« 鞆の浦で知られる鞆町のディレンマ | トップページ | 「はやぶさ」鼻高々,新青森駅に初乗り入れ »

2010年6月17日

水郡線の上下列車がホームで鉢合わせ

 水郡線の上下列車 あやうく鉢合わせ(朝日新聞)

 相馬市と浪江町で震度5弱を観測する地震が起きた13日、郡山市のJR水郡線安積永盛駅で上りと下りの普通列車がホームで鉢合わせしそうになるトラブルがあった。

水郡線の上下列車がホームで鉢合わせ
[2002年11月2日 郡山駅]郡山駅の水郡線ホームに入ってくる水郡線の列車(切り欠きホームなので正面から撮れる)

 地震に人身事故が重なって上下線で遅れが続いていた……といっても,上り列車が停車しているホームに下り列車が入ってきてしまうトラブルは,あってはならない状況じゃないのかな。

 トラブルがあった安積永盛駅には東北本線のホームもあるが,基本的には水郡線は駅舎側の単式ホームを使用する。隣のターミナル駅である郡山駅も,水郡線は水郡線専用の単式ホーム(東北本線ホームの切り欠きにある)から発着する。さらに,安積永盛の南隣の磐城守山駅も単式ホーム1面1線だから,実質的に線路が1本しかない郡山−安積永盛−磐城守山の区間に2本の列車が走っていることは,相当に異常な状況であるように思う。

 列車の遅れに対応するために,水郡線の郡山駅行き下り列車を安積永盛駅の東北本線のホームに入れようとしたけど,いつものように水郡線のホーム(上り列車が停まっていた)に入れてしまったのだろうか。単純なミスでは済まされない怖さを感じる。

|

« 鞆の浦で知られる鞆町のディレンマ | トップページ | 「はやぶさ」鼻高々,新青森駅に初乗り入れ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いやはや、ついこの間のことでしたからビックリです。まさか閉塞がキチンと働かないとは夢にも思いませんでしたし。その後ろを東北本線の上り列車が走ってたからポイント変えられない…ということなのかもしれませんが、場合によっては大事故につながりかねません。非常時に備えて臨時ホームを作っておくとかそういう対応を考えてもいいかもしれません、いくら本数が少ない線区といっても。

それにしてもこの写真、懐かしいですね。以前はキハ110系で運行されていた水郡線の往時の姿を見られるとは思ってもいませんでした。今は気はE130系になっちゃったためになんだか派手になって水郡線ぽくないイメージもありますけれども、水戸側の事情が事情ですから仕方ないのかな、と自分を納得させています。

投稿: クリス_NK | 2010年6月18日 10時16分

 そういえば水郡線は新しいE130系になってるんですね。昔から,水郡線には磐越東線よりも都会的なディーゼルカーが走っているという印象がありました。磐越東線には旧客も残ってましたし。

 郡山駅に入ってくる列車では,E130系が飛び抜けて近代的ですね。3ドアで座席数が少なくなってしまうのは,利用客にとってはちょっと残念ですけどね。

投稿: 三日画師 | 2010年6月18日 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水郡線の上下列車がホームで鉢合わせ:

« 鞆の浦で知られる鞆町のディレンマ | トップページ | 「はやぶさ」鼻高々,新青森駅に初乗り入れ »