« 地方都市の市街地崩壊が止まらない | トップページ | 激化する羽田空港アクセス競争 »

2010年7月30日

夏……窓全開の列車に乗るのは気持ちいい

 新幹線から即、わ鉄トロッコへ 乗り換え便利、日帰り旅(2010年7月29日 朝日新聞)

 JR東日本高崎支社とわたらせ渓谷鉄道は、東京駅を新幹線で出発し、高崎駅で乗り換えたトロッコ列車がそのまま、わたらせ渓谷鉄道に乗り入れる日帰り旅行を企画した。8月28、29の両日、それぞれ2コースで、定員は1日132人。

100505152825

 わ鉄って書かれてもわかんねーよ……というのは置いといて,これは面白い企画だと思った。大間々までバスで移動してトロッコ列車に乗るよりも,楽ちんだと思う。
 トロッコ列車が,上越線や両毛線上を長距離走ることになるけど,今年の夏の暑さだったら大丈夫だろう。

 とにかく,夏の暑い時期に,窓全開の列車に乗ってカラダ全体に風を受けるのは最高に気持ちが良いのだ。わたらせ渓谷鉄道のように車窓が綺麗なところならなおさらである。

|

« 地方都市の市街地崩壊が止まらない | トップページ | 激化する羽田空港アクセス競争 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏……窓全開の列車に乗るのは気持ちいい:

« 地方都市の市街地崩壊が止まらない | トップページ | 激化する羽田空港アクセス競争 »