« 中央線201系電車は夏までに引退 | トップページ | 大糸線のキハ52とレンガ倉庫の撮影会がうらやましい »

2010年2月28日

人気の500系電車が東海道新幹線から引退

 さよなら500系…鉄道ファンら雄姿に歓声(読売新聞)

 国内で初めて時速300キロの営業運転をした新幹線車両「500系」が28日で東海道新幹線から引退するのを前に、名古屋市のJR名古屋駅では大勢の鉄道ファンらが、間もなく見納めとなる雄姿に歓声を送った。

 500系は、ジェット機を連想させる先頭部分が特徴で、1997年から活躍。最新型の「N700系」に交代するため、1日1往復だけ残った「のぞみ」(東京―博多間)は今月末で姿を消し、今後は山陽新幹線(新大阪―博多間)の「こだま」で存続する。

image
 《撮影:読売新聞》

 記事にもあるように“今後は山陽新幹線の「こだま」で存続”← ここ重要

 新幹線の車両の中で最もカッコいい500系電車が,昨年11月の発表通り(発表時の拙ブログ記事参照),とうとう東海道新幹線から引退する。

 読売新聞記事の写真は引退1日前の2月27日のもの。ホーム上が凄いことになっていて,信じられないことに幼い子供を抱えた人までいる。
 ラーメン屋などの行列に並ぶ人の気持ちが理解できない私だが,このホーム上で500系の先頭部を見ようとしている人達の気持ちもまったく理解できない。まっ,単純に混雑するのが嫌いなだけなのだが。

 最終日となる2月28日は,「撮り鉄」によるトラブルが各地で相次いでいるため,JR東海はホームなどの警備員を増やして混乱防止に努めるそうだ。

 ここまで広く「撮り鉄」の問題が認識されてからでも,ホームの先端に脚立や三脚を持ち込んだりする「撮り鉄」は,駅員さんに注意されても脚立や三脚を撤去しない,たぶん筋金入りの人達に違いない。今後深刻な事態を引き起こさないためにも,しっかりと警備をしてほしいものである。

image
[2001年7月2日:山陽新幹線小郡駅]

|

« 中央線201系電車は夏までに引退 | トップページ | 大糸線のキハ52とレンガ倉庫の撮影会がうらやましい »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

上の写真は名古屋駅の様子ですか…酷い有様ですね。
撮影者の皆さん、線路に落っこちそうですよ。列車が動き出してから身を引けば、なんて考えてもこれでは無理でしょう。安全が確保できるまで発車を見送らせなければならないし、列車に乗っているお客さんにとっても迷惑この上ないです。
報道のカメラマンの方の立ち位置も、取材とは申せ、おやおや?という感じですね。それと、せっかくのかぶりつきで撮影している手前の方々、携帯は無いでしょ!街で憧れの芸能人を追っかけてサインをねだった挙句、ノートの切れ端やチラシの裏面を差し出す人みたいですよ。
こんな調子じゃ、今日の最終日はもっと酷い事になっているのでしょうね。
いっとき、私も大田区内某所で見送りを一人静かに、などと考えてみましたが、止めました。いちファンとして、これ以上同好の士の悪評を世に広めたくありませんです。

投稿: もりあき | 2010年2月28日 14時48分

 本当の最終日。どんなことになってたんでしょうね。

 ケータイで撮影している人の多さに驚きます(撮りたいという思いもその程度)。群集心理というか,人が集まっているところに集まりたいという,最近の人の特徴が現れているように思いました。

 報道のカメラマンの傍若無人さは,けっこうあちらこちらで話を聞きますね。
 昔,氷見線に記念運転で蒸気機関車が走ったときに,雨晴の海岸で三脚にカメラを据えて待っていたら,SLのドラフト音とともにカーブを曲がって見えてきたのはSLにビタ付けした超低空飛行のヘリコプター(地元のテレビ局)でした。
 SLの音も懐かしくて気持ちいいのに台無しです。ビデオ録画していた人は泣いてました。

投稿: 三日画師 | 2010年3月 1日 03時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人気の500系電車が東海道新幹線から引退:

« 中央線201系電車は夏までに引退 | トップページ | 大糸線のキハ52とレンガ倉庫の撮影会がうらやましい »