« 「成田スカイアクセス」は東京−空港36分 | トップページ | 羽越線特急「いなほ」脱線事故の運行責任者が書類送検 »

2009年12月22日

寝台特急「北陸」・夜行急行「能登」の廃止 正式発表

 JR、来年3月「北陸」「能登」定期運行廃止(読売新聞)

 JR各社は18日、来年3月13日から実施するダイヤ改正に合わせて、乗客が減少している、上野―金沢駅間の寝台特急「北陸」と夜行急行「能登」の定期運行を廃止すると発表した。

 数日前のニュースだが,とうとう正式に発表されたようだ。

040429224923
 [2004年4月29日]上野駅で発車を待つ寝台特急「北陸」

040429230233
 [2004年4月29日]シングルデラックス室内。

 寝台特急「北陸」と夜行急行「能登」のような,寝台特急と夜行座席列車(救済用)の雁行は,国鉄時代には全国で見られた運行スタイルだった。
 急行「能登」がいつも空気を運んでいるという話は聞いていたので,まず夜行急行「能登」のほうが廃止される可能性は高そうな感じだったが,両列車とも一気に廃止(正確には定期運行廃止)になってしまうとは……。

040430062904_2
 [2004年4月30日]金沢駅に到着した寝台特急「北陸」

040430064110
 [2004年4月30日]金沢駅に到着した夜行急行「能登」

 急行「能登」に使用されている489系は,間合い運用で「ホームライナー鴻巣」「ホームライナー古河」として使用されているが,「能登」の廃止後にはどうなってしまうのだろうか。
 いや,冷静に考えてみると,稼ぎの上では「ホームライナー鴻巣」「ホームライナー古河」が本運用で,夜行急行「能登」のほうが間合い運用だったのかもしれない。

|

« 「成田スカイアクセス」は東京−空港36分 | トップページ | 羽越線特急「いなほ」脱線事故の運行責任者が書類送検 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「北陸」・夜行急行「能登」の廃止 正式発表:

« 「成田スカイアクセス」は東京−空港36分 | トップページ | 羽越線特急「いなほ」脱線事故の運行責任者が書類送検 »