« 世界最長の「ゴッタルド基底トンネル」貫通 | トップページ | 九州初の「ローレル賞」西鉄2000形車両が引退 »

2010年10月19日

憂鬱の美を飾る「中央線オレンジ電車」ラストラン

 中央線オレンジ電車、終着駅は松本 長野でスクラップ(2010年10月18日 朝日新聞)

 「201系、ありがとう〜!」。中央線の代名詞として約30年の間活躍してきた「オレンジ電車」が17日のラストランで役目を終えた。始発駅となった東京都日野市のJR豊田駅、途中停車した甲府市のJR甲府駅、終着駅となった長野県松本市のJR松本駅には、最後の雄姿を一目見ようと多くの鉄道ファンが詰めかけた。

 自宅ではNHKのテレビの音を小さくして点けっぱなしにしているので,ニュースのたびに「中央線“オレンジ車両”が引退」の映像が流れて,少々憂鬱になった。

 201系電車については,JR東日本において「中央線201系 さよならキャンペーン」を銘打ったツアー列車が春から毎月のよう(毎週のように)に運転されていて,しかも平日の中央線快速線への運用にも組み込まれ続け,さらには最後の列車は長年走行して親しまれたわけでもない中央本線を走り,解体を行う長野県(松本)への長旅。JR東日本もずいぶん商売上手になったもんだ。

中央線“オレンジ車両”が引退

 ニュース映像では,列車が到着するホームがどう見ても危険な状態になっているのだが,そのことについてニュースではまったく言及していない。映像を見る限り,コアな鉄道ファンというよりは,一般人に近い人たちが多いようにも見え,駅員による場内の整理はできていない。事故が起こっても何ら不思議ではない,危険な状態だ。
 JR東日本が鉄道ファンを煽ったこともあるが,イベントとは無関係に巻き込まれてしまう一般の利用客(JR東日本を支えているのは,この一般の利用客だ)にとっては迷惑な話である。

 マスコミも,たとえば明石花火大会歩道橋事故の問題点をさんざん報道しているが,自分たちの報道がそれに限りなく近い状況を生み出している可能性を認識しなければならないんじゃないだろうか。事故が起こってからでは遅いのだ。

 引退したはずの新幹線0系や500系が,西日本で走っているのを見て驚いたという声を聞いたことがある。何のことはない,マスコミの報道が正確じゃないのが理由だ。いや,あえて正確な情報を伝えずに,印象的(感傷的)に報道している印象がある。
 今回の中央線201系車両引退報道にしても,「“オレンジ一色の車両”中央線から引退」と,ある意味では正確だが,201系車両は京葉線などでまだ現役であること,関西地区にはオレンジ一色の201系車両が残っていることを伝えないのは配慮不足である(意図的だから,配慮不足という表現は違ってるかな)。

中央線201系
 御茶ノ水のホームに入ってくる東京行き快速(2004年9月)

中央線201系
 御茶ノ水駅を出て行く東京行き快速(2004年9月)

中央線201系
 高架化前の武蔵境駅(2002年11月)

中央線201系
 東中野駅を通過する東京行き中央特快(2002年11月)

中央線201系
 東中野駅付近を走る八王子行き(2002年11月)

|

« 世界最長の「ゴッタルド基底トンネル」貫通 | トップページ | 九州初の「ローレル賞」西鉄2000形車両が引退 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ここまでやるか(笑)という商魂。民営会社でありながら、常に政府や国民から懐具合を覗かれているJRが、儲けに汲々とするのは分からなくもないのですがね。語弊はありますが、「引退するする詐欺」と揶揄されても仕方なさそう。

これで201系電車が引退してしまった、と思い込んでいる方も多いでしょう。どっこい、まだ京葉線や大阪地区で走ってるんですけどね。京葉線の車両が退くときは、また半年ぐらいかけて「あの『青』の201系が…」ってやるんでしょうか?

ファンだとて、こうなると学習は必要になってくるでしょうね。鉄道会社に少しでも協力してやりたい、という心がけなら別でしょうが…。

投稿: もりあき | 2010年10月19日 22時04分

 ネットの普及などもあって,ライトな鉄道ファンが増えているという話もありますし,201系電車が無くなってしまったと思っている方は多いかもしれませんね。

 私自身,ライトな鉄道ファンなので,勘違いさせられることが良くあります。

 駅のホームや有名撮影ポイントに集まる人たちを見ると,ラーメンを食べるという行為だけじゃなくて,有名店の行列に並ぶことも含めて楽しんでいる人と同様の傾向が感じられ,混雑が混雑を呼んでいるということはあるでしょうね。
 行列や混雑が大嫌いな,ひねくれ者の私には,ちょっと信じられない嗜好ですけど。

投稿: 三日画師 | 2010年10月19日 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂鬱の美を飾る「中央線オレンジ電車」ラストラン:

« 世界最長の「ゴッタルド基底トンネル」貫通 | トップページ | 九州初の「ローレル賞」西鉄2000形車両が引退 »