« やっと発表! 最速「みずほ」3時間47分 大阪−鹿児島直通 | トップページ | キハ58・65系,日田彦山線でラストラン? »

2010年8月25日

高岡駅の氷見線ホーム移設

 高岡駅、全ホームが直結 ハットリくんもお祝い参上(2010年8月24日 朝日新聞)

 工事は、構内東端にあった乗り場を150メートルほど移動。正面改札口そばにあった旧貨物線を改良して「7番線」とし、長さ90メートルの新ホームとした。旧氷見線乗り場は廃止し跡地に駐輪場を設ける。

 この結果、同駅の氷見線と北陸線のほか、1.5キロ南にできる北陸新幹線新駅とつながる城端線の全ホームが連絡通路で南北に直結される。また路面電車の万葉線も駅舎北に隣接する計画で、各線乗り換えの利便性が格段に向上すると同市は期待する。

 JR高岡駅構内で,他のホームから東側に少し離れたところに設置されていた氷見線ホームの移設工事が完了したようだ。「忍者ハットリくん」については,よくわからない。
 これによって,氷見線,北陸本線,城端線のホームが同じ連絡通路で繋がり,各線間の乗り換えの利便性が向上するという。150メートルも離れていたホームが横に並んだのだから,確かに乗り換えは便利になるだろう。
 駅前の路面電車「万葉線」の電停も,駅舎の北に隣接することになっているので,これも確かに乗り換えは便利になるに違いない。

 しかし,北陸新幹線の新駅ができる城端線との乗り換えは,「その程度の対策で,本当に良いのですか? 高岡市さん」と問いたい。

 高岡市の新駅(城端線)に北陸新幹線がやってきたとき,現高岡駅のメインである北陸本線は並行在来線になるのですよ。

 つまり,鉄道を使って周辺から新幹線の新高岡駅に乗りにやってくる乗客は,多少おしゃれな服装に身を包み,並行在来線である元北陸本線や,氷見線を使い,あるいは万葉線の路面電車を使い,いったん高岡駅に集合するのだ。そして,ほとんどの利用客は高岡駅自慢の南北連絡通路を通って,狭い城端線のホームに移り,数両編成のディーゼルカーに乗り込むんである。
 城端線のシャトル列車がどのような車両になるのかは不明だが,新幹線利用客の荷物などはちゃんと積み込みやすくなっているのだろうか。

 北陸新幹線の新高岡駅に到着するまで,わずか数分間。城端線のシャトル列車への乗車時間は驚くほどあっという間だけど,連絡通路を移動したりしてイライラしてしまう人も多いに違いない。

 これで本当に高岡市は大丈夫なのか。今までなら,高岡駅に着いたら,そこから越後湯沢までの特急列車や名古屋や大阪までの特急列車にすぐに乗れていたのだ。それが城端線の列車を一度乗り継ぐ必要があるというのは,忍耐のハードルをかなり高くしてしまうのではないだろうか。乗り換えに関しては圧倒的に不便になると言う印象だ。

 そう思ったら,鉄道以外のアクセス方法を考えたくなるよね。伏木の人たち,射水,新湊の人たち,越中大門の人たちは,これじゃたぶん鉄道使わないよね。そんなんだったらマイカー使うよ。直通バスだって設定されるだろうし……。高岡駅前なんか通らずに,直接新高岡駅を目指せば良いだけなんだから。

 正直なところ,高岡駅−新高岡駅の交通の問題は,どうなってしまうのか,情報が少ないだけに心配していた。ちゃんと考えているんだろ言うかという不安もあった。何かその不安が的中してしまった気分だ。

 個人的には(妄想も入っているが),次のようなアクセス経路を確保してほしいと思っている。

(1) 氷見線の列車をそのまま城端線に乗り入れ,新幹線の新高岡駅までも直通にする。
(2) 万葉線の電車を高岡駅の駅構内を通して,南口まで(どうにかして)走らせる。
(3) 万葉線の電車を城端線に乗り入れる。万葉線も新高岡駅に乗り入れる。

高岡駅の氷見線ホーム移設〜全ホームが直結
 高岡駅の旧氷見線ホーム(2002年9月)
 この日運行されたSL列車「シーサイド号」の機関車C56が車庫に帰るところ。
 左奥に見える跨線橋が,高岡駅の北陸本線,城端線のホームに架かるもので(2007年には橋上駅化されている),旧氷見線のホームが駅の東側に分離して存在していたことがわかる。

高岡駅の氷見線ホーム移設〜全ホームが直結
 地上に改札があったころの高岡駅ビル(2002年9月)
 改札口の正面にホーム状の場所(線路も見える)があったが,なぜかホームとしては利用されていなかった。この部分を氷見線の新しいホームにしたと思われる。

