« 山陽新幹線の100系が,引退を前に国鉄塗装に変身 | トップページ | SONY Cyber-shot DSC-HX5V について愚痴りたい »

2010年7月 8日

名古屋「あおなみ線」運営の第三セクター破綻

 名古屋「あおなみ線」運営の三セク破綻、営業は続行(2010年7月6日朝日新聞)

 赤字経営が続くあおなみ線(名古屋—金城ふ頭間約15キロ)を運営する第三セクター・名古屋臨海高速鉄道(斎藤圭三社長)は5日、私的整理の一つ「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」を使って再建を目指すと発表した。事実上の経営破綻(はたん)だが、営業を続けながら再建を進め、2013年度の黒字化を目指すという。

近鉄米野駅の近くを走る「あおなみ線」の電車
 近鉄米野駅の近くを走る「あおなみ線」の電車(2009年9月)

 西名古屋港線,通称「あおなみ線」を運営する第三セクター,名古屋臨海高速鉄道(出資者:名古屋市 56.5%,愛知県 11.4%,JR東海 10.0%……)が経営破綻だそうだ。

 「あおなみ線」沿線はこんな感じ。

大きな地図で見る

 開業して15年で廃止という大失敗に終わった桃花台新交通「ピーチライナー」のように,まっさらのところに新鮮な新線を作ったわけじゃなく,基本的には既存の貨物線を旅客化した路線なので,開業時から膨大な建設費の負債を抱えていたということはないはず(駅の写真などをみると,無駄に金を掛けた感じはある)。
 また,沿線にはびっしりと住宅や工場が建ち並んでいるばかりか,名古屋競馬場,イオン名古屋みなとベイシティ,TOHOシネマズ名古屋ベイシティ,カインズモール名古屋みなと,名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや),大洋薬品オーシャンアリーナ……のような集客力のありそうな施設が駅の最寄りに存在している。

 このように恵まれた環境で,鉄道経営が立ち行かなくなることが信じられない。需要予測を大幅に下回ったというが,各駅の利用客数を調べると「大幅に下回った」という言葉の予測を大幅に下回る数の利用者しかいないのだ。名古屋は車中心の社会だから,という理由だけでは説明が付かないレベルだ。

 あおなみ線各駅の利用客数は,次のように惨憺たる結果だ。

あおなみ線(朝夕10分間隔,日中15分間隔)
・ささしまライブ 468人/日
・小本 863人/日
・荒子 1,428人/日
・南荒子 891人/日
・中島 2,165人/日
・名古屋競馬場前 2,618人/日
・荒子川公園 2,598人/日
・稲永 1,963人/日
野跡 714人/日
・金城ふ頭 1,140人/日

 驚くほど少ない。このような人口が密集した都市部で,1日に1000人以下というのが信じられない。
 列車の本数が同じ程度の相模線はどうだろうかと思って,調べてみた。

相模線(約15分間隔)
・北茅ヶ崎 2,709人/日
・香川 4,754人/日
・寒川 6,880人/日
・宮山 2,098人/日
・倉見 1,823人/日
・門沢橋 1,845人/日
・社家 1,599人/日
・厚木 6,371人/日
・海老名 9,315人/日
・入谷 (無人駅)
相武台下 1,255人/日
下溝 1,001人/日
・原当麻 4,141人/日
・番田 2,990人/日
・上溝 5,728人/日
・南橋本 5,443人/日

 相模線に申し訳ないことをした。相模線なら1日に1000人以下の駅があって,あおなみ線の様子がわかるだろうと思ったが,比較にならなかった。下溝駅相武台下駅の利用者がこんなに多いとは思わなかった。それほどあおなみ線の利用客は少ない。相模線の施設と比較すると,あおなみ線の駅が立派なだけに,利用客の少なさが際立つ。

