« PENTAX K-7 にリバーサルフィルムが来た! | トップページ | 地方都市の市街地崩壊が止まらない »

2010年7月29日

大雨被害の美祢線がやばいかも

 美祢線の復旧「少なくとも1年」 JR西・広島支社長(2010年7月29日・朝日新聞)

 JR西日本広島支社の杉木孝行支社長は28日、大雨被害で不通となっている美祢線の復旧に「少なくとも1年はかかる」との見通しを明らかにした。6月に就任した杉木支社長は「広島支社の歴史を振り返っても、まれに見る被害」との認識を示した。

 7月14日からの西日本豪雨の影響により,全線が不通になっている美祢線。その被害は想像を超えたものになっているようだ。湯ノ峠−厚保間では長さ63mの第三厚狭川橋梁が流出したほか,237mにわたって盛り土が崩れている。また,四郎ケ原−南大嶺間でも約20mにわたって盛り土が崩れているらしい。
 第三厚狭川橋梁の近くには道路が通っておらず,工事の車両が入れない状態だそうだ。

 また,美祢線の沿線では代行バスが運行(列車の本数と同レベルの1日約10往復を確保)されているが,周辺の道路にも被害が出ている場所があり,代行バスも湯ノ峠など4駅は経由できない。

 朝日新聞の記事にはないが,杉木JR西日本広島支社長は「部分的な運行も難しい」としているそうだ。これは大変な事態であると認識せざるを得ない。

 1995年の7月の水害で未曾有の被害を受けた大糸線が,2年あまりの大復旧工事の末に1997年11月に復活したような経過をたどるのか,2009年10月に台風18号による被害甚大で,復旧できずに廃線となってしまった名松線の家城−伊勢奥津間のような経過をたどるのか,見守っていきたい。


大きな地図で見る
 【地図は美祢市にある宇部興産伊佐セメント工場】
 宇部市までの「宇部興産専用道路」のすごさは一瞥の価値有り。

 美祢線は,美祢駅の東方にある大嶺鉱山からの石炭輸送や宇部興産伊佐セメント工場からのセメント輸送で多くの貨物列車が運行されていた路線である。大嶺鉱山の閉山により石炭輸送は無くなったが,宇部港駅への石灰石輸送は残っていた。
 しかし,それも「宇部興産専用道路(これはすごい!)」という,30km近い長さの,宇部市から美祢市に至る宇部興産の専用私道を宇部興産が作ったことで,美祢市の伊佐セメント工場と宇部市の宇部興産宇部セメント工場の間を往復する半製品は専用のトレーラーで運搬されている(全線私道を走るため,ナンバープレートのない専用トレーラーが走るさまはスゴらしい)。

 というわけで,現在の美祢線には,美祢駅と山陰本線岡見駅の間に,タキ1100形で編成された専用貨物列車が1日1往復運転されているだけになっている。

 貨物輸送以外では,沿線最大の都市美祢市の代表駅である美祢駅乗車人員は,2007年で427人/日(降車客含まず)と,あまり利用が活発ではない状況になっている。周辺には秋吉台のカルスト台地や秋芳洞があるものの,美祢線が活用されているとは言い難い。
 美祢駅以外の利用客数は,ここに書くのをはばかれるほど少ない。あまりに少なくて,名前が特定できてしまえるレベルの駅も多い。

 またもやJR西日本に襲いかかった厄介な問題。どういうふうに解決していくのか,お手並み拝見というところか。同じ事態は,将来JR東日本・JR東海に起こらないという保証はないのだから。

|

« PENTAX K-7 にリバーサルフィルムが来た! | トップページ | 地方都市の市街地崩壊が止まらない »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

美祢線は赤字路線なのにこんなことが起きてしまいました。このままなくなってしまうかもしれませんね・・・。

投稿: 急行 砂丘 | 2010年7月30日 20時03分

 美祢線には貨物列車も走っているし,一度乗ってみたいと思いつつ,いまだに果たせていません。
 この件で,美祢線の各駅の乗降客数などを調べてみて,こんなに利用客数の少ない路線だとは思っていませんでした。本当に今後が心配です。

