« ホントに走るのか? トレイン・オン・トレイン | トップページ | 人気の500系電車が東海道新幹線から引退 »

2010年2月28日

中央線201系電車は夏までに引退

 「幸運のオレンジ色」JR中央線201系引退へ(読売新聞)

 JR東日本八王子支社は25日、「オレンジ色の電車」として親しまれてきた中央線の「201系」を、今夏までにすべて引退させると発表した。

 現在は1984年製の20両(2編成)のみが運行。めったに遭遇しないことから、鉄道ファンからは「幸運の電車」とも呼ばれた。


 今月の初めに吉祥寺に行ったときにも,ちょうど201系が走っていて懐かしく思った。風前の灯火になってから,ずいぶん長生きしている印象だ(以前にも「○○年○月までに引退」という話を聞いた記憶が……)。

 でも,本当に「幸運の電車」なんて呼ばれてたんだろうか?

 本当にごく一部で呼ばれていたとしても,こういう記事が残ることで後世それが事実となってしまうことがあるので,ちょっと配慮が必要だと感じた。

 もう昔のことになってしまったが,蒸気機関車C62 3号機が函館本線で復活運転を始めた際,マスコミは安易に「SLの女王」と書き連ねた。C62の現役当時には,そのような呼び方は使われていなかった。そして現在,“かつて「SLの女王」と呼ばれたC62”という言い方は,かつてそのように呼ばれたことがなかったにもかかわらず,ごく普通に使われるようになっている。
 とは言え,今ではC62自体が話題に上ることもなくなってしまったわけだが……。

 まあ,結局中央線の201系は夏まで寿命が延びたというニュースなのかな。撮り鉄の人達には余裕を持って撮ってほしいもんだ。

021126145921_2
[2002年11月26日:東中野駅]

# 個人的な意見だが,こういう一般的な電車(花形電車ではないという意味で)の最後は「サヨナラ運転」のような大騒ぎではなく,さりげなく静かに身を引くようなかたちが好ましいような気がする。

|

« ホントに走るのか? トレイン・オン・トレイン | トップページ | 人気の500系電車が東海道新幹線から引退 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

「幸福の電車」とか、どこまで確かな噂なのやら、ですね。
知り合いの中央線沿線在住者に聞いてみたところ、幸福どころか、仕事で疲れて駅で電車を待っている時、この201系が入線してくると、わざと一本見送って、後続のE233系の電車を狙うそうです。理由はズバリ、座席が座りやすくて快適だから。
201系も登場以来30年以上。むしろ、山手線や京浜東北線、一部区間で並走する総武緩行線などが次々に新型車両に置き換わっていく(京浜東北線に至っては103系→209系→E233系と2世代進化している)中で、沿線住民からすれば「今まで放置されすぎた!」と、JR東日本に文句の一つでも言ってやりたいのが本音でしょうね。

投稿: もりあき | 2010年2月28日 14時22分

 幸福の電車に関しては,記者の勇み足でしょうね。ググってみても,記事のような意味で書いている人が見あたらないです。

 逆にこのブログが上位に表示されてしまってます。私が不本意ながら「幸福の電車」を広めることに協力してしまっているようです。

投稿: 三日画師 | 2010年3月 1日 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央線201系電車は夏までに引退:

« ホントに走るのか? トレイン・オン・トレイン | トップページ | 人気の500系電車が東海道新幹線から引退 »