« ひたちなか海浜鉄道湊線……「善戦?」 | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」帰還運用再開! »

2009年11月19日

「北1西2」交差点が3カ所もある札幌の街

 札幌の街の交差点名が面白い。

 街歩きが好きなので,地図(最近はもっぱらiPhoneのGoogle Map)とカメラを片手にブラブラすることが多い。後でブログにまとめるときの目印となるように,交差点名もできるだけ撮影しておくようにしている。
 戸惑うことと言えば,普段は「交差点名を知りたいが,どこにも書いてない。どこにも載っていない」ことぐらいなのだが,札幌の街は戸惑うことばかりである。同じ名前の交差点が複数あるし,街の写真を撮り,交差点名を確認し,交差点を通り過ぎてから交差点方向を振り返ると,直前に確認した交差点名とは異なっていることがあるのだ。

 Mapion の札幌市役所付近の地図は以下のようになっている。

「北1西2」交差点が3カ所もある札幌

 札幌市役所の北側を通る北1条雁来通には「北1西2」交差点が2カ所ある。札幌市役所の東側と西側にひとつずつ。さらにその北側(北2条通)にも「北1西2」がある。「北1西2」交差点は合計3カ所あることになる。

 北1西3交差点にある武田りそなビルの前にいる人を,地図の右上のピア2・1ビルに案内する場合,こんなことになってしまう。

 北1条雁来通を東に歩くと「北1西2」がある。そこでは曲がらず,二つ目の「北1西2」を左に曲がり,北へ歩くと「北1西2」がある。その「北1西2」交差点の北東の角にピア2・1ビルがある……。

 これじゃ,わけがわからない。

 地図を見てその理由を考えてみる。

 札幌の街は基本的に碁盤の目状になっており,大通を境にして北側は北1条,北2条……,南側は南1条,南2条……と規則正しく並んでいる。
 東西方向も同様に東1条,東2条……,西1条,西2条……となっていれば,それこそ碁盤の目と同様に(「17の4」というふうに)交差点名は一意的に決まることになる。

 ところが,なぜか東西方向は,通りではなく「区画」に東1丁目,東2丁目……,西1丁目,西2丁目……と振られているのだ。それゆえ,北1条通は西2丁目の角のところに2カ所交差点を生じることになる。また,南北方向も完全に通りが基準になってはおらず,通りの中心が住居表示の境になっているところがあるため,南北方向にも「北1西2」交差点が2カ所生じるような事態となっている。

 東西方向が通りではなく「区画」になっているのは,たぶん住居表示のためだと思われるが,札幌のような計画的に作られた街がどうしてこうなってしまったのだろう……という印象である。

 碁盤の目状になった札幌の街が,南北で少し傾いていることはよく知られている。街が出来た頃の測量精度が低くて,現在の中心街から広がった街と山鼻付近から広がった街が融合したときに,誤差を生じたのが原因だと聞く。
 元々札幌の街は,200万人近い大都市になることを想定して作られていなかったのかもしれない。

040804125449
 電車事業所前電停付近の交差点を曲がる電車。交差点は「南21西15」となっている。

040804130022
 同じ交差点を西側から見たところ。正面の信号機には「南22西14」と表示されている。また,左側の信号機は「南21西14」となっている。

 つまり,「南21西15」「南22西14」「南21西14」は同じ交差点だが,交差点に進入する方向によって名前が変わるのである。

 車を使って道路を真っ直ぐ走っているぶんにはわかりやすい表示なのかもしれないが,ブラブラ街歩きをすると,頭の中がこんがらがってしまうような街である。

|

« ひたちなか海浜鉄道湊線……「善戦?」 | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」帰還運用再開! »

地図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北1西2」交差点が3カ所もある札幌の街:

« ひたちなか海浜鉄道湊線……「善戦?」 | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」帰還運用再開! »