« 予想通り強風での羽越線運休が増加……困るのは誰なの? | トップページ | フィルムカメラの衰退 »

2010年1月24日

沼津駅高架化必要?/沼津市空洞化問題

 新貨物駅必要?/沼津駅高架化問題(朝日新聞)

 JR沼津駅の鉄道高架事業に関連する新貨物駅建設用地の買収が進まない問題で、川勝平太知事は23日、事業賛成・反対両派の代表と沼津市内で会い、意見交換を行った。この席で知事は、先の定例会見の場で述べた「新貨物駅不要論」を改めて展開。現在沼津駅にある貨物基地で扱っている内容を調べ、新貨物駅を造らなくて済む「他の輸送方法」がないかどうかを検討するとした。

 知事は「JR貨物の取扱量は国内貨物の0・67%。沼津の貨物駅はその0・39%に過ぎず微々たるもの」とし、「高架事業推進、反対両派の争いの原因になっている貨物ヤード移転問題を除去できないか」と提起。「貨物の内容によっては別の輸送手段も考えられる」とした。


091231112651
 [2009年12月31日:沼津駅]

 なんだかなぁ……。

 沼津市の人口は20.5万人。国内人口の0.16%,静岡県の人口の5.4%に過ぎず微々たるもの。高架事業推進,反対両派の争いの原因になっている沼津駅高架化問題を除去できないか。中心市街地の空洞化対策には別の手段も考えられる。

 人口は減ってるし,財政難なんでしょ?

|

« 予想通り強風での羽越線運休が増加……困るのは誰なの? | トップページ | フィルムカメラの衰退 »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津駅高架化必要?/沼津市空洞化問題:

« 予想通り強風での羽越線運休が増加……困るのは誰なの? | トップページ | フィルムカメラの衰退 »