« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の5件の記事

2009年6月29日

待ちに待った PENTAX K-7 が間違いなくやってきた

 待望の新型デジタル一眼レフ,PENTAX K-7 を手にした。スペックについては他のサイトでもたくさん言及されているので軽く流すことにして,ちょっと使ってみた感想をまとめておくことにする。

090627133338
 早速,K-7に smc PENTAX-DA21mm F3.2 AL Limited レンズを付けてみた。くぅ,カッコいい。ミーハーなのでカッコは重要なのだ!

090630224615

■ 手にしたときの印象
 まず,カメラを手にしたときの感覚……ホールディング性は非常によい。今まで使ったほとんどのカメラと一緒で縦位置グリップを付けっぱなしで使うつもりだが,この縦位置グリップのほうもなかなか持ちやすい。個人的に大好きな PENTAX MZ-S の縦位置グリップの次ぐらいに使いやすく感じた。

090630221814
 《縦位置グリップのAFボタン》

 PENTAX自慢のマグネシウム合金製のボディ外装だが,K10DのSUSシャシ+プラスチック外装が意外にしっかりしたものだったことから,K-7を初めて手に持ってみたときにも「ほとんど変わり映えしないじゃん」と感じた。まぁ,手に触れる部分のほとんどには,滑り止めのラバーが貼り付けられているわけだし,そんなもんだろう。

090630224048
 《Nikon D3とPENTAX K-7 を並べてみたところ》

 大きさについても,「小さい」というほど小さい感じはしなかった。印象としては,PENTAX 最初のデジタル一眼レフ *ist D と同じぐらいに感じた。最近の他社のエントリー機並の小型さではなく,ちょうど使いやすい大きさだと思う。視野率100%のファインダー,5コマ/秒程度の連写性能(私は連写を使わないが),手ぶれ補正を応用した自動水平補正,構図微調整機能を入れて,この大きさにまとめた技術は評価したい。

090630221250
 《シャッターボタン周りの造形》

 シャッターボタンの前後ダイヤルは回しやすいが,ちょっと安っぽい感触だ。頻繁に使用する部分だけに,もう少ししっとりとした動きだと嬉しいのだが,まぁ贅沢は言えない。
 ハイパーマニュアル露出時に多用するグリーンボタンの位置は,カメラごとにあっちへ行ったりこっちへ来たりと,相変わらず一貫していない。撮影していて何度かAFボタンと間違えてしまった。K10Dの時にも書いたが,PENTAX の技術者は,このグリーンボタンの重要性を認識して,早く定位置を決めるべきだと思う。

090630221617
 《モードダイヤル》

 モードダイヤルにロックが付いた。こういうところにロックを付けるのは,他社のカメラも含めて,昔からの悪習だ(最悪だったのは,Nikon F5 のシャッター周囲の電源スイッチ)。K-7のモードダイヤルはそれほど頻繁に回すものではないので,良しとするか……。

090630220908
 縦位置グリップに単三電池用のフォルダも付いてきた。使うかどうかは微妙だが,こういう小さな配慮は結構嬉しい。
 K-7のバッテリーチャージャーは小さくて旅行にも簡単に持って行けるから,単三電池用のフォルダが必要になる機会は少ないだろう。NikonのD3のチャージャーのように小型一眼レフカメラの大きさほどもあるバッテリーチャージャーは旅行に持っていくのは大変なので,D3にこそ単三電池フォルダがあれば,長期間の旅行時に安心できるのだが……。

■ 撮影してみて
 とりあえず K-7 を使って撮ってみたのが,「2009年6月27日 (土曜日):ぷらむろーど杉田商店街 - 再訪」である。他の人の写真ブログやカメラブログのように,細かい部分が解像しているかどうかとか,ノイズの出具合がどうだとか,ボケの形状がどうこう説明するような写真ではないので,たぶんほとんど参考にはならない(悪しからず)。

 使用したレンズは,smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8 ED SDM 一本のみ。レンズキットを買ったので,付属の smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 WR とか,Limited レンズを使ってみたい気もしたのだが,とりあえずはスターレンズ一本勝負とした。

