« 九州新幹線「さくら」車両基地で公開! | トップページ | 「くりはら田園鉄道」解散式&動態保存は継続 »

2010年8月22日

引退一年 名鉄7000系パノラマカーに再会するツアー

 名鉄がパノラマカー再会ツアー 引退1年記念、限定発売(2010年8月20日 朝日新聞)

 名古屋鉄道は、同社を象徴する車両だった「7000系パノラマカー」が引退して1年になるのを記念して、同車両が保存されている舞木検査場(岡崎市)の見学ツアーを企画している。28日に170人限定。名鉄全線1日乗り放題切符とセットになった乗車券(大人3500円、子ども1750円)を21日から発売する。

 名鉄のシンボル的存在だった7000系パノラマカーが引退してもう一年。見学ツアーということは,7000系パノラマカーは動かず,完全に静態保存になっていることを意味するようだ。

 名鉄は,「いもむし」とか「流線」と呼ばれた3400系の晩年を,広見線などで動態保存的に走らせていた歴史があるので,7000系もそのような扱いをするのかと思っていたが,現在の名鉄にそこまでの財政的余裕はないのかもしれない。
 経営的に厳しいローカル線区を多く持つ名鉄にとって,ローカル区間で最低限の運行本数を確保することや,本線でのJR東海との乗客争奪戦のほうが,博物館的業務よりも優先されるのは残念ながら仕方がない。

 今後,日本の経済状況が良くなり,名鉄の経営にも余裕ができ,7000系が復活運転する……日は来るのだろうか。

引退一年 名鉄7000系パノラマカー
 阿久比駅近くの築堤を走る名鉄河和線の7000系パノラマカー(2003年11月)

引退一年 名鉄7000系パノラマカー
 パノラマカーの運転席は2階にあり,乗務員は車体の外側に設けられた階段を使って運転席に乗り込む(2003年2月 神宮前駅)

|

« 九州新幹線「さくら」車両基地で公開! | トップページ | 「くりはら田園鉄道」解散式&動態保存は継続 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引退一年 名鉄7000系パノラマカーに再会するツアー:

« 九州新幹線「さくら」車両基地で公開! | トップページ | 「くりはら田園鉄道」解散式&動態保存は継続 »