« 琴電の大正レトロ車両3000型300号が復活運転 | トップページ | マスコミの「撮り鉄」報道とマスコミの撮り方・煽り方 »

2010年3月13日

客寄せの「ご主人様」は正直迷惑!

 列車に入ると「ご主人様!」 茨城のローカル鉄道(朝日新聞)

 紺のミニスカートに白いエプロン姿の少女たちが21、22両日、茨城県のローカル鉄道2路線で客を迎える。名づけて「メイドトレイン」。

 地元での利用客増に限界を感じ、ひたちなか海浜鉄道(同県ひたちなか市)と鹿島臨海鉄道(同大洗町)が、都心から客を呼び込もうと「萌(も)え」心をくすぐる。


i

 死活問題である。客を少しでも増やすだけのことなら何だってやる。そういう心意気が伝わってくるようなイベントである。

 しかし,私はがっかり。好みに合わない。
 世界中の保存鉄道で,若い女性や若い男を使って客を集めているところがあるだろうか。
 と,当初は書いたが,イベントは2日間だけのようなので,それを私が避ければ良いだけの話だ。「迷惑!」なんて大げさなことを書くような話じゃないような気がしてきた。

 もちろん,ひたちなか海浜鉄道や鹿島臨海鉄道が「萌え」で一山当てたい気持はよくわかるけど,私にとって「萌える」は,硬派の母校の校歌の歌詞,

 若草萌ゆる安積野や
 雲に聳ゆる安達太郎(安達太良山)
 ……

の「萌ゆ」なので,誰がなんと言おうと,「もえ〜」とか言われたとしても,私にとっては春になって野山の草木が芽を出し,若葉を出すことが「萌ゆる」なのである。これは絶対に譲れない。

|

« 琴電の大正レトロ車両3000型300号が復活運転 | トップページ | マスコミの「撮り鉄」報道とマスコミの撮り方・煽り方 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 まあ、水戸で開催される「コみケッと」に合わせたお遊びですね。
 一般の方とは別仕立てで車両を増結します。興味があればどうぞ。
 満員の場合はご容赦を。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2010年3月14日 10時08分

 コメントありがとうございます。

 水戸で開催されたイベントに合わせた列車だったのですね。朝日新聞の記事には,そういう状況が一言も書かれていませんね。それがわかっていたら,「死活問題」「一山当てたい」などという失礼な書き方はできなかったかも……(タラレバではダメですね)。

 いただいたコメントで,安心しました。

投稿: 三日画師 | 2010年3月14日 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客寄せの「ご主人様」は正直迷惑!:

« 琴電の大正レトロ車両3000型300号が復活運転 | トップページ | マスコミの「撮り鉄」報道とマスコミの撮り方・煽り方 »