 まず,撮影に使用したとりあえずのパラメータは以下の通り。今後,不満を感じたところから,徐々に変えていくつもり。

・フォーカシングスクリーンは方眼マットタイプに変更
・バッテリーグリップ(縦位置グリップ)使用
・記録形式/サイズ:JPEG/14M (=RAWは面倒なので)
・露出モード:プログラムAE (=とりあえず楽なので)
・JPEG画質:☆☆☆☆ (=最高画質で撮っておけば後悔は少ない)
・感度ISO:オート(上限6400/感度アップポイント:SLOW)
・D-Range設定:ハイライト補正 − ON / シャドー補正 − 強め
・レンズ補正:ディストーション補正 − ON / 倍率色収差補正 − ON
・プログラムライン:Normal
・デジタルプレビュー:ON(=露出が難しいところでは,デジタルプレビュー使用)
・クイックビュー:OFF
・電子水準器:OFF(=構図やタイミングを気にすると水準器を見ているヒマがない)
・自動水平補正:ON(もちろんON)
・色空間:sRGB
・RAWファイル形式:DNG
・RAWボタン:DNG(撮影毎に解除)
・Shake Reduction:ON
・露出設定ステップ:1/3 EV ステップ
・ISO感度ステップ:露出ステップに従う
・拡張感度:ON(6400まで拡張)
・AFロック時のAE-L:OFF
・測距点と露出の関係付:OFF
・ワンプッシュブラケット:ON
・AFボタンの機能:AF作動(親指AF派なのである)
・シャッター半押しのAF:OFF(シャッター押してAF動いたら鬱陶しい)
・スーパーインポーズ:ON
・長秒時NR:ON
・高感度NR:弱
・高感度NR開始感度:ISO1600
・Pの電子ダイヤル(前:露出補正/後:プログラムシフト)
 (=ハイパープログラムの設定(前:Tv/後:Av)にしたいところだが,Nikon D3,D2Xとの併用を考慮して,K10Dのときから泣く泣くハイパープログラムをあきらめている。D3とD2Xでは,+/−の方向を逆向きにして,PENTAX機の動作に合わせている。こうすると,どの機種をいじるときでもダイヤルの回転方向に戸惑わなくなる)

・Pの電子ダイヤル(前:シャッター速度/後:絞り)
 (=やっぱりハイパープログラムのほうが便利なので元に戻した)
・Tvの電子ダイヤル(前:シャッター速度/後:露出補正)
・Avの電子ダイヤル(前:露出補正/後:絞り)
・TAv,Mの電子ダイヤル(前:シャッター速度/後:絞り)
・TAv,Mのグリーンボタン(Avシフト) (=このグリーンボタンの設定込みで,ハイパーマニュアル [M] の使いやすさは別格である)
・AF補助投光:OFF (=暗いところでピカピカ光ってほしくないので)
・絞りリングの使用:許可
・画質パラメータ:雅(MIYABI) & ファインシャープネス & コントラスト弱め

 (良かった点):
◎ 自動水平補正機能があり得ないぐらい最高!
 (厳密にはほんの少し傾いている気がするので,点検に行くつもり)
◎ シャッター音がソフトで静かである
◎ フォーカシングスクリーンのざらつきが絶妙で,ピントの山が見やすい
◎ 倍率は低いが,ファインダー視野率約100%の安心感
○ PENTAXのカメラの欠点だったブラックアウト時間の長さは改善されている
○ K-7の機能じゃないが,SDM によるフルタイム・マニュアル・フォーカスは快適
 (もちろん,親指AF+シャッターボタンでのAF動作OFFでの話)
○ やっと縦位置グリップにAFボタンが付いた
○ 安定した露出。AWBも,PENTAXらしさを残しながら改良されている
○ 気にならない程度のレリーズタイムラグ
○ 縦位置グリップを付けても,そこそこ小型軽量
○ 縦位置グリップに単三電池用のフォルダも付いてきた

 (気になった点):
× SDカードの取り出し時に,若干引っかかり感がある
× 測距点の移動がダイレクトに出来なくなった
× 若干ざらつき気味に見える画質(気になる人は気になるかもしれないレベル)
× 撮影後の画像処理を多く設定すると,ファイル保存に時間がかかる
× 新しいPENTAXの縦長ロゴがカッコ悪い
× リチウムイオンバッテリがK10D等と同じタイプじゃなくなってしまった
 (Minolta DiMAGE A2等とも共用だったので,使い回しが出来たのだが……)

・ バッテリーを完全に充電できない状態で持ち出したが,かなりの枚数の撮影が出来た。まだバッテリーには余裕が残っていたが,試しにライブビューを使ってみようとしたら,急にバッテリー残量不足になってしまった。ライブビューモードはバッテリー食いなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日

臓器移植法の「改正」について思う

 問題はずいぶん前から明らかになっているのに,まあのんびりした審議だなぁ……と思うっているうちに,サササーッと何かしらの法案が通っちゃったりするんだろうな。

090626022940
 約10年間,ポケットに入れて持ち歩いている「臓器提供意思表示カード」。もうボロボロになっている。これを見たことがある人って,ひょっとしたらすごく少ないんじゃないだろうか。なぜって,厚労省(当時は厚生省)が積極的に広報してないから。

 ボロボロになってきたので,新しい「臓器提供意思表示カード」がほしいと思っても,どこに行ったらもらえるのか,まったくわからないのだ。

# ちなみにこのカードは,旅先で立ち寄ったコンビニのレジの横に山積みになっていた。

090626023201
 薄汚れた裏面。まぁ,使いたい臓器があったら勝手に持っていってください,という内容である。

 正直なところ,どうでもいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日

昭和9年版 復刻版地図帳に落丁発見!