 まさかと思って,故郷のローカル線,磐越東線の利用客数も調べてみた。2両・3両編成のディーゼルカーが1〜2時間に1本しか走っていない路線である。1日に1000人以下の利用者しかいない駅が,いかに寂しい駅であるかがわかる。

 あおなみ線……廃止になるようなことは無いと思うが,なんだかヤバイ感じだ。

磐越東線(1〜2時間間隔・1日14往復程度)
・舞木 (無人駅)
・三春 1,079人/日
・要田 (無人駅)
・船引 1,053人/日
・磐城常葉 293人/日
・大越 272人/日
・菅谷 102人/日
・神俣 202人/日
・小野新町 487人/日

以下は7月9日に緊急追加。
 事情をよく知らずに書いていた。恥ずかしい。
 あおなみ線の高架線は,東海道本線の貨物支線をほとんどそのまま転用したものと思っていたが,元の貨物支線は単線・非電化だったようだ。東海道新幹線の車窓から見えていた未完成の南方貨物線(あおなみ線となった貨物支線につながっていた)の残骸のイメージが強くて,てっきり複線・高架の部分を流用したものだと思い込んでいた。
 土地だけを流用して,あんなに立派な高架線や駅を,旅客需要のないところに造ったら破綻するがね。

 南方貨物線がみかん星人に襲われた……もとい,未完成に終わったことで,名古屋の西からの東京方面行きの貨物列車は,名古屋駅を通過してあおなみ線中島駅横に広がる貨物ターミナルに入り,荷物を積み卸しした後で,機関車を付け替え,また名古屋駅を通過して稲沢駅まで戻り,ここでまたまた機関車を付け替えて,またまたまた名古屋駅を通過して,晴れて東京に向かうのである。ふぅっ(笑)

・南方貨物線は8割方とか9割方出来上がっていたはずだが,これをちゃんと造らなかったのはなぜなんだろう。
・需要の予測が現実的なものであれば,西臨港貨物線の線路をほとんどそっくりそのまま使う方法(単線でディーゼルカーの,神奈川のちょっと前の相模線相当)も考えられたかと思うのだが,なぜ大がかりな工事が必要な計画になってしまったのだろうか。

|

« 山陽新幹線の100系が,引退を前に国鉄塗装に変身 | トップページ | SONY Cyber-shot DSC-HX5V について愚痴りたい »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

>名古屋競馬場,イオン名古屋みなとベイシティ,TOHOシネマズ名古屋ベイシティ,カインズモール名古屋みなと,名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや),大洋薬品オーシャンアリーナ……のような集客力のありそうな施設が駅の最寄りに存在している。


ご指摘の施設群を添付の航空写真で拝見しましたが、どこも結構な規模の駐車場を併設しているようですね。

我々の様な東京近郊在住者からしてみると、名古屋の車社会というものが、想像以上にディープなものになっている、という事も有るとは思います。

それを別にしても、鉄道というモノの建設が実は莫大な負担を伴う“設備投資”であって、決してただこさえればいい、というモノではない事がよく分かる事例ですね。

路線計画時には、出来る限りきめの細かい需要予測を立てる事。開業の前には、沿線住民や企業に対して、通勤や通学だけに止まらず、行楽や商用の移動、通院、買物といった日常の様々な行動に対応した旅客誘導施策を徹底して行っておく事。その上で、将来の需要増加を誘引する為に(絶妙なレベルで)利用者が低コストと感じられる運賃を設定する事…。もはやこの位の事は、当たり前の施策としてやっておかないといけないのかもしれません。

各地のLRT計画にせよ、整備新幹線やその平行在来線を引き継ぐ第3セクター鉄道にせよ、これから先に車の蔓延る地方に計画される鉄道の経営は、どこも茨の道なんでしょうね。

地方においても、都市部においても、個人レベルでの車の所有・利用に対して規制をかけるのは大変難しい事でしょうが、もはや、トータルな土地利用計画、商業施設の立地、官公庁や学校、または従業員規模の大きな工場・オフィスの立地、通勤・通学に関する車の利用、等々に関しては、より高いレベルで新しい法的な枠組みが必要になりつつある気がします。

