« ボンネット型489系車両最後の検査 | トップページ | 暴走する鉄道ファン »

2010年2月 6日

2年間使い続けたSONY Cyber-shotの吊り紐が危ない

 毎日Gパンのポケットに入れておけるカメラとして購入したSONYのCyber-shot DSC-W200。モードダイヤルが回りやすいとか,ピントの無限遠固定ができない(風景モードはある)とか,いろいろ小さな不満はあったけども,約2年間無事に働き続けてくれた。本当に良いカメラだったと思う。

 丸いマクロモードやフラッシュモードを切り替えるボタンが何かの拍子に押しやすくて,何度か電車の車内だったか暗がりだったかで,意図しないフラッシュを焚いてしまい,後悔したことがある。

 まぁ,途中から参戦したGR DIGITAL IIに比べても,起動速度や露出の安定性の面で,まったく引けを取らない,良いカメラだったと思う。

100206014025
 レンズの周囲が少し盛り上がっているところが不満だが,まぁそこそこ薄型なのでGパンの後ポケットにも十分収めることができたし,固いベンチに座ってもそのまま潰れることはなかった。

100206013802
 ただ,最近気になっているのが,ストラップの付け根部分のヘタリである。

 ほとんど毎日持ち歩いているのが(しかもポケットの中),多少のヘタリはまったく気にしない。ポケットに入れっぱなしにしていても,アクリル樹脂で覆われた液晶ディスプレイはほとんど新品の状態を保っているし(そんなものに保護シールを貼って,保護シールに付いた傷で液晶が見えにくくなっているカメラを知人に見せてもらうと,そのデジカメが不憫で可哀想になる),アルミ合金製の部分は保護皮膜が十分な効果を持っているので(アルミの酸化皮膜は本当に強い。ご存じない方,酸化アルミの綺麗な結晶はルビーとかサファイヤと言われ,ダイヤモンドに次ぐ硬度9ですから),以外新しいままの状態を保っている。

100206041049
 2年間,ほぼ毎日ズボンの後ポケットに入れて使っていたSONY CYBER-SHOT DSC-W200の写真だ。最近のほとんどのデジタルカメラと同様に,液晶には固いアクリル樹脂の保護板が貼り付けられている。このアクリル板は,市販の液晶保護シート(材質はPET: Polyethylene Terephthalate──ポリエチレン・テレフタレート)より固く,傷が付きにくい。傷が見えやすいような角度で光を当てて写真を撮ってみたが,ほとんど傷が見あたらない。
 多くの人が,傷が付きやすいPETフィルムのシートを液晶ディスプレイに貼って,小さな傷のたくさん付いたPETフィルム越しに写真を撮っているようだ。わざと液晶ディスプレイを見づらくしているように感じる……。

 で,問題なのが,上の写真にも掲載したストラップ部のヘタリである。
 よく見ると,この部分の金属加工が装飾的な意味で微小なエッジの残るデザインになっているように見える。長期的な使用で,そこ少しずつ擦られてストラップが摩耗して来たのだろう。
 まぁ,別のストラップに変えれば,まだしばらくは問題なく使えそうなカメラではあるが,GPS+電子コンパス搭載の(待望してたんだぁ!)が出てきそうなので,それが出てきた時点で乗り換えようと今は考えている。

 実は同様のストラップのヘタリ問題は,以前使用していたRICOHのCaplio GXでも経験済みである。Caplio GXの場合は,ストラップ取り付け部分の金具がプレス打ち抜き加工で作られていて,加工後の処理(バリ取り,糸面取り)が甘いのが原因だった。加工方法は違うものの,最終的に人間がやる仕上げ作業のところの問題だと思われる(サンドブラスターとか,一気に機械化されている可能性無いわけではない)。

 ──[2007年3月17日の記事から]──

070317010507
 Caplio GXストラップの紐部分が切れかかっている写真。部分的に糸がほつれて,その部分だけ太さが1/3ぐらいになっている。気付いて良かった……。

070317010959
 Caplio GXのストラップ取り付け部分の金具が,プレス打ち抜き加工で作られていて,加工後の処理(バリ取り,糸面取り)が甘いのが原因だ。Caplio GXは廉価版デジカメよりは,ちょっと上のクラスのデジカメだと思っているのだが,こういう細かなところの作り込みが足りない印象がある。ほしくて仕方がないGR DIGITALに対して,最後の決心ができない理由のひとつである。
(GR DIGITAL IIは結局買っちゃったけどね)


|

« ボンネット型489系車両最後の検査 | トップページ | 暴走する鉄道ファン »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年間使い続けたSONY Cyber-shotの吊り紐が危ない:

« ボンネット型489系車両最後の検査 | トップページ | 暴走する鉄道ファン »