« きしむ北陸新幹線・新潟編 | トップページ | 名古屋「あおなみ線」運営の第三セクター破綻 »

2010年7月 6日

山陽新幹線の100系が,引退を前に国鉄塗装に変身

 「100系」一部デビュー時の色に…山陽新幹線(2010年7月2日 読売新聞)

 2012年春の引退が決まった山陽新幹線の2代目車両「100系」の一部の車体について、JR西日本は、デビューした国鉄時代のデザインに塗り直して7月下旬から順次、運行する。

 現在の車体の色は、グレーに黄緑色のライン。これを白地に青いラインを引いたデザインに戻し、新大阪―博多間で再デビューする。

来春100系新幹線が引退
 小田原駅に停車する在りし日の100系新幹線[2003年2月撮影]

 初代新幹線の0系に較べると,鼻筋がすーっと伸びて,ヘッドライトの目も流し目風で,それなりに人気があった車両だと思ったが,いつの間にか地味な存在に……。
 国鉄時代のデザインに戻して走行するのは山陽新幹線だが,これもまた結構人気になるのかな。

来春100系新幹線が引退
 東京駅のホームに入ってくる100系新幹線[2002年7月撮影]

|

« きしむ北陸新幹線・新潟編 | トップページ | 名古屋「あおなみ線」運営の第三セクター破綻 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陽新幹線の100系が,引退を前に国鉄塗装に変身:

« きしむ北陸新幹線・新潟編 | トップページ | 名古屋「あおなみ線」運営の第三セクター破綻 »