« 夏……窓全開の列車に乗るのは気持ちいい | トップページ | たま駅長の着ぐるみ完成……商魂たくましす »

2010年7月30日

激化する羽田空港アクセス競争

 浜松町—羽田国際線ビル最速13分 モノレール新ダイヤ(2010年7月29日 朝日新聞)

 東京モノレールは29日、羽田空港で新国際線旅客ターミナルビルが開業する10月21日から実施するダイヤを発表した。浜松町(東京都港区)からの所要時間は、出発と到着のロビーと直結する新駅の国際線ビル駅が最速13分。その先にある国内線の第1ビル、第2ビル両駅は現行ダイヤより1分増える。

081025153604

 エアポート快特の京急蒲田通過「蒲田飛ばし」がちょっとした騒動になった,今年5月の京急ダイヤ改正。新国際線旅客ターミナルビルの開業を気に,乗客獲得競争が激化しそうだ。

 現状では,浜松町止まりのモノレールよりも,品川~羽田空港 16分,横浜~羽田空港 25分の直通電車を走らせられる京急線がやや有利の感もあるが,JRグループの強みを生かした割引切符などで東京モノレールも対抗する。モノレールの新橋延伸にも期待したい。

|

« 夏……窓全開の列車に乗るのは気持ちいい | トップページ | たま駅長の着ぐるみ完成……商魂たくましす »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

浜松町も、六本木や麻布十番、都庁や練馬区方面、門前仲町や森下などの江東区内、及びメトロ東西線・都営新宿線沿線方面からの乗り継ぎは便利なんですけどね。JRとに比べて他線との乗り換えは正直めんどくさい所はありますが…。外国人に人気の観光地である築地市場や東京タワー、増上寺も近いし、意外にポテンシャルの高い駅ですよ。

投稿: もりあき | 2010年7月31日 10時24分

 大江戸線ができたときに,大門駅が浜松町駅に至近だってことを知りました。使い慣れている人じゃないとわかりにくい便利さかもしれませんね。

投稿: 三日画師 | 2010年7月31日 22時48分

モノレールvs京急の空港アクセス競争、この勝負の趨勢に影響を与えそうなのが、数年後に迫った『東北縦貫線』の開業です。

首都圏各地から、都心へ多くの中・遠距離通勤客を運ぶ輸送の主体となっているのが、JR東日本の通称“中電”各線ですが、そのうちの東海道、東北、高崎、常磐、総武・横須賀の各線が、新橋~品川間で重複する事になります(総武・横須賀は地下線)。

羽田空港利用者に占めるビジネスマンの比率を考えると、新幹線も重要ですが、この“中電”沿線に住む通勤族をいかに取り込めるか?が、アクセス競争の行く末を左右する重要なポイントになりそうです。

こう考えると、JR東日本サイドから見れば、縦貫線開業時に東京モノレールを一気に新橋へ延伸してしまえば良さそうに思えます。しかし、どういう訳か、いまだに動きらしい動きが一切報じられておりません。

これには、東北縦貫線の開業後、東北・高崎・常磐線方面から乗り入れる列車の折り返し・滞泊等のベースが、主として品川駅になりそうな事情が影響しているのかもしれませんね。品川駅は、ライバル・京急の一大ターミナルな訳ですから。投資は縦貫線供用開始後の影響を見極めてから…という慎重姿勢も有るのかもしれません。

まさか、東北・高崎・常磐線方面からの乗り入れ列車の営業を新橋で打ち切り、新橋~品川は「回送」扱い、といったイケズな荒業は用いないと思うのですが…。

投稿: もりあき | 2010年8月 1日 06時53分

 東北縦貫線の開通まで,あと数年ですか……(昔は東北本線の一部列車が東京駅に乗り入れていたので,復活?)。もうすぐですね。

 東北本線の中電が東京駅に乗り入れるようになった場合,確かに品川折り返しが妥当な感じですが,おっしゃる通り品川はライバル京急のターミナルなので,中電が品川止まりではなくて横浜方面まで直通した場合でも,ライバル京急に有利な延伸になっちゃいますね。
 JR&東京モノレールには,悩ましい状況ですね。

投稿: 三日画師 | 2010年8月 1日 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激化する羽田空港アクセス競争:

« 夏……窓全開の列車に乗るのは気持ちいい | トップページ | たま駅長の着ぐるみ完成……商魂たくましす »