« GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち | トップページ | いまさらながらのRICOH GR DIGITAL II »

2009年2月23日

Windowsの標準WebブラウザをSafariにしてみた

 個人で使用しているパソコンが,合計6台ある。Mac OS Xが3台,Windows XPが2台,Windows VISTAが1台という内訳だ。2台はルータにぶら下がった有線LANに接続,残りの4台は,ルータに繋いだAirMac Extreme(旧タイプ)か,離れた部屋にブリッジとして設置したAirMac Expressのどちらかに802.11gで繋がっている。

 文書フォルダ等の重要なフォルダは,Macintoshで作成した文書もWindowsの文書も,基本的にはサーバー的役割をしている古いPowerBook G4 titaniumはメインマシンのPowerMac G5の外付けHDD内のフォルダと定期的にシンクロするようにしていて,基本的にはどのパソコンからも同じデータが扱えるようにしている。

 MacでもWindowsでも日本語入力にはATOKを使用しているので,全パソコンのユーザー辞書もJustsystem純正の「ATOK Syncツール」で同期することができている。

 ここのところ,問題を感じていたのは,Webブラウザである。

 WebブラウザのBookmarksは,やはり同期して,どのパソコンを使っているときでも,同じような感覚で作業したいのだ。もちろん,deliciousなどのソーシャルブックマークは使ってはいる。しかしながら,ソーシャルブックマークとWebブラウザのローカルなBookmarksは使い勝手が大きく異なり,満足できない。

 Firefox 2では,Google社が「Google Browser Sync」という便利なエクステンションを用意してくれていて,WindowsとMac OS Xという異なったプラットフォームのFirefoxでも,BookmarksやCookieを共有できていたのだ。
 しかし,そのGoogle Browser syncも,残念ながらFirefox 3向けには開発が行われず,2008年末をもって使用できなくなってしまった。
 しかたなく,WebブラウザはFirefox 3にバージョンアップしたものの,代替となる手段が無く(皆無というわけではないのだが),困り果てていたところだった。

 悩んだ上での結論は,Windowsの標準WebブラウザをApple社のSafariにすることだった。Apple社のサービス「MobileMe」を使用すれば,MobileMeに接続可能なパソコンの全部で,アドレスデータやBookmarksをシンクロすることができるのだ。

Safari
 Mac OS Xで動いているSafariの画面。とりあえず自分のブログを表示してみた。
 文字のレンダリング,アンチエイリアシング表示の美しさ,ICCプロファイル埋め込み画像表示の正確さ(参考のためのサイト)等,やはりSafariは手放せない。

Mobileme
 Windows VISTA上のMobileMe設定ダイアログ。

 Windows版のSafariにはまだバグが残っているところもあるようだし,Safariに対応していないサイトもあるらしい。しかし,個人的には表示できなくて困ったサイトにぶち当たった経験が思い出せない程度の頻度だし,今どきIEでなければまともに表示できないようなレベルのサイトを作っているような,程度の低いサイトはあえてみなくてもかまわない,ぐらいの気持ちがあるので,あまり困るようなことになるとは思っていない。

 さて,どうなることだろうか……

|

« GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち | トップページ | いまさらながらのRICOH GR DIGITAL II »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsの標準WebブラウザをSafariにしてみた:

« GR DIGITAL II 嫌よ嫌よも好きのうち | トップページ | いまさらながらのRICOH GR DIGITAL II »