 小学生の頃から地図マニアである。野球マニアでもあったが,授業中に野球をするわけにも行かないので,授業時間は社会科の地図帳を見たり,教科書の文字と文字の間の白いところに地図を描いたりしていた(教科書のコーナー部はパラパラ漫画用エリアだった)。

 そんなわけで,先日買ってきた帝国書院の復刻版地図帳(昭和9年版,昭和25年版,昭和48年版)のような面白い地図を開いていると,見ているうちにいつの間にか翌日の朝になってしまうほど熱中してしまうのだ。

# 夜中の三時過ぎから早朝に掛けて,Twitterでつぶやいているときの多くは,地図を見て妄想に耽っているときである。

090625030649
 これが昭和9年版 復刻版地図帳 である。帝國之部(国内地図帳)と世界之部(世界地図帳)がセットになっている。

090625030903
 昭和9年といえば,日中戦争が始まる直前。激動の時代である。夢中になって地図を見ていたら,豪快な落丁を発見した。印刷してある地図を部分的に破り取った感じではなく,印刷時に異常のあった紙面をそのまま組み上げてしまった感じの出来具合になっている。
 今までいろいろな落丁を経験したが,こういうタイプの不具合は初めての経験である。

 会社帰りに,上大岡の八重洲ブックセンターで地図の交換を申し出,すぐに交換してもらうことになった。ただし,出版社の在庫を確認してからの対応になるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたWindows Updateで躓く

 持ち歩き用PCとして使用している(最近は持ち歩いてないけど)SONYのVAIO type T (VGN-TZ90S:OWNER MADE) だが,またまたWindows Updateがうまく行かずに困った状態になっている。

 去年トラブったのは,Windows Vista Service Pack 1 のアップデートで,ディスク容量不足を解消するために非常に苦労したのだった(C:ドライブが32GB SSDなので,常時容量不足なのだ)。SONYのサポートページに「Windows Vista SP1 および Windows の更新プログラムの適用にあたって」というお知らせがあって,Windows Updateの更新プログラムが正常に適用できない場合のあることが確認されました……解決するアップデートプログラムはこちらからダウンロードしてください……という説明を発見したのは,もう苦労しつくした後だった。

 で,今回うまく行かないのは,Windows Vista Service Pack 2。この「Service Pack」という単語にはじんましんが出そうだ。もう勘弁してほしい気分……。

 とりあえず,こんな状況になっている。

090623012751
 Windows Updateで,「更新プログラムは正常にインストールされました」と表示される。まあ「今すぐ再起動」を選択する。このようにWindows Update がインストールできるようになるまでの,C:ドライブの空き容量確保作業は,見るも涙,聞くも涙……の大変なものだった(が,それは前回と同じなのでスルーする)。わずか32GBのSSDに Windows VISTA って,やっぱり無茶だったんじゃないのかなぁ。

090623013018
 再起動後にService Pack のインストールが始まる。ここまでは正常……

090623013101
 おっと,「Service Pack はインストールされませんでした。変更を元に戻しています。コンピュータの電源を切らないでください」だとさ。「インストールされませんでした」とは,ずいぶん他人事なメッセージだ。「インストールできませんでした」なら,まだ可愛げがある。

 Windows Update でうまく行かない場合は,Microsoft のサイトからスタンドアロンパッケージをダウンロードすればいいとか,いくつかの対策があるらしいが,正直 Windows PC にはしばらく手を触れたくない気分なので,しばらく放置しておこうっと。

 窓からこのVAIOを放り投げたら,神様が Apple の MacBook Air とユニボディの MacBook Pro を持って現れ,「あなたが窓から落としたのはどちらですか?」と尋ね,「いいえ,私が落としたのはどちらでもありません」と正直に答えた誠実さに神様が感激して,MacBook Air とユニボディの MacBook Pro が手に入ったりしないだろうか……。

 ということで,放置状態のまま約1ヶ月が経過。どうする日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日

痛風とひざの痛み止めと薬事法改定

 今週は,先月から続いている左ヒザの痛みに,左足のかかとに近い部分に痛風の痛みが加わり,歩くのも非常に辛い状態になってしまった。

090603011303
 痛み止めの内服薬としてアセトアミノフェンは飲むが,炎症を起こしている患部がどうしても痛いので,塗り薬タイプのバンテリンコーワ・インドメタシン1.0%液を使っている。

 右側が今日6/3に買ってきた「バンテリン」。左側は中身が空になった旧タイプ。真ん中のPENTAXのパンケーキレンズはご愛敬。
 薬事法の改正に伴って,バンテリンは「第2類医薬品」に分類されたようだ。第2類医薬品は,「副作用,相互作用などの項目で安全性上,注意を要するもの。またこの中で,特に注意を要するものを指定第2類医薬品とする」であり,駅前のスーパーで買ったときには,薬品棚には空箱が並び,レジで中身が入った製品に交換するという面倒なことになった。

 この第2類医薬品に分類されているのは,キンカン,ロートアイストレッチ,ゼナ,ビオフェルミン下痢止め,メンソレータムADクリーム,リポビタンD,サロンパスEX,ロートアルガード……と,「副作用,相互作用などの項目で安全性上,注意を要するもの」という言葉とはずいぶんイメージの異なる製品が並んでいる。

 たとえスーパーマーケットの薬コーナーで買う場合でも,これらの薬を買う際には薬剤師から副作用などについて丁寧な説明を受けることになる。いやはや,何ともありがたくて,迷惑なことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »