« 古い駅舎の保存機運が高まる? | トップページ | 東京モノレール延伸計画が本格化 »

2010年9月17日

なんと,在来線並みの東京−大宮間の東北新幹線を視察

 シュワ知事、東北新幹線を視察 JR東、安全性をPR(2010年9月14日 朝日新聞)

 日本を訪問している米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事(63)が14日、東北新幹線を視察した。知事は来年3月にデビューする同新幹線の新型車両「E5系」に乗り、東京—大宮を1往復。JR東日本や国土交通省の幹部が、新幹線の安全性や定時運行をPRした。

 カリフォルニア州の高速鉄道計画では,ヨーロッパ勢や中国,韓国との受注獲得競争をしているJR東日本勢にとっては,大きな売り込みのチャンスである。もちろん,この程度の試乗で受注が大きく影響するわけではないだろうが,強い印象を持ってもらうに越したことはないはず(知事の任期が迫っているらしいけど)。

 それなのに,それなのに,なんで110km/hの速度制限がある東京−大宮間なんだろう。在来線並みの速度しか出せない区間だよ。
 いや,もちろんシュワルツェネッガー知事のスケジュールも詰まっていただろうし,同じ車両が折り返し運転する設備を考えれば,大宮で折り返すしかなかったのだろう。だが,でも,しかし……だ。もう少しなんとかならなかったんだろうか。

 ちなみに,翌日にシュワルツェネッガー知事が試乗した韓国のKTXは,300km/h以上の速度で快走したそうだ。

 今回の新幹線の売り込みでは,日本は当初から出遅れている感があるが,実質TGVの韓国KTXや,「高速鉄道技術は既に世界をリードする地位を獲得している」と主張するメイド・イン・チャイナの「はやて」ソックリさんには,負けてほしくないものである。

|

« 古い駅舎の保存機運が高まる? | トップページ | 東京モノレール延伸計画が本格化 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

初コメントです。

遅くなりましたが…
シュワちゃん大宮までじゃあ意味ないじゃぁ~ん。
ヽ(;▽;)ノ

宇都宮まではいかねば!
(`_´)ゞ

新幹線は日本に限る!
<(`^´)>

投稿: 職業 旅人 | 2011年12月16日 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんと,在来線並みの東京−大宮間の東北新幹線を視察:

« 古い駅舎の保存機運が高まる? | トップページ | 東京モノレール延伸計画が本格化 »