投稿: もりあき | 2010年7月11日 06時12分

 名古屋の車社会,恐るべしです。実感しました。都市部においても,トータルな都市交通行政の元に路線を計画しないと失敗するということがわかりました。
 名古屋で新しい鉄道路線が生きて行くには,名古屋駅への乗り入れだけではダメで,栄への乗り換えをちゃんと考慮しなければならないということでしょうね。

 それにしても,いろいろな意味で名古屋は面白い街です。鉄道の路線図を見ると,たくさんの驚きがあります。
 利用者数は別にして,地下鉄は驚くほど張り巡らされているし(横浜に較べると雲泥の差です),ゆとりーとライン(ガイドウェイバス),リニモ(リニアモーターカー),廃線となったピーチライナー桃花台線(新交通システム),全線複線高架線に1両のディーゼルカーが走る城北線と,不思議な路線が色とりどり。名鉄名古屋駅の驚異的な運用にも驚きます。

 枇杷島止まりの城北線のディーゼルカーを,そのまま貨物線を走らせて,名古屋駅まで(折り返すのは面倒なので,あおなみ線にまで乗り入れちゃうとか)走らせたら……などと,いろいろ馬鹿なことを妄想してしまいました。

 とにかく,いろいろ考えさせられる経営破綻です。

投稿: 三日画師 | 2010年7月11日 19時13分

あおなみ線からかなり東側を、ほぼ並行するように名古屋都心へと走る名古屋市営地下鉄名港線は、日中10分毎の運転で全ての列車が金山駅から名城線栄駅・大曽根駅方面へ直通するそうです(朝・夜を除く)。

この路線の電車に乗りさえすれば、金山駅でJRの東海道・中央線と名鉄本線に乗り換えが可能であり、上前津(大須最寄り)、矢場町(松坂屋本店前)栄、久屋大通、市役所、平安通、大曽根といった都心の主要駅には、そのまま一本でアクセスが可能です。ドラゴンズの試合が有る日はナゴヤドーム前矢田駅まで臨時乗り入れするという事ですから、名古屋っ子(?)には利便性この上ない事でしょう。

あおなみ線の沿線地域からでも、ちょっと頑張ってバス・タクシーや自転車で(若しくは家族の運転する車で送ってもらって)名港線の駅に辿り着きさえすれば、後は都心の目的地まで(料金も変わる事無く)一本です。これでは、よっぽどの利用優遇措置をちらつかせて、あおなみ線への利用者誘導を図らなければ、黒字化はおろか経営基盤の持ち直しにも繋がらないでしょうね。

東京圏で最も新しい、つくばエクスプレス(TX)が成功を収める事が出来たのも、都心側のターミナル駅を北千住や上野、浅草ではなく、秋葉原駅に構える事が出来たのと、新規開設路線としては異例とも言われた低価格運賃体系(秋葉原⇔つくば全線乗っても1,150円)を採用した事、そして最高速度130km/hという高速運転で都心からつくば駅までを45分で結ぶ、という素晴らしいまでの速達性が評価されたからです。

あおなみ線の現状を整理すれば、一応、名古屋駅というターミナルには乗り入れるものの、名古屋の中心街には遠く、本数も少なく、各停ばかりで速達性にも乏しく、初乗り200円~全線350円と料金面でも魅力が乏しい、と言ったところでしょう。平たく言えば、沿線住民から見れば東海道新幹線に乗る時以外、別に用の無い路線になってしまっている可能性がある、ってところでしょうか。

もとより、TX程の高速運転は必要ないでしょうが、ターミナルとなる名古屋駅での乗り換え利便、特に市営地下鉄との乗り換えには、通路の整理・再構築や、大幅な乗り継ぎ割引などの施策が間違いなく必要になると思われます。こうした点を踏まえて、現状に抜本的な修正を加えなければならないでしょうね。

