ飯(山陽本線西明石駅/兵庫県)

駅弁
 盛岡駅で買った「鮭はらこめし」(仙台の老舗「伯養軒」)を三陸の有家海岸で食う

 コンビニ弁当などの台頭で,駅弁は高い・冷たい・まずいの三拍子で人気が無くなるかと思いきや,まだまだ健在である。都会の各所で行われる全国の駅弁即売会はどこも人気だそうだ。
 でも,即売会で買って自宅で食うよりは,旅先の不便なところで食うのが,これまた美味いんだよね。

|

« 覚えておきたい裁判長の名前 | トップページ | いすみ鉄道への小湊鐵道乗り入れ構想? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸のせんべい汁が駅弁になった(〜おまけ駅弁画像):

« 覚えておきたい裁判長の名前 | トップページ | いすみ鉄道への小湊鐵道乗り入れ構想? »