« 三陸鉄道は上下分離で再構築実施へ | トップページ | ニコン看板レンズの進化と旧々大三元レンズの哀しみ »

2009年12月 2日

前原国交相が秩父鉄道でSLに乗車

 前原国交相:出発進行 埼玉・秩父でSL乗車(毎日jp)

 前原誠司国土交通相は28日、観光地視察のため埼玉県秩父市を訪れ、週末に運行し人気を集める秩父鉄道の蒸気機関車(SL)に三峰口駅から秩父駅まで約30分間乗車した。

 さすがに筋金入りのSLファンだけあって,運転台に座る前原国土交通相の顔が最高に楽しそうだ。なにしろSLの運転台だからねぇ。嬉しくないわけがない。

 私の今までの人生は大したもんじゃないけど,北海道鉄道文化協会の会員としてC623の復活運転に微力ながら協力した時代があり,C623の様子を見に行った小樽駅で機関士に「乗ってみるかい?」と声を掛けられ,C62の運転台に乗った瞬間が最高の最高の最高のピークだったんじゃないかと今でも思っている。

 秩父鉄道の蒸気機関車は,もう10年も見に行っていない。この記事を読んで,来年には一度パレオエクスプレスをゆっくり見に行ってもいいな,と思った。

981123002121
[1998年11月23日]白久駅付近。柿の実とSLの間にもう少し煙が入る予定の構図だったが……。デジカメではなく,Nikon F3 + Ai 35mm F1.4S で撮影。

C58363
[1998年11月23日]浦山口駅付近。Nikon F3 + Ai 180mm F2.8 で撮影。

|

« 三陸鉄道は上下分離で再構築実施へ | トップページ | ニコン看板レンズの進化と旧々大三元レンズの哀しみ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前原国交相が秩父鉄道でSLに乗車:

« 三陸鉄道は上下分離で再構築実施へ | トップページ | ニコン看板レンズの進化と旧々大三元レンズの哀しみ »