« 特急「さくら」が最後の復活…手慣れた閉店商法 | トップページ | Nikonがソフトの不正プロダクトキー対策を実施 »

2010年10月27日

線路が燃えてる!(京福電鉄の記憶)

 線路が燃えてる!…実はレール交換作業でした(2010年10月23日 読売新聞)

 新しいレールを炎で膨張させて敷設する作業が23日未明、福岡市のJR博多駅構内の在来線で行われ、線路上に炎の帯が浮かび上がった。
(中略)
 ロングレールは揺れや騒音を減らすために、すき間を作らずにつなぐ。このため夏場に暑さで伸びてゆがまないよう、夏場と同じ長さまで炎で伸ばして交換するという。

 線路ではないが,枕木が燃えるところを目撃したことがあったな……と思い出して,ハードディスクの中を探したところ,1998年5月の写真が出てきた。

 福井県の京福電鉄の東古市駅(現えちぜん鉄道永平寺口駅)での出来事だった。

京福電鉄 東古市・永平寺
 電車から降りて,誰もいなくなったホームをうろついていたときに,枕木から煙が上がっているのを発見。駅員さんを呼んだら,バケツを持って飛んできてくれた。
(ポイ捨てたばこが原因だと思われる)

京福電鉄 東古市・永平寺
 ついでに,その日の写真をアップ。
 東古市駅の先は,勝山方面(写真左側)と永平寺方面(写真右側・今は廃線となった永平寺線)に分岐していた。

 写真の左端には,永平寺線が金津駅(現在の芦原温泉駅)まで延びていたときのホームが残っていた。

京福電鉄 東古市・永平寺
 駅本屋側に永平寺方面(永平寺線)のホームがあった。

京福電鉄 東古市・永平寺
 永平寺線のホームと改札口。奥に見えるのが越前本線(福井方面・勝山方面)のホーム。
 この写真を撮影してから2年後(ちょうど10年前),京福電鉄永平寺線の電車がブレーキロッド破断故障のために,終点だったこのホームに止まることができず,そのまま越前本線福井方面に入り込んでしまい,勝山行きの電車と正面衝突するという不幸な事故が起こったことは,記憶に新しい。

京福電鉄 東古市・永平寺
 京福電鉄東古市駅(現えちぜん鉄道永平寺口駅)の見事な駅舎。

京福電鉄 東古市・永平寺
 京福電鉄永平寺線永平寺駅。

京福電鉄 東古市・永平寺
 永平寺駅の駅舎。道路を挟んだ向かい側にはバスターミナルがあって,大きな観光バスがたくさん停まっていた。

京福電鉄 東古市・永平寺
 永平寺駅から永平寺線で東古市駅に戻り,越前本線の福井行きの電車を待つところ。

京福電鉄 東古市・永平寺
 福井行きの電車の中から東古市駅を見る。
 右側が永平寺線の電車。遠くに勝山行きの電車が見える。

|

« 特急「さくら」が最後の復活…手慣れた閉店商法 | トップページ | Nikonがソフトの不正プロダクトキー対策を実施 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線路が燃えてる!(京福電鉄の記憶):

« 特急「さくら」が最後の復活…手慣れた閉店商法 | トップページ | Nikonがソフトの不正プロダクトキー対策を実施 »