« 宇高航路の廃止…本当に廃止で良いの? | トップページ | PENTAX K-7のファームウェア更新 »

2010年2月23日

りんご

 駅前のスーパーで,季節外れのりんごが山のように積まれて売られている。種類は「ふじ」。りんごは大好きなので,ときどき買い込んでいる。
 気になっているのは,同じ「ふじ」という種類なのだが,外観も味も異なる2種類あるようなのだ。

100214175733
 これがその典型的な2種類。同じ「ふじ」の山から取ってきたものだ。
 何か他の品種が交雑してしまっているってことはないのだろうか。

|

« 宇高航路の廃止…本当に廃止で良いの? | トップページ | PENTAX K-7のファームウェア更新 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

青果市場用語で俗に言う「べた系」と「縞系」ですね。
左側が「べた系」、右側が「縞系」です。
味覚、果肉の質、大きさなどに特段の変異が有る訳ではないと言われています。
「ふじ」は、「国光」と「デリシャス」の交配品種。先祖の形状的特徴が何らかの形で偏って顕れるのだと思います。

投稿: もりあき | 2010年2月23日 22時40分

 おおっ,長年の疑問が一瞬にして晴れました。「べた系」と「縞系」という呼び方まであるなんて……。
 見た目は「べた系」のほうがリンゴらしいんですが,個人的には味のほうは「縞系」のほうが外れが少ないという印象を持ってます。

投稿: 三日画師 | 2010年2月23日 23時55分

私の見た目の好みだと「べた系」の方ですね。
りんごの味、というのは、樹上に生っている位置、樹の樹勢、太陽光の受け具合、寒暖差、畑の標高…など、諸々の要因で大きく変わりますから、見た目で判断するのは難しい所です。
身の肩の部分の張りが良く、尻の方まで肉付きの良いもの、軸が太めでしっかりしているものは、色のべた・縞、濃い・薄いに関わらず美味しいよ…というのは八百屋さんの受け売りですが。
ネット上で「べた 縞 りんご」でググると、けっこういろいろ出てきます。生産地の農園さんのHPなどは参考になりますし、生産地で行われる「りんご品評会」の動画なんかも見られます。
これ書いてたら、久し振りに「国光」や「印度」「金星」といった一昔前のりんごが食べたくなって来ました。
ちょっと昔には、当たり前に町内の八百屋さんの店先に転がっていたこれらの品種ですが、今や「高級品」扱い。都心の百貨店のフルーツ売場や某高級果実専門店でしかお目にかかることが出来なくなってきているのが寂しい限りですね。
いちごの「女峰」「ダナー」なんてのも、すっかりご無沙汰しています。

投稿: もりあき | 2010年2月24日 07時18分

そうそう、りんごの味に関しては、今ぐらいの時期から青森県産中心に貯蔵物の時期に入ってきますので、比較的安い袋詰めもの等は、個体間の味のばらつきが大きくなりやすいようです。
青森県産ものは、「林檎移出商」という産地問屋さんの扱う物量が多く、各問屋さんの巨大な鮮度維持倉庫の中にある貯蔵ストックを、出荷の度に選別しています。選外で溜まった安物に関しては、広範囲な生産者の品がシャッフルされて纏め出しされているそうなので、ばらつきが出やすいとか。
以上、またも受け売り情報でした。

投稿: もりあき | 2010年2月24日 07時53分

 昔のりんごといえば,もっと小さくて酸っぱいりんごが食べたいですねぇ。大きくて甘いりんごのほうが人気なんでしょうけどね。私はりんごを剝いたりせず,丸かじりするので,あまり大きいりんごは食べにくいです。

 近所のスーパーで山になっているりんごは,鮮度維持倉庫の中にある貯蔵ストックから出てきたものでしょうね。形も大きさも色もばらつきが大きいです。
 特に,閉店間際だったりすると,もうみんなが引っかき回した後のような状態で,無惨です。それでも,昔は虫食いがあるなど,ひどいのも出回ってたと思いますが,そういうひどいものは見あたらないので安心してます。

投稿: 三日画師 | 2010年2月24日 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんご:

« 宇高航路の廃止…本当に廃止で良いの? | トップページ | PENTAX K-7のファームウェア更新 »