投稿: もりあき | 2010年7月11日 23時24分

私、あおなみ沿線に住む者です。あおなみ線は、地下鉄高畑駅も近いし、近鉄も平行してるし、ライバル多くて大変です。でも先日乗ったら座れませんですた。結構のってますが、朝夕のラッシュと日中があまり変わらない乗車率です。要するに区内移動のみで区外へ通勤する方が少ないです。でも結構速くて好きです。JR南紀と並走シーンにしびれます。

投稿: 沢庵和尚 | 2010年7月20日 22時51分

 沢庵和尚さん,コメントありがとうございます。

 ラッシュ時と日中で乗車率があまり変わらないとすると,ロングシートなのが恨めしいですね。
 個人的には,ラッシュ時や都心部の地下鉄はともかくとして,日中の鉄道は着席できるのが基本だと思ってますので,運転本数を減らして日中でも座れない事態が生じるのは残念です。

投稿: 三日画師 | 2010年7月21日 09時38分

今更ながらですが、昨年1月まで1年半、あおなみ線の沿線住民だったので所感を。

この路線の不振理由、自動車社会が原因と言うよりも、中川区・港区一帯の交通網がいまだ地下鉄の駅を拠点とした市バスによって賄われてるためという要素も強いと思います。
更に言えば、名古屋駅でのJR以外への乗換が非常に不便であること、それに名駅直結といっても太閤通側の端っこで、桜通側へはそれなりに歩かなければならない要素があることも要因でしょう。

私の旧宅の最寄り駅はあおなみ線で2番めに利用客が多い荒子川公園駅ですが、ここのイオンからは地下鉄名港線の築地口駅・港区役所駅まで無料バスが出ていました。
更に家の近く、中川運河沿いには幹名駅2号系統(名古屋~野跡)という市バスが1時間間隔とはいえ通っており、三重交通のバスまで30分間隔で名駅まで走っていました。
これらバスを使うと、時間はかかりますが名駅まで200円丁度で行けます。あおなみ線利用だと260円かかる上、家からは駅よりそれらバス停のほうが近かったため、急ぎでなければあおなみ線は使っていませんでした。

他の駅、中島・名古屋競馬場前・稲永・野跡などは駅下の大通をかなり頻繁に名港線の駅まで連絡する市バスが通ってます。上述の通り名古屋駅での乗換が不便であるため、名駅以外の場所が目的地であれば、これら駅付近の住民はあおなみ線でなく、地下鉄と市バスを乗り継ぐことを選んでいるのではないかと私は感じています。
更に北の荒子・小本駅に至っては、近くに地下鉄東山線や近鉄名古屋線も通ってますし……名古屋での乗り継ぎの手間を考えれば、わざわざそれまでの利用交通機関からあおなみ線に移ろうとする住民が少ないのではないでしょうか。

河村市長がテコ入れで蒸気機関車の運行に乗り出そうとしていますが、それより先に、この一帯の交通網を再構築してあおなみ線への転移が進みやすい状況を作るのが大事ではないかと思います。

投稿: 新刊 | 2013年3月 1日 20時15分

 あおなみ線の名古屋駅の位置があまりに微妙な位置にあって,名古屋駅での他社線への乗り換えが不便なのですね。
 そして,意外にも市バスが名古屋駅方面との交通として便利な存在だということも,ここで話を聞かなければわからないままになるところでした。
 また,市営地下鉄を使った場合には,金山や栄,久屋大通で他の地下鉄路線に乗り換えられ,他社線からの乗り換えよりはるかに簡単ですね。
 また,いろいろ見えていなかったことが見えてきた気がします。

投稿: 三日画師 | 2013年3月 4日 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋「あおなみ線」運営の第三セクター破綻:

« 山陽新幹線の100系が,引退を前に国鉄塗装に変身 | トップページ | SONY Cyber-shot DSC-HX5V について愚痴りたい »