« 草軽電鉄デキ12形電気機関車の木製実物大模型 | トップページ | 富士フイルムが位相差AFを可能にした FinePix F300EXR 発表 »

2010年7月22日

長野電鉄屋代線で実証実験

 長野市のサイトに,総合連携計画に基づく平成22年度事業ということで,「長野電鉄屋代線総合連携計画」の実証実験が行われている。実証実験は7月1日から始まっているので,現在その真っ最中ということになる。

080812115120
 長野電鉄屋代駅のホームに須坂からの電車が入ってきたところ。元営団地下鉄日比谷線の車両が使われている。[2008年8月撮影]

 長野電鉄屋代線(旧線路名河東線)は,昭和40年度の330万人の旅客数をピークに,平成21年度には,その約14%となる45万人まで旅客数が落ちこみ,年間約1億七千万円の赤字を出しているそうだ。累積赤字は50億円。これはも一企業のの努力ではどうにもならないところまで来てしまっていると思う。

 そこで,7月は屋代線の電車の本数を増便,日中の9時から15時台に始発駅を発車する列車には自転車を持ち込めるようにする(サイクルトレイン)という計画になっている。
 8月からはバスと連携する運用が組まれ,バスの本数は大幅に増便されるようだ。バスと鉄道の差があって,電車が40分前後で走っている区間を,バスは1時間以上かかるようだが,運転本数の増加は利便性の向上につながり,新たな需要を生む可能性がある。

 どれだけ電車やバスに利用者を取り戻すことができるか,楽しみな実験ではある。ただ,ひねくれた心でこの計画を受け止めると,なんとなく屋代線の廃止に向けての足固めのような気がしなくもない。

 長野電鉄の電車をしなの鉄道上田駅までの乗り入れとか(設備上無理?),何か思いきった案(飛び道具)があっても良かったのかな,という気もする。
 あっ,完全に部外者の勝手な意見になってるね。とにかく,どういう結果が出るのか,今から楽しみだ。

|

« 草軽電鉄デキ12形電気機関車の木製実物大模型 | トップページ | 富士フイルムが位相差AFを可能にした FinePix F300EXR 発表 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

>長野電鉄の電車をしなの鉄道上田駅までの乗り入れとか(設備上無理?)

かつて、急行「志賀」とかの運用で、屋代から須坂経由湯田中・木島まで乗り入れしてた時代も有りましたので、不可能という事は無いと思いますよ。

投稿: もりあき | 2010年7月22日 08時37分

 急行「志賀」がディーゼルだったような気もして,印象が曖昧でした。
 しなの鉄道に乗り入れられるなら,しなの鉄道の線路は1時間に1本程度の余裕はありそうなので,松代から上田への新幹線アクセス需要は見込めそうな気がします。

投稿: 三日画師 | 2010年7月22日 09時05分

急行「志賀」は、もしかするとディーゼルカーの時代も有ったかもしれませんが、私の知っている限りでは、急行「信州」などに併結された169系の電車急行(3両)でしたね。信州方面への急行は、どの列車も高崎線内辺りでは、非常に混雑していた印象が残っています。

須坂や小布施辺りからも、長野電鉄が屋代経由で上田まで乗り入れれば、通勤通学だけでなく、新幹線利用の需要も有るのではないかと思います。

でも、JR東日本とすれば、東京方面の利用者にはやはり長野から乗車して貰いたいんでしょうね。今まで直通が検討されてこなかったのは、その辺の「大人の事情」も存在するのかも。

長野電鉄としなの鉄道との間で調整が手間取る様なら、いっそ、しなの鉄道に屋代~須坂間を運営移管する、という手も有ったりして。愛称は上田~須坂で『真田六文銭ライン』かな?

投稿: もりあき | 2010年7月22日 10時31分

 急行「志賀」で探すと,電車急行の写真がいっぱい見つかるので,ディーゼルがあったとしてもごく初期だけかもしれませんね。

 始発駅の長野から乗れるというのは,それなりのメリットなので,長野電鉄が上田まで乗り入れても,大きく客を奪うことはないとは思いますけど,ぜひともやってみてほしいです。

 今回の実証実験も,なんとなく長野電鉄が屋代線をやめてしまいたがっているように見えるので,とにかく有効に活用できるところは,頑張って調整してほしいです。

投稿: 三日画師 | 2010年7月23日 00時31分

何やっても無理ですよ!JALみたいになる前に打開策考えるべき!リストラもしかるべき手段だが無人駅が多すぎます。
駅周辺のシルバー人材でも雇用しておもてなしも一つの打開策ではないのか?トップリストラトップ給料カット存続するならこれしかない。

投稿: ピース | 2010年9月11日 11時42分

 長野電鉄の企業努力だけでは,どうにもならないところまで来ていると思います。

 手元に週刊東洋経済の臨時増刊「鉄道完全解明」というのがあって,2007年度の長野電鉄屋代線の営業係数が219.8と出ています。この数値は,大手の私鉄路線と比較すると,東武桐生線236.0,東急こどもの国線211.3,京浜急行逗子線221.4あたりと近い数値になっています。
 旅客数を比較すれば,屋代線が圧倒的に少ない値なので,電鉄会社の努力という意味では,長野電鉄は相当に頑張っているとも言えそうな状況です。

 まあ,今回の実証実験の結果がどうなるのかを見守りたいです。

投稿: 三日画師 | 2010年9月11日 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄屋代線で実証実験:

» 長野電鉄屋代線、バスを使って増発実験 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 長野電鉄は長野と湯田中を結ぶ長野線と、須坂と屋代とを結ぶ屋代線から成り立ってい [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 05時34分

« 草軽電鉄デキ12形電気機関車の木製実物大模型 | トップページ | 富士フイルムが位相差AFを可能にした FinePix F300EXR 発表 »