« なんと,在来線並みの東京−大宮間の東北新幹線を視察 | トップページ | 特急「はつかり」が何度目かの復活(限定商法) »

2010年9月17日

東京モノレール延伸計画が本格化

 東京モノレール 延伸計画 東京か 新橋か(2010年9月17日 東京新聞)

 羽田空港と浜松町駅を結ぶ東京モノレール(本社・東京都港区、路線距離一七・八キロ)が、路線をJR東京駅か同新橋駅まで延伸することについて本格的な検討に入ったことが十六日、分かった。羽田空港が来月、「二十四時間国際化」することに伴い、成田空港との接続を改善し、空港間の輸送力を強化する狙いだ。

秋雨後 雫玉散るモノレール 田町
 田町付近を走る東京モノレール(2008年10月)

 羽田空港へのアクセス路線として,動きの多かった京急に対して,沈黙を続けてきた東京モノレールが動き出したようだ。

 羽田空港と成田空港の移動では,JRの成田エクスプレスを使うと,どうしても乗り換えが二回必要(東京・浜松町)になってしまうため,競合するリムジンバスや京急−京成の直通電車より利便性が劣ってしまう。
 東京モノレールの新橋延伸(+成田エクスプレスの新橋停車),もしくは東京駅までの延伸は必然の流れだと思う。東北・上越新幹線方面や,中央線沿線からの乗り換えの利便性を考えれば,是が非でも東京駅まで延ばしたいところだろう。

 問題は,東京延伸に掛かる費用が一千億円を越える試算になっていることと,便利になりすぎて,モノレールの輸送力が不足する可能性があるというあたりだろうか。
 新橋駅までの延伸なら,費用は三分の一程度,早ければ数年程度で延伸が可能ということで,東京延伸を視野に入れつつ,とりあえず新橋まで延ばすという判断もありそうだ。

|

« なんと,在来線並みの東京−大宮間の東北新幹線を視察 | トップページ | 特急「はつかり」が何度目かの復活(限定商法) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ようやく、動き出したようですね。

さし当たっては、東北縦貫線の開業を見越して、2013年度内に新橋まで延伸開業、というところが開業の目標になるのではないでしょうか。

併せて、新橋駅に東北・高崎・常磐線からの直通中距離電車と、「成田エクスプレス」及び常磐線からの「ひたち」系統の特急の一部、高崎線からの「あかぎ」「水上」「草津」などの特急の一部、東海道線特急「踊り子」を停車させれば、モノレールを介したJR沿線~羽田空港のアクセスは大幅に改善されると思われます。

でも、その時は、京浜東北線の昼間時の快速運転も、浜松町停車から新橋停車(浜松町は通過)に変更になるのでしょうね、きっと。

投稿: もりあき | 2010年9月19日 17時20分

 そうですね。やっぱり東北縦貫線に合わせて,とりあえず新橋延伸でしょうね。成田エクスプレスと北からの中距離電車が停車すれば,相当便利になりそうです。

 特急の一部を,東北縦貫線経由で新橋に停車させるというのは面白いですね。それらの列車が品川行き(品川発)になるとすると,品川のポジションが,さらに変わってきますね。
 リニアも品川始発になりそうだし,品川周辺の土地でも買っておこうかな(笑)

投稿: 三日画師 | 2010年9月20日 07時28分

品川駅には田町側に、現在の車両基地用地を整理縮小して、新たな折り返し対応の車両滞泊施設が設けられるようです(余った土地は当然売却又は再開発)。

当初、東北・高崎線方面からの縦貫線直通列車は、殆どが品川折り返しになるのでは?と思っていた私でしたが、よく考えてみると…

〔縦貫線列車の品川始発が増える=着席チャンスを求めて羽田空港から縦貫線への乗り換え客が品川へ=京急ウハウハ!〕

という図式になってしまうのですね。傘下の東京モノレールをわざわざ苦しめる方向にJR東日本が動くとも思えないので、品川始発の縦貫線直通東北・高崎線方面は、早朝・深夜の出入庫列車のみになるのではないか、と思い直しました。

ただ、常磐線方面直通列車に関してだけは、使用車両が特殊(交直流対応専用車・E531系)な事から、品川で折り返しも止む無し、となるのでは?と予想しております。

常磐線を中心とした在来線の特急列車群も、乗り入れるなら縦貫線を経由して新橋に停車させた後は、品川駅で折り返し、もしくは車庫入りとなるのでしょう(特急車両は運用間合が比較的長いので)。ただ、やはり品川駅まで営業運転してしまうと、そこから空港まで京急で…という流れが出来てしまうので、もしかすると以前にお話した「新橋~品川は回送扱い」というイケズな手法が実現してしまうかも(笑)。もしくは「品川飛ばし」で横浜・大船辺りまでとか…。

何にせよ、新橋駅のホーム施設は、現状ではやや窮屈に過ぎる感があります。東京モノレールが乗り入れる際の受け入れ工事では、在来線高架線直上へのモノレール施設の建設よりも、在来線ホーム(特に東海道線ホーム)の拡幅工事の方が手間がかかりそうな予感がします。

投稿: もりあき | 2010年9月20日 09時24分

 在来線の新橋駅をどのぐらいまで改良できるかどうかにもよりますが,営業運転を新橋までにして品川までイケズ(行けず,でもありますね)な回送というのも,停車時間を考えるとなかなか難しそうな気がします。

 とにかく,座席が確保できる品川始発の列車が増えるほど,京急線の魅力が増してしまうというのは,JR東日本としては悩ましい問題ですね。

投稿: 三日画師 | 2010年9月20日 17時35分

ようやく50年来の夢が実現する訳ですね。

建設ルートと土地はどうするんでしょう。
今は線路を跨いで国際貿易センタービルの中に入っていますが、これをそのまま延ばすのは非現実的。
本来は芝離宮の西隣をそのまま北上し、現在ゆりかもめの新橋駅がある東口の広場に接続するつもりだったと聞いています。しかし、浜離宮の南側には既にゆりかもめが...。

という訳で、私は浜松町駅ホームの東側への移転、芝離宮辺りで地下にもぐり、大江戸線の邪魔にならないように新橋へ直進する、と見ます。

いずれにしても、妄想で鉄道を想像する楽しみが増えましたw

投稿: GENTA1号 | 2010年11月16日 09時56分

 モノレールを延ばすにしても,どこを通すかは問題ですよね。

 大ざっぱに見ても,上にはゆりかもめ,地下には大江戸線や横須賀線が通ってるんですよねぇ。

 早く安く作るには,新橋駅付近を除いては,新幹線とゆりかもめの間の隙間の地上区間を通すしかないように見えるんですが,おっしゃる通り,浜離宮の南側付近は隙間がまったく無いですね。

 新橋までは,早ければ数年で延伸が可能と見積もっているということは,何かうまい案があるんでしょうね。どんな方法をとるのか,楽しみです。

投稿: 三日画師 | 2010年11月16日 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モノレール延伸計画が本格化:

« なんと,在来線並みの東京−大宮間の東北新幹線を視察 | トップページ | 特急「はつかり」が何度目かの復活(限定商法) »