投稿: 三日画師 | 2010年7月30日 23時30分

こんにちは、クリス_NKです。

いやはや、今美祢線のデータを調べてみたんですが、幹線の割に利用者数が少ないですね。幹線なのは宇部興産の貨物列車があるからというのもあるんでしょうけど、それも今では宇部興産専用道路を30kmも作っちゃわれてしまいましたし。代替輸送の有無しだいではやはりバス転換ということもありえそうですが、県境を越える路線ですから大糸線のように復興する可能性もありますし。

それよりも心配なのがこれですね。
http://www.asahi.com/national/update/0731/TKY201007310122.html
岩泉線もキハ110系に置き換えられちゃったんですね。そこでこれですからなかなか難しいものがあります。こちらの方が心配ですね。ただ道路の面からバス転換を逃れている路線だということもありますし、どうなるか見守りたいと思います。

投稿: クリス_NK | 2010年7月31日 16時47分

 美祢線の利用者数の少なさと,宇部興産の約30kmの専用道路にはビックリですよね。いや,地図を見ただけでは,にわかに信じられない代物です。そんなものが,この狭い日本にあっていいのかという印象です(笑)。

 岩泉線の事故は,乗客の方の証言にもあるように,運が悪かったら列車は崖の下に真っ逆さまでしたね。落石シェルターが無かったらと思うと恐ろしいです。

投稿: 三日画師 | 2010年7月31日 23時04分

美祢市在住です。美祢線の被害もひどい様子で現場は見ていませんが美祢市のHPで一部拝見しました。私も高校生の時は美祢線を利用して通学していましたが(30年前)当時も乗降客は少なかったように記憶しています。当時2校公立高校も合併し、来年は旧美祢郡にあった高校と再合併し合計3校の合併となります。過疎化の進む市ですので、こればかりは仕方ありません。美祢線は既に全駅無人駅だと思います。(美祢駅だけ時間によっては駅員さんがいらっしゃみたいですが)貨物がメインだった路線だけに乗降客の減少に伴い無人駅化もやむ終えないでしょう。
子供の頃は石灰を運搬する貨車をよく数えたものです。
災害で普通になるまではワンマンで運行されていました。公共交通機関ですのでなんとか復旧してもらいたいものです。
宇部興産専用道路を走るトレーラーは、定かではありませんが40tだったと思います。2連、3連も通行しています。単体で見るとそうでもありませんが、ダンプと並走しているときは車両の大きさが比較できますので迫力はあります。
これとは別に石灰石の運搬にベルトコンベアーも利用されています。美祢市秋芳町(旧美祢郡)から長門市仙崎までベルトコンベアーで運ばれています。その後海上輸送で(船で運搬)されている様子です。

投稿: | 2010年8月 2日 09時34分

 私が生まれ育った福島県の三春町を通る磐越東線(高校の時に通学にも使いました)も,20年ぐらい前まではセメントを運ぶ貨物列車が中心の路線でしたので,美祢線には親近感を憶えます。長い貨物列車の貨車の数,やっぱり数えました。懐かしいです。10年前に,1本だけ残っていた貨物列車もなくなってしまいました。
 石灰岩が採れる山があって,カルスト台地や鍾乳洞があるところも似てるんですよ(規模がはるかに小さいですが)。

 瀬戸内と日本海側を結ぶ路線ですし,なんとか復旧してほしいですね。

 宇部興産専用道路を走るトレーラーはすごそうですね。一度見てみたいものです。

投稿: 三日画師 | 2010年8月 2日 20時31分

この会見で支社長は、「元の形で復旧するかどうかということも含めて山口県と協議しなければならない。1年というのは絶対でそれ以上だ。何年というのはなかなか申し上げづらい段階」と発言しています。