高岡駅の氷見線ホーム移設〜全ホームが直結
 蛇足。高岡駅のホーム。今はなくなってしまった列車も多い(2002年9月)

|

« やっと発表! 最速「みずほ」3時間47分 大阪−鹿児島直通 | トップページ | キハ58・65系,日田彦山線でラストラン? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ほんと、何のための高岡駅整備事業なんですかね?北陸新幹線開業後の平行在来線(北陸本線)分離や、城端線新高岡駅までのアクセスを前提にした事業になってないです。

わざわざ高岡市の旧市街を抜けて狭い高岡駅前に辿り着き、そこから城端線のローカル列車に乗り継いで…なんて酔狂とも思える乗り継ぎで新幹線を利用する人が、どのくらい存在するんでしょうかね?新幹線の新高岡駅前に巨大な駐車場とショッピングモールが出来て、そこから国道や高速道路I.C.までの幅広いアクセス道路が有れば、この周辺の人達にはもう充分、という事になりそうです。

投稿: もりあき | 2010年8月25日 06時19分

蛇足です。『忍者ハットリ君』がここで出てくるのは、同漫画の作者である藤子不二雄Ⓐこと安孫子素雄氏が、近在の氷見市出身だからなのでしょう。

藤子不二雄と言ったら、亡くなられた藤子・F・不二雄こと藤本弘氏(こちらは御当地・高岡市出身)とのコンビで、代表作は『オバQ』とかじゃないの?と突っ込むのは、「大人の事情」って奴で…無し…という事に。

投稿: もりあき | 2010年8月25日 06時44分

 高岡駅整備事業を見ると,これはもう北陸新幹線開業とはまったく無関係に策定した計画と言われても,まったく違和感がありません。

 新高岡駅との新アクセスをどうするのかという計画が見つからなかったのは,見つからなかったのではなくて,新高岡駅周辺の道路計画,駐車場配置計画,駅前ロータリー計画,城端線駅との連絡橋計画,という形だったため,現高岡駅との連携とかどうでもいいことになってるからだったんですね。

 今まで氷見線や万葉線や北陸本線の各駅停車で高岡駅に来て,北陸本線の特急列車を利用していた人はそれほど多くないのかもしれませんが,その人たちがさらに城端線に乗り換えてくれるという(計画策定者の)確証というか自信はどこから生じているんだろうと,不思議に感じます。

 忍者ハットリくんの件は,境線の水木しげるのような話があるわけですね。ラッピング列車とかもあるんでしょうね。
 そういう列車のファンの方からは睨まれそうですが,個人的にはそういうのはあまり好きじゃなくて,利用客を増やすならば,もっと先にやることがあるだろうという印象です。

投稿: 三日画師 | 2010年8月25日 07時53分

>現高岡駅との連携とかどうでもいいことになってるからだったんですね。

こういうところが、やんなっちゃいますね。

これが、もっと孤立した地方の一都市の話なら、まだよくある話で終わりなのかもしれませんが、呉羽丘陵を隔て、同じ県内で僅か20kmほどの所に、あのライトレールの富山市があるんですから、その落差が際立ちます。

投稿: もりあき | 2010年8月25日 10時27分

 そうそう,まさにそこですね。
 ほとんど隣町とも言える富山市との対比を,どうしても考えてしまいます。
 高岡は富山市との競争意識が強いという話を聞いたことがありますけど,もしそうだとしたら,「富山市と同じことはやらない」と意地を張っているようにも感じるほどです。

投稿: 三日画師 | 2010年8月25日 11時54分

こんにちは、クリス_NKです。

高岡駅のホームが変わったということを初めてここで伺いました。改札を出た直後のホームが何もなく、連絡橋やちょっと歩いて氷見線ホームという奇妙な構造を疑問に思っていたので、今回の改造工事に関しては納得がいく感じです。ただ大きい方の改札を出てすぐのホームが7番線というのはビックリする人も多いのではないかと思います。それをいったら京都駅も目の前0番線、ちょっとわきに入るといきなり30・31…となっていますからね、奇妙な構造の駅も多々あるようです。

そうですね、高岡駅には例外なく北陸本線の全ての特急が止まっていますから、それなりに需要はある駅なんだと思いますけれども、新高岡駅ができて北陸本線第3セクター移譲となった場合にどうするかということがあまりよくわかりませんね。城端線の改良を行うのかとかいろいろ難しい問題があるように思います。それとも白石蔵王駅のように完全に明後日の方向に新高岡駅ができるのか、とかいろいろわからない点が多いですね、今のところ。あと4年ありますからその辺は徐々に明らかになってくるんでしょうが、使う側としては心配な面が多々あります。

