« 交通手段の自発的転換を促すモビリティ・マネジメント 富山 | トップページ | 高岡駅の氷見線ホーム移設 »

2010年8月24日

やっと発表! 最速「みずほ」3時間47分 大阪−鹿児島直通

 最速「みずほ」で3時間47分 大阪—鹿児島直通新幹線(2010年8月24日 朝日新聞)

 九州新幹線鹿児島ルートが来年3月12日に博多—鹿児島中央間で全線開業するのに合わせ、JR西日本と九州が直通運転を始める。「みずほ」は1961〜94年に東京—熊本・長崎を走った寝台特急(ブルートレイン)の名。新大阪—鹿児島中央を1日数往復し、停車駅は新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本の見通し。最高時速は山陽区間で300キロ、九州区間で260キロ。同区間を約4時間かかる「さくら」より10分程度短縮される。

(リンク切れ)

 山陽新幹線に乗り入れる「さくら」の停車駅や運賃が,開業を目前にしても決まらない(「おらほの駅さも停めてけろ」的な話が多くて)とか,やや不安なニュースが多かった九州新幹線に,サプライズだ。
 鉄道ファンの方などには,既知のニュースだったかもしれない。しかし,たぶん公式的には「さくら」と「つばめ」が走ることしか公表されてなかったので,速達タイプの列車が「みずほ」だというのはサプライズと言っても良いんじゃないかと思う。「さくら」は公募で決めた愛称だったはずで,相変わらず“公募”ってのは軽く見られてるんだな,という印象もある。

「みずほ」の博多−鹿児島中央間の停車駅は熊本のみで,新大阪−鹿児島中央間の所要時間は3時間47分と,4時間を切ってきた。航空機との顧客争いを重視したいとしていた,JR西日本の要望に近いところで決着したことになるだろう。

 記事によると,大阪−鹿児島間を航空機で移動すると,空港へのアクセス時間も含めて3時間15分。「みずほ」の所要時間3時間47分は,なんとか勝負できるレベルになったと思う。あとは料金設定がどうなるかが問題かな。

 イメージとしては「みずほ=のぞみ」「さくら=ひかり」「つばめ=こだま」なんだろうけど,山陽新幹線内はたくさんの愛称の列車が入り交じって,混乱したりしないだろうか。

|

« 交通手段の自発的転換を促すモビリティ・マネジメント 富山 | トップページ | 高岡駅の氷見線ホーム移設 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ついに『みずほ』も復活ですか…。

博多駅新幹線ホームの列車案内板は、開業後はさぞや賑やかな事になるんでしょうが、仰る通り、乗客の混乱も予想されますね。

いっそ、山陽区間の『ひかり』『こだま』名称も廃止し、各停タイプや速達タイプに山陽区間伝統の列車名『へいわ』『はと』『しおじ』等を充当してみた方が良いのでは?と思ってしまいますよ。

投稿: もりあき | 2010年8月24日 20時42分

 まさか「みずほ」が復活するとは思いませんでした。東北新幹線に「はやぶさ」を取られちゃって,混乱したんでしょうか。

 冗談抜きに,「はと」「へいわ」のほうが良いんじゃないかという気がします。「みずほ」「さくら」は寝台特急のイメージが強いですから。まぁ,「はやぶさ」も寝台特急じゃねぇか言われれば,そうなんですけどね。

投稿: 三日画師 | 2010年8月24日 22時54分

博多~新八代間開業時の九州新幹線ダイヤ、当初は『ひかりレールスター』をそのまま『さくら』に振り替え、現行『ひかりレールスター』のスジに修正を加えつつ、博多から鹿児島中央まで延長…くらいに単純に考えていたのですが、何だかよく分からなくなって来ました。

新大阪~博多間で『のぞみ』『みずほ』『さくら』同士の追い抜きが無い状態とすると、『みずほ』と『さくら』の九州新幹線内での『つばめ』(これは各駅停車という前提)との緩急接続は、どうなるのか?九州内で『さくら』が『みずほ』を退避するのか?など、謎が深まるばかりです。

早朝・深夜などに岡山・広島~熊本・鹿児島中央間などの区間列車も出現するかもしれません。これらの名称も『さくら』なんでしょうかね?

以下、妄想ですが、

『のぞみ』⇒大阪以東~博多までの速達タイプ。
『みずほ』⇒大阪~熊本・鹿児島直通の速達タイプ。
『さくら』⇒大阪以西~熊本・鹿児島直通で準速達タイプ。
『つばめ』⇒博多以南~鹿児島の各駅停車タイプ。
『は と』⇒大阪~博多までの準速達タイプ。
『しおじ』⇒大阪以西~博多までの各駅停車タイプ。
『ひびき』⇒広島以西~博多までの各駅停車タイプ。

こんな名称だったら、誤乗もある程度防げるかもしれません。沿線の地名由来で引っ張ってみた『ひびき』は、昔、東海道を走ってた“遜色特急”からの大抜擢なんですがね(笑)。

投稿: もりあき | 2010年8月25日 05時45分

「ひびき」はWeb検索しないと,どんな列車だったのか思い出せませんでした(笑)

 問題は,「さくら」「はと(?)」の準速達タイプ列車の停車駅ですよね。九州新幹線内には妙に駅が多いので,各駅停車タイプは東海道・山陽新幹線以上に敬遠されそうな予感がします(私は基本的に各停停車に好んで乗りますが,博多から熊本までの停車駅数を見るとびっくりします)。
 この準速達タイプの「さくら」の停車パターンがどのようになるかで,列車ダイヤのわかりやすさが大きく変わってきそうです。スジ屋さんの腕の見せどころですね。

投稿: 三日画師 | 2010年8月25日 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと発表! 最速「みずほ」3時間47分 大阪−鹿児島直通:

« 交通手段の自発的転換を促すモビリティ・マネジメント 富山 | トップページ | 高岡駅の氷見線ホーム移設 »