« 『青いターバンの少女』をもう一度 | トップページ | 二夜の夢 「くりはら田園鉄道」復活 »

2009年10月31日

台風18号で被災したJR名松線末端区間が廃止へ

 10月8日に本州を縦断した台風18号(メーロー)は横浜市港南区にも大量の雨を降らせ,近所の平戸永谷川などが氾濫注意水位を越えたり,横浜市栄区のいたち川(城山橋)では避難判断水位を超え,洪水水位(天端まで)残り47cmに迫るなどした。
 ただ,非常に強い台風ではあったが,サイズはそれほど大きくなかったため,事前に予想されていたよりも被害は小さくて済んだように思う。

 そんな中,台風の影響で不通となったままだったJR名松線の家城(いえき)−伊勢奥津(いせおきつ)間が,復旧することなく,そのまま廃止されることとなった。国鉄時代から赤字ローカル線だった名松線は,今まで何度も廃線の危機を乗り越えてきたが,今回の台風18号の被害の壁は乗り越えることができなかったようだ。


 台風被害でJR名松線一部廃止へ(中日新聞)

 JR東海は29日、台風18号の被害で不通が続く名松線(松阪-伊勢奥津、全長43・5キロ)の家城-伊勢奥津間(17・7キロ)を部分廃止し、バス運行に切り替えると発表した。旧国鉄からの継承路線で同社が廃止を打ち出すのは初めて。地元自治体などの理解を求めた後、国土交通省に鉄道事業法で定めた一部廃止の届け出を提出する。

 家城−伊勢奥津間は雲出(くもず)川に沿った山間を走る区間で,地図を見ただけでもその美しい風景が目に浮かぶようなところだ。一度乗ってみたいとは思いつつ,列車の運転本数の少なくてタイミングが合わず,結局思いは果たせなかった。

 中日新聞の記事には,過去の廃止の危機には沿線の住民や自治体(旧美杉村,旧白山町,旧一志町)が強い存続運動を行って名松線を守ってきたが,平成の大合併で沿線の自治体がすべて津市に含まれることとなり,名松線存続の熱意が失われたとの指摘がある。確かにそれはあるかもしれない。
 もうひとつ,周辺の道路整備が進み,代替バスの運行が可能になったと判断されたことも大きいに違いない。

 2009年10月31日の今日は,北陸鉄道石川線の鶴来(つるぎ)−加賀一の宮間も廃止となる。
 北陸鉄道公式ページから:

 北陸鉄道石川線・鶴来~加賀一の宮間の廃止について

 北陸鉄道(本社/金沢市、社長/魚住隆彰)は、平成20年10月23日に廃止の届出書を北陸信越運輸局に提出した鉄道石川線(野町~鶴来~加賀一の宮・15.9㎞)の一部区間(鶴来~加賀一の宮・2.1㎞)を、平成21年10月31日をもって廃止いたします。
 あわせて、11月1日には野町~鶴来間で、一部ダイヤを改正いたします。

 鉄道石川線(鶴来~加賀一の宮駅間)の82年間のご利用ありがとうございました。



 以下は『写真撮っけど,さすけねがい?』に載せた北陸鉄道石川線の写真から:

040430-140052
 [2004年4月30日]終点の加賀一の宮駅で折り返して,どんどん坂を下ってくる電車。

040430144739
 [2004年4月30日]緑に囲まれた加賀一の宮駅で発車を待つ電車。

040430145127
 [2004年4月30日]存在感のある加賀一の宮駅。


 ここ数年で,次のような鉄道が相次いで廃止となっている。ここ10年での地方都市の人口減少はぎょっとするほどで(県庁所在地などへの一極集中が進んでいる),暢気に「ローカル鉄道が好き」なんてことは言っている状況ではない。


■ 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線(池田−北見)……2006年4月21日廃止

040805143319
 [2004年8月5日]池田駅に停車するちほく高原鉄道のディーゼルカー。

040805160138
 [2004年8月5日]陸別駅で対向列車とすれ違う。

040805170745
 [2004年8月5日]北見駅に到着したちほく高原鉄道のディーゼルカー。折り返しは置戸行きの列車となる。


■ 鹿島鉄道(石岡−鉾田)……2007年4月1日廃止

FI122231_0E
 [2004年3月21日]石岡駅で発車を待つ鹿島鉄道のディーゼルカー。

FI120696_1E
 [2004年3月21日]浜駅近くの撮影ポイントから。

FI120696_4E
 [2004年3月21日]常陸小川駅近くを走る。


■ くりはら田園鉄道(石越−細倉マイパーク前)……2007年4月1日廃止

030815122414
 [2003年8月15日]若柳駅に停車するくりはら田園鉄道のディーゼルカー。架線柱は残っているが,架線は張られていない。駅構内には電化されていた頃に走っていた電車が放置されていた。

051211-140718r
 [2005年12月11日]くりはら田園鉄道の赤いディーゼルカーがカメラを構えた私の横をかすめ,終点の石越駅へ走り去った。

051211-152736r
 [2005年12月11日]石越駅で乗客を乗せた列車が戻ってきた。


■ 西日本鉄道宮地岳線(西鉄新宮−津屋崎)……2007年4月1日廃止

060430145444_1
 [2006年4月30日]多々良川橋梁を渡る西鉄宮地岳線の電車。

060430155932_1
 [2006年4月30日]三苫駅周辺は片側が土手になっている。

060430164925_1
 [2006年4月30日]終点の津屋崎駅。西鉄宮地岳線は西鉄新宮−津屋崎間を廃止し,残った区間は西鉄貝塚線という名称になった。

|

« 『青いターバンの少女』をもう一度 | トップページ | 二夜の夢 「くりはら田園鉄道」復活 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風18号で被災したJR名松線末端区間が廃止へ:

» 名松線の部分バス化はやむを得ず [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 2年ぶりに日本に上陸した台風18号。この台風は、松阪と伊勢奥津とを結ぶJR名松 [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 07時01分

« 『青いターバンの少女』をもう一度 | トップページ | 二夜の夢 「くりはら田園鉄道」復活 »