それにしても、もし北陸本線が第3セクター移譲になったら北越急行の「はくたか」はどうなってしまうのでしょうね? せっかく東京から北陸へのアクセスの便を考えて作ったのに利用されなくなるというのはもったいない気がします。

投稿: クリス_NK | 2010年8月27日 13時01分

 高岡駅は北陸本線より城端線が先に開通したようですね。それで城端線のある駅の南側から1番線,2番線……となってて,正面の改札側が番数が多いという変な構造になってますね。
 ホームの番数を付けるルールを知っている人だと,ビックリするかもしれないですけど,普通の人はほとんど気にしないんじゃないかとも思います。

 新高岡駅へのアクセスが,本当に心配です。なんとなく,新高岡から各地への直行バスができる & 城端線の列車本数が少し増えるだけ,という最悪パターンのような気がしないでもないです。

 そうそう,新高岡駅の場所は既に決まっているようです。現イオンモール高岡の北隣みたいですよ。城端線にも乗換駅が設けられるようです。

http://www.city.takaoka.toyama.jp/toshi/1009/img11/houkokusyo.pdf

 新幹線の新駅へのアクセスという意味では,若干形態が違いますが,現在の計画を見る限りで,新高岡と高岡の関係は,東北新幹線の新白河と白河の関係のようになりそうな予感がします。

 福島県南部の商業の中心地として賑わった白河市。
 その玄関口だった東北本線の白河駅は,かつて特急列車も停車する駅でしたが,新幹線の駅が隣の西郷村にあった磐城西郷駅(駅名は新白河に変更)に作られてからは寂れる一方です。
 白河駅の1日平均乗車人員は686人(2009年)で,人口6万5千人の玄関駅とは思えないほどになってしまいました。駅前や中心の商店街に,かつての賑わいは見る影もありません。

 そういう状況を高岡市のお役人が知らないはずはないので,何か秘策があるのではないかと希望的に思っているんですが,正直なところ非常に心配です。

 北陸本線が第3セクターになったあとも,北越急行の「はくたか」が走らせられるように,第3セクターは全力で取り組むべきだと思ってます。
 実際,長野経由の北陸新幹線「こだま」タイプ列車の所要時間と,「はくたか」経由で上越新幹線に乗り換えたときの所要時間はほとんど同じと発表されてますので,第3セクターが生き残るためにも,競争できるところは積極的に運営してほしいです。

投稿: 三日画師 | 2010年8月27日 17時55分

素人考えですが、新高岡駅は岐阜羽島駅や新岩国駅のようになるのではないでしょうか。
岐阜や岩国の方が名古屋や広島から新幹線に乗るように、高岡駅の利用者は「こだま」クラスしか止まらない新高岡駅に行くために城端線に乗るよりも、平行在来線で富山駅に行き、そこから新幹線の速達列車に乗った方が便利なのでは。

投稿: | 2010年10月 4日 00時49分

 富山駅のほうが停車する新幹線の本数がずっと多ければ,おっしゃるような状況になる可能性もありますね。

 現高岡駅に集まるバスや路面電車や氷見線のディーゼルカーが,高岡駅と新高岡駅の両方に停まるようになれば,富山駅への流出は少しは抑えられそうですが(バスはそういう経路になるかも),万葉線の路面電車と氷見線が乗り入れるのは,やっぱり難しそうですね。

 高岡市には,もう少し積極的に働きかけをしてほしいと思っています。

投稿: 三日画師 | 2010年10月 4日 00時58分

少々、取り上げるのが遅れました。

海老蔵事件の影に隠れてしまってますが、こんなニュースが静かに波紋を広げてますね。
http://ceron.jp/url/www.47news.jp/CN/201012/CN2010120101000907.html

結局、こういう事かよ…というオチでは、あんまりだ。

投稿: もりあき | 2010年12月10日 23時51分

 JR西日本は,大糸線や氷見線は並行在来線ではないので,第三セクター化対象ではないと言い続けてきましたが,結局こういう「オチ」では納得できないですね。これが,自治体に上下分離などを求めるきっかけになるんでしょうか。

 JR東海が,自治体による治山事業・水路整備工事を前提に名松線の復旧を目指す方向が見えてきたのとは,対照的なニュースになってしまいました。

投稿: 三日画師 | 2010年12月11日 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高岡駅の氷見線ホーム移設:

« やっと発表! 最速「みずほ」3時間47分 大阪−鹿児島直通 | トップページ | キハ58・65系,日田彦山線でラストラン? »