解釈は人それぞれでしょうが…
「山口県が復旧費用を負担しないなら、廃止するよ」という意味に、僕は解釈しました。


鉄道技師をしている親友の勤務先がこの件にかかわっています。
「復旧というより、新規建設と言った方がいい」という状況だそうです。


ちなみに、宇部興産専用道路ですが…
私道とされているものの、認定制度にからくりがあり、『一企業が独占使用している県道』と言った方が正確だと思います。

投稿: 通りすがり | 2010年8月 3日 13時53分

 鉄橋の架け替えなどは,大糸線のときと同じように,ほとんど線路を付け替えるような,大工事になってしまいそうだということですね。
 地元が欲しくないなら,費用負担しないなら,JR西日本としても廃止せざるを得ないという考えだというのは,たぶん私もその通りだと思います。
 山口県および沿線自治体がどれだけ美祢線を必要としているのか,それにどれだけのお金を出すことができるのか,それが問われているのだと思います。

 調べれば調べるほど,宇部興産専用道路が気になって,資料を集めています。

投稿: 三日画師 | 2010年8月 4日 01時09分

今回の美祢線の被害はそれほど大きくないでしょう。2004年の福井豪雨でズタズタになった越美北線のほうが数倍酷かったです。あちらは、国や県がカネを出して復旧したようですが、今回はどうなることやら…。また税金で復旧させることになるんですかねぇ。

投稿: 牡丹鍋 | 2010年8月15日 20時37分

書き忘れましたが、宇部興産道路については下のサイトがオススメです。(頭にhを付けて下さい。)
ttp://www.tunnelweb.jp/kikaku/kosan/kosan-road1.html
「えっ、ここが日本?」と思うような光景です。

投稿: 牡丹鍋 | 2010年8月15日 20時41分

 そうですね,越美北線は橋がたくさん流されて酷かったのを,数年掛けて復旧しましたね。ただ,越美北線の復旧を決断した後に,福知山線の事故が起こったりして,JR西日本の状況が大きく変わっているような気もします。

 お薦めのWebサイト見てみました。宇部興産道路は想像以上にすごいですね。ボンネット運転台(一部ですが)のダブルストレーラのようなものが,日本の道路を突っ走っていたんですね。一般道を通過する「踏切」だけでも,見てみたいものです。

 それから,興産大橋のトラス橋もすばらしいです。ちょっと鳥肌が立つほどですね。

投稿: 三日画師 | 2010年8月15日 23時15分

名松線はまだ廃止になっていませんよ!!!
平成28年復旧予定です。

投稿: | 2011年5月15日 11時03分

一度名松線廃止が発表されたことを知らないの?
このブログにそのことが書いてあるじゃん。
廃止が取り消される前のブログ記事に「名松線はまだ廃止になっていませんよ」なんて書いても意味ないじゃん。

「台風18号で被災したJR名松線末端区間が廃止へ」2009年10月31日
https://mikkagashi.cocolog-nifty.com/kasukadari/2009/10/jr-714c.html
「JR東海が名松線復旧の可能性について言及」2010年11月25日
https://mikkagashi.cocolog-nifty.com/kasukadari/2010/11/jr-a5f5.html

管理人さん、元気にしてますか?
新しい記事待ってまーす。

投稿: 通りすがりの男 | 2011年5月15日 11時36分

 通りすがりの男さん,ご心配いただき,ありがとうございます。
 ブログの更新が滞ってて,申し訳ありません。

投稿: 三日画師 | 2011年5月16日 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雨被害の美祢線がやばいかも:

» [Opinion]気掛かりな美祢線の今後 [【検証:】管理者彷徨録&ときたまなぐりがき]
昨年7月の防府豪雨災害の記憶がまだ残る山口県を、今年も豪雨が襲いました。山陽小野田市を中心に1500棟以上の家屋に浸水被害が出るなど大きな爪痕を残していますが、一方で全国で2桁に上ってしまった人的被害は死者ゼロだけでなく負傷者も確認されていない(07/22現在総務省消防庁発表資料)のには、昨年の経験が活かされた面もあると評価すべきかと。 県内JR線は07/13以降、山陽新幹線を含め一時麻痺状態に陥りましたが、07/17までに順次運転を再開しています−その中、未だ復旧していないのが美祢線。JR-... [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 06時44分

« PENTAX K-7 にリバーサルフィルムが来た! | トップページ | 地方都市の市街地崩壊が止まらない »