« 火取ゆきの復刻版CDが届いた! | トップページ | 紀州鉄道のキハ603が引退 »

2009年10月21日

スーパーバルブは虫ゴム-lessの夢を見るか

 自転車のウッズバルブ(英式バルブ)の虫ゴムがすぐに劣化することをTwitterで嘆いたところ,100円ショップのダイソーから「スーパーバルブ」という虫ゴムを使わないタイプの代用品が出ているという情報を教えてもらった。

 教えてもらったのは夏頃。
 それから,出歩いた先にダイソーを見つけると,必ず自転車用品をチェックする毎日が始まった。
 戸塚,大船,汐入,大分……。どこにも置いてなかった。

 そして10月20日。自宅から一番近い上大岡のダイソーに「スーパーバルブ」を発見。さっそく購入した。あまりに見つからないので,「もしや,不良品続発で製品回収でもしたのか?」と思うほどだったが,いざ見つかるときにはあっけないものである。

091113034923
 左側の2本が一般的なウッズバルブ(英式バルブ)。虫ゴムを差し込んで使うタイプだ。
 安上がりな構造なので,安い一般的な自転車に使われているが,定期的に虫ゴムが劣化するので,こまめに交換しなくちゃならない。個人的には,ロードレーサー等に使われているフレンチバルブ(仏式バルブ)が,圧倒的に手軽で合理的なバルブだと思うので,早く一般的な自転車にも普及してほしい。

 そして右側の2本がスーパーバルブ。バルブの外側には堅めのゴムがハマっており,中空の細いパイプの中には何やらゴムらしきものがスライドするようになっている。

 さてさて,効果は感じられるだろうか……。

|

« 火取ゆきの復刻版CDが届いた! | トップページ | 紀州鉄道のキハ603が引退 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーバルブは虫ゴム-lessの夢を見るか:

« 火取ゆきの復刻版CDが届いた! | トップページ | 紀州鉄道のキハ603が引退 »