« AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gが届いた | トップページ | ポメラ熱が急速に冷める »

2008年12月 9日

AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gを使ってみて

 12月6日,7日の二日間,ニコンの新しい標準レンズであるAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gを使ってみた。
 他の皆さんのようなシビアな条件での些細な違いを比較するような使い方はしないこともあって,特に不満を感じることもなく,安心して操作することができた。

081208203139

○(良かった点):
・SWM (Silent Wave Motor) 内蔵によるフルタイム・マニュアル・フォーカスは快適
 (もちろん,親指AF+シャッターボタンでのAF動作OFFでの話)
・まぁ納得できる程度の安定した画質(贅沢を言えばきりがない)
・機械的な造りがしっかりしている(旧50mm/1.4Dは前枠がカタカタ動いた)
・そこそこ小型軽量である
 (全般的にNikonのレンズはCanonの同等品より大きく重い傾向があるが,
  このレンズはCanonのEF50mm F1.4USMと同程度に収まっている)
 [Digital Photography Review (dpreview.com) の各社の50mmレンズの比較]
・高コントラスト部の色収差は旧50mm/1.4Dよりずっと小さい
・塗装がD3等のボディに似ていて,違和感がない

×(気になった点):
・わずかではあるが樽形ひずみ(歪曲収差)がある
・AF速度が速くない(AFが全群繰り出しなのでしかたないかも)
・ピントリングの動く感触がカサカサした感じで,官能的な魅力がない
 (MFレンズのような魅惑的な感触までは求めないが……)

△(その他):
・やっぱり「ナノクリ」ことナノクリスタルコートにしてほしかった
・前玉が大きくないので,口径食Vignetting(周辺光量落ち)は大きいかも
 (絞って撮ってばかりいるので実際のところは不明)
・次はAF-S 35mm F1.4Gをお願いします,と言いたい
・ボケが滑らかかどうか,二線ボケ傾向があるかどうかはあまり興味がないので不明

 絞り羽根の形状にも無頓着な私だが,最後にニコンの新旧50mm F1.4レンズのF2.8時の絞り羽根形状を参考まで。
(絞り羽根の枚数の回折光芒も,私はあまり気にならない)

・AF-S NIKKOR 50mm F1.4G (@F2.8)
081209002145
 9枚羽根で,かなり綺麗な円形絞りになっている。

・AF NIKKOR 50mm F1.4D (@F2.8)
081209002514
 典型的な7枚絞り羽根。絞り羽根が奇数枚だと回折光芒を抑える効果はあるので,そういう配慮はあるのかもしれない。このレンズが出た当時は,円形絞りだとかボケ味に強くこだわっていたのはミノルタぐらいだったので,思いっきり多角形である。

|

« AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gが届いた | トップページ | ポメラ熱が急速に冷める »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

×(気になった点):
・わずかではあるが樽形ひずみ(歪曲収差)がある
・AF速度が速くない(AFが全群繰り出しなのでしかたないかも)


・私も先日、店頭で試写させていただきました。
・感想は貴兄と同じような気がします。
・一応、
 HPの下の方のフォトメモ No.25
 に撮った写真(8枚、5MB/一枚)を載せています。
・私も計測器を使って撮ったわけではなく、あくまで
 三脚、レリーズコード、マニュアル露出、ISO200固定、
 絞り:F1.4、F4.0、
 カメラ:D700、D200、
 レンズ:50/1.4Gと50/1.4D
 の比較です。
・評価はひとさまざまだと存じます。
・私は、今日、貴兄のHPを拝見し、
 貴兄と同じ感想だったので、思わず、ここに、
 書かせていただきました。
・新橋の写真は拝見いたしました。
・今後もよろしくお願い申し上げます。

投稿: 輝峰(きほう) | 2009年1月12日 14時36分

 輝峰さん,コメントありがとうございます。

 三脚を使って新聞紙面を試写した結果は,すごく参考になりますね。買おうかどうか迷っている方には,本当に参考になる情報だと思います。

 正直なところ,私のいい加減な評価は,それほど的外れじゃなかったようで安心しました。

投稿: 三日画師 | 2009年1月12日 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gを使ってみて:

« AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gが届いた | トップページ | ポメラ熱が急速に冷める »