« 根強い人気の MINOLTA CLE | トップページ | Unbelievable! 新MacBookの製造方法が… »

2008年10月14日

ちょっと残念な写り

 最近使わなくなっていたレンズをNikon D3に付けて,大井町の飲食店街を歩いてみた。

081014164820
 NikonのAF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G。F5のサブ機として使用していたF80や,最初に買ったFマウントのデジカメFinePix S2Proで愛用していたレンズである。

081014165042_2
 初期のAF-S Gタイプのレンズで,絞りリングを省略しているため使用ボディに制限がある。ピントリングとズームリングの位置も従来のZOOM NIKKORとは逆になっていて,賛否両論いろいろだった。

081013153408
 逆光になるとフレアでコントラストが大幅に低下してしまった。銀塩フィルムカメラで使っているときには気になったことはなかったのだが……。

081013153455
 こちらは「さすけね」にアップしたほうの写真。ほんの少しレンズを下に向けた程度の違いだが,多少マシな写りになっている。その他の「さすけね」の写真でも,極端な逆光でなければそれほど悪い写りにはなっていない(と思う)。レンズ保護フィルタを付けているわけではないし,カビが生えていることもない。デジタルカメラとは何か相性が悪いのかもしれない。

081014174119
 銀塩フィルムカメラF80D(データパックなし)。Nikonのカメラとしては小型軽量で,なかなか良くできたカメラだった。富士フイルムのFinePix S2Proのベースとなったことでも知られる。
 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5GもF80Dもほとんど使わないので,売り払ってしまっても良いのだが,根が貧乏性なので,このレンズやカメラを持って歩いた旅の記憶や二束三文にもならない売却価格を考えてしまい,いまだに手元に置いている。

|

« 根強い人気の MINOLTA CLE | トップページ | Unbelievable! 新MacBookの製造方法が… »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと残念な写り:

« 根強い人気の MINOLTA CLE | トップページ | Unbelievable! 新MacBookの製造方法が… »