« 紀州鉄道 開業以来初の大幅減便 | トップページ | 函館まで24分かもしか短縮しない東北新幹線 »

2010年9月24日

秘境駅ツアーは禁じ手では?

 探検、発見「秘境駅」 人気急騰、鉄道会社も便乗(2010年9月19日 朝日新聞)

 周囲に人家がなく、鉄道でしかたどり着けないような山間の「秘境駅」を巡る人たちが増えている。自然豊かな県内は、秘境駅の宝庫。人気に目を付けた鉄道会社が、ツアーを組んだり臨時急行を走らせたりして売り込んでいる。

 JR飯田線の豊橋駅(愛知県豊橋市)から2時間半。静岡、長野、愛知の県境に近い山中の小和田駅(浜松市天竜区)に降り立つと、人の気配が消え、秘境ムードが漂う。両側をトンネルに挟まれ、周りに人家はおろか、車道もない。

 古びた木造の駅舎がたたずみ、レトロな雰囲気を醸し出す。聞こえてくるのは、虫の鳴き声や風の音だけ。待合室の机には、訪れた人たちの思いがびっしりと書き込まれたノートが並んでいた。


新改駅
 1970年10月に無人駅となった新改駅。秘境駅としても有名らしいが,2〜3時間に1本程度の本数は確保されている。[2002年5月撮影]

 古びた木造駅舎のホームにたたずむと,人の気配がまったく無く,虫の音や風のささやきだけが聞こえてくる……。まあ,秘境駅だけじゃなくて,ローカル線の郊外の駅だったら意外に簡単に味わえるような気がするけどね。

 それにしても,そういう雰囲気を楽しめそうな駅に,ツアーで大勢の人が降りてきたら,そりゃツアー以外の人はドッチラケだな。雰囲気もクソもなくなり,無粋きわまりない。
 ツアーってんだから,ひとり・ふたりじゃ成立しないだろうから,ツアーに参加している人自体,のんびりした駅の雰囲気を楽しめるのかどうか疑問だ。

 変な世の中なので,そのうちに「全国ひとり旅ツアー」なんてのも出てきそうだな。気持ちわりい。

|

« 紀州鉄道 開業以来初の大幅減便 | トップページ | 函館まで24分かもしか短縮しない東北新幹線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

秘境駅…なんだか笑っちゃう呼び方です。利用者が極端に少ない=秘境という事なら、その駅はもはや駅としての機能を果たしているとは言えない事になりますからね。

あろうことか、鉄道会社自体がその駅へのツアーを「秘境駅ツアー」と称して主催するなど、自虐行為も極まれり、です。そんな駅に定期列車を停めている時間があるなら、さっさと廃止・通過にしてスピードアップするなり、(費用の問題は生じますが)もっと沿線住民の望む場所や、開発余地のある場所に駅を新設するべきなんじゃないだろうか?と思ってしまいます。

三日画師さんの仰る通り、「秘境駅」に企画ツアーで大勢の人間が一時に訪れたら、そこはもう「秘境」とは呼べない状態になってしまいますしね。

若干、記事とはずれますが、今月初めの週末に、夏に使用した「青春18きっぷ」が余っていた事から、日帰りでJR只見線でも乗りに行ってみようかと、時刻表を眺めつつ計画を立ててみました。

ところが、東京を始発列車で出発しても、高崎線を経由して上越線で小出駅に出、数時間待機してから昼過ぎの会津若松行きの列車を捕まえる以外に行程の立てようが無いんですね。

東北本線を北上し、郡山回りで会津若松から只見線に入りたかった私でしたが、この行程だと越後中里駅以南の「清水峠越え」区間の終電(なんと18:05発で終了!)に間に合わない事が判明。泣く泣く(?)遠征を諦めました。

ローカル線の「秘境駅ツアー」で観光客を煽りつつ、只見線のような秘境路線に乗りたい客には「行き帰りには新幹線を使ってくれなきゃ」的な列車ダイヤを組むJRの商売に、何とはなしにあざとさを感じてしまった私です。

投稿: もりあき | 2010年9月24日 14時10分

 いや,ほんとにギャグみたいな話ですよね。

 運転本数が少なく,1-2両編成の列車が走っているような区間に,大人数の企画ツアー客が乗り込むと,その列車で毎日通勤・通学している客に迷惑になる(混雑して座れないとか,「ケ」の場所に「ハレ」を持ち込む感じとか)ことも考えられますし,鉄道会社の本業は何なのかをよく考えてほしいです。

 只見線の福島・新潟県境越えは,実質,日中1本ですもんね。乗りたくても,なかなか乗れないですね。
 それに,清水峠越えが,そんな状況だとは知りませんでした。在来線で県境を越えるのは,運転本数が急減して,結構厳しくなっているところが多いですね。

投稿: 三日画師 | 2010年9月24日 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘境駅ツアーは禁じ手では?:

« 紀州鉄道 開業以来初の大幅減便 | トップページ | 函館まで24分かもしか短縮しない東北新幹線 »