« JR西運転士「尾道−東尾道間5分30秒では運転できない」 | トップページ | 蒸気動車「キハ6401」が犬山の明治村からJR東海博物館へ »

2009年12月 9日

伊勢崎市華蔵寺公園のC61復元がJRから発表された

 C61形蒸気機関車の復元について (東日本旅客鉄道)

○ 現在、JR東日本ではC57形とD51形の2両の蒸気機関車を保有し、「SLばんえつ物語号」「SL奥利根号」「SL碓氷号」などとして運行し、お客さまにご好評をいただいております。

○ 今回、より多くのお客さまにSLの旅を体験していただくとともに、鉄道の産業遺産である蒸気機関車を後世に伝えることを目的として、新たにC61形蒸気機関車を復元します。

○ 復元する蒸気機関車は、群馬県伊勢崎市の華蔵寺(けぞうじ)公園遊園地で、展示保存されている「C61 20」です。


 今年の6月に毎日新聞に掲載されたC6120動態復元の話が,とうとうJR東日本から正式に発表されたようだ。
 使用開始は2011年春以降ということなので,後1年と少しで,あのC61の勇姿を拝むことができる。

 鉄道ファンには有名だが,C61という蒸気機関車は,主に貨物用だったD51のボイラーを,旅客用のC57の下回りに乗せ,さらに従台車を2軸にして動輪の軸重低減を図ったものである。
 それによって,車軸配置は,日本で初の2C2型「ハドソン」となった。ゲーム会社「ハドソン」の社名の由来ともなった車軸配置だ。

 C61が復活して東北の鉄路を驀進する姿は,ぜひとも見てみたいものだ。

 JR東日本のプレスリリースには,もう1点面白いことが書かれている。1ページ目の最後の1文だ。

『また、同時に旧型客車7両の整備も行い、各地で開催されるイベントや新たな旅行商品などとして使用できるようにします。』

 どこに隠してある旧客7両なのだろう。あちこちから少しずつ寄せ集めるのだろうか。どんな客車が揃うのか,今から楽しみだ。

|

« JR西運転士「尾道−東尾道間5分30秒では運転できない」 | トップページ | 蒸気動車「キハ6401」が犬山の明治村からJR東海博物館へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢崎市華蔵寺公園のC61復元がJRから発表された:

« JR西運転士「尾道−東尾道間5分30秒では運転できない」 | トップページ | 蒸気動車「キハ6401」が犬山の明治村からJR東